結婚記念日

2007年10月31日
本日は、XX回目の結婚記念日。

昨年は10月の岩手旅行で出費がかさんだため、
ケチった結婚記念日にしてしまい失敗してしまいました。(;´ω`)ノ

でも今年は、9月・10月と旅行をしていないおかげで、
ちょっと奮発した結婚祝いができました。

銀座久兵衛本店で、昼食。(>▽<)
支店には何度か行きましたが、本店は初めてです。

後日更新するので、お楽しみに(^o^)/

干川旅館 別邸花いち(奥嬬恋温泉・群馬)お部屋編

2007年10月30日
20071018125112.jpg
お部屋。奥右側に脱衣所があります。

20071018125119.jpg
目の前はキャベツ畑。

20071018125126.jpg
部屋についている半露天風呂。
(写真に写ってませんがシャワーは1つあります)
お風呂にはブラインドがあり、目隠しもできます。
大きさは家のお風呂と同じくらいの大きさ。
脱衣所も小さいですが付いています。

20071018125134.jpg
浴衣は色んなサイズ、それぞれ複数あります。
バスタオルは一人一枚ですが、仲居さんに言えば追加でもらえます。
カゴがあるのが嬉しい。

20071018125142.jpg
洗面 綿棒やコットン、絆創膏などが揃っています。
洗面には椅子があります。
鏡に映っているのはトイレのドア。トイレはウォシュレット。

20071018125201.jpg
お茶菓子

20071018125222.jpg
灰皿やマッチにも気を配っています。

20071018125231.jpg
お茶セット

20071018125248.jpg
冷蔵庫の中には冷やしたカップが入っています。

20071018125313.jpg
テレビは小さめ

20071018125320.jpg
座布団もふかふか

写真には撮りませんでしたが、ここのお布団は非常に寝心地が良かったことを覚えています。


夕食編につづく

ハイジのパンを作ってみました

2007年10月28日
ハイジのパンを一度自分で作ってみることにしました。
通常のパンとは違い、卵や牛乳は使用しません。

20071015095850.jpg

ちょっと焼きすぎたかな?でも、とってもフワフワ。

(材料)
強力粉 250グラム
薄力粉 45グラム
ドライイースト 5グラム
塩 5グラム
砂糖 40グラム
無縁バター 20グラム
水 150~200cc(湿度にあわせて調節してください)

(作り方)
1 材料をすべてフードプロセッサーに入れて捏ねる。
(バターは最後に入れたほうが良いようです)
2 生地が薄い膜状に伸びたら、まとめて一時発酵する(40度で約50分)
3 生地が2倍以上に膨れたら、6個に分けて丸めて、15分寝かせる。
4 生地を俵型にして、竹串で中央にスジをつける。
5 2次発酵する(40度で約45分)
6 表面に薄力粉を振り掛ける(茶こしなどを使用すると上手くいきます)
7 170度のオーブンで15分焼く



20071015095857.jpg
ふわふわのモチモチに出来ました。

次の日も柔らかくいただけます。(冷えたらラップで保存すればOK)


ショウの感想:
ビックリするくらいふわふわで、冷めても硬くありません。
これまでの自家製パンの中で一番美味しかった!
自家製だと材料が全部判るので安心ですよね(^ ^)

干川旅館 別邸花いち(奥嬬恋温泉・群馬)館内編

2007年10月26日
次の宿も決定していますが、ちょっと更新までに時間がかかると思うので、
2年前に宿泊した「奥嬬恋温泉 干川旅館 花いち」のレポを更新します。
※昔の写真なので出来が非常に悪いのでご了承ください。

20071015104231.jpg
上野から特急草津号に乗って、3時間弱で、万座鹿沢口に到着。
駅からは宿の送迎があります。(予約時に申し込みました)
車に乗っていると、キャベツ畑と住宅地という場所になって行きます。
最初は「こんなところに宿があるの?」と言う感じです。


20071015104312.jpg
本館は若干古めですが、新館は女性好みに作られたお宿です。

20071015104347.jpg
入口

20071015104302.jpg
フロント

20071015104320.jpg
夜 入口方向

20071015104339.jpg
ロビー コーヒーメーカーがあり、いつでもコーヒーを飲むことができます。

図書や新聞が置いてあります。

20071015104354.jpg
色んなところに女性好みが出ています。


20071015104328.jpg
廊下にも飾られています。
女性は小物が好きな人が一杯いますよね?
ちなみにアヤは掃除が面倒なので、小物好きではありません。
どちらかというの男の好みに近い人間かも・・・(^^;;

大浴場も紹介。写真は男性用。女性もほぼ同じ形で、左右対称です。
20071015104239.jpg
脱衣所の洗面


20071015104247.jpg
内湯 窓の外に露天があります。


20071015104255.jpg
洗い場

かけ流しとの話でしたが、吸い込み口があったので、
帰りにお宿の方に聞いたら、
湯の花と塩分があまりにも多いから・・・というあいまいな返事。
多分、循環してかけ流しさせているかもしれません。
女性からの苦情を気にして循環させているのかも知れませんし、
低温の温泉なので加温のために循環させているだけなのかも知れません。(あくまでも推測)

ただし循環させていても塩分も湯の花も十分あり良質です。
でも本当に温泉が好きな人から見たら、
「もったいない」「残念」と感じてしまうでしょう。


お部屋編につづく

ブロッコリーソースの煮込むパスタ

2007年10月24日
パスタ料理と言うと、ソース作りのパンのほかに
パスタを茹でるための鍋を別に用意しなくてはいけないのが、
面倒ですよね?

今回ご紹介するのは鍋ひとつで作るパスタ料理。
材料もいたってシンプル。失敗知らずのお料理です。

20071009130937.jpg

(材料)
フシッリパスタ 200グラム
ブロッコリー 1株
ベーコン 4~5枚
ニンニク 1片
スープ(ブイヨン+水も可)500cc
パルメザンチーズ 30~40グラム
赤唐辛子 塩 コショウ オリーブ油 適量

(作り方)
1 ブロッコリーをフードプロセッサーにかけ、細かくする。(皮をむいた茎も入れます)
2 厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りのにんにくと赤唐辛子を炒め、香りが出たら、細かく切ったベーコンを加えていためる。
3 1のブロッコリー・スープ・パスタを入れ、フタをして12~13分煮込む
4 パルメザンチーズをふりかけ、塩・コショウで味を調える。
※水分が残っていたら、飛ばしてください。
 
ひとつの鍋で出来るので簡単です。
煮込んでいる間に片付けも終了しますし、
ブロッコリーも綺麗に使いきれるので、アヤのお気に入りですo(^◇^)o


ショウの感想: スープで煮込まれているので、パスタにしっかり味が染み込んで、非常に美味しいです。茹で加減もピッタリ、アルデンテ。ついこの間もリクエストを出してしまいました(^ ^)

福光屋のこづちロール(二子玉川・東京都)

2007年10月22日
金沢の酒蔵「福光屋」が酒粕でロールケーキを作っているので、
早速購入してみました。

20071015093859.jpg
「こづちロール」1,260円

純米吟醸酒粕を使った生クリーム。
酒粕の風味がしますが、しつこくありません。

生地は、遺伝子組み換えをしていないエサを食べて育った南部どりの卵を使用しているそうです。

冷凍しておけば、3日もつということでしたが、あっと言う間に食べてしまいました。

生地はロールケーキというよりも、カステラのような味わい。
クリームは控えめに入っています。
最近多いふわふわ系ではなく、割合しっかりした生地でした。

20071015093844.jpg


SAKE SHOP 福光屋 玉川店  
世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋S・C 南館地下1階
03-5717-3305 

チャーハン(ショウ♂の料理)

2007年10月20日
20071009130650.jpg


前回の炒飯は「あんかけ」というより、スープ炒飯になってしまったので、今回は「あんかけ」にこだわってみました。

前回はカニ缶を使いましたが、今回は叉焼を使ってます。後の材料と作り方は前回とほぼ同じなので、割愛させていただきます(^^;;

結果、見栄え(写真)は前回の方が綺麗。味は今回の方が「あんかけ」に近くなって美味。見栄えと味の両立までもう少し時間がかかりそうです。でもチャーハンは奥が深い...


アヤの感想:以前も同じ料理を食べましたが、そのときよりも格段に美味しく頂きました。

簡単バナナケーキ

2007年10月18日
20070928165130.jpg
有元葉子さんの「パンとおやつ」にのっているレシピを元にバナナケーキを作ってみました。

生地は薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・バター・卵・牛乳を
フードプロセッサーで混ぜあわせ、型に入れて焼くだけ。
メレンゲなどの面倒な手順も無く簡単に出来るので、
超お気に入りです。


20070928165138.jpg
バナナは適当に切って生地のなかに入れるだけ。
誰でも失敗無く出来るケーキです。

ショウの感想:冷めてもレンジで温めれば非常に美味しく頂けます。でも、こんなに簡単に作っているとは知りませんでした(^ ^)



有元葉子のパンとおやつ

似顔絵を簡単に作る方法

2007年10月16日
似顔絵イラストメーカー( http://illustmaker.abi-station.com/ )というHPをご存知でしょうか?
HP上にある顔パーツを選んでいけば、似顔絵が出来るHPです。

このHPでお互いに似顔絵を作成してみました。

アヤが作ったショウの似顔絵

_1189081037_413.gif

アヤ:「猫がいれば、それだけで幸せ」というのを表現してみました。

この似顔絵はショウも大満足。


次はショウがアヤの似顔絵を作ります。

_1189083000_586.gif

ショウ、自画自賛の出来栄え!!!

アヤは無言・・・・自分の妻のイメージは、こんななの????

まあ、出来はともかくとして、、、
このHPのお陰で丸1日楽しく過ごすことが出来ました。(・∇・)

皆さんも、ぜひ試してHPやブログで紹介してくださいね。
待ってます(^o^)/




サンマのソテー

2007年10月14日
今年はサンマが安く出回ってますよね~。
しかも、とっても美味しいですo(^◇^)o
で、今回はサンマをソテーしてみました。

20071009140724.jpg

三枚におろしたサンマに塩・コショウを振り、小麦粉をつけてフライパンで焼くだけ。
ソースは、無塩バター(又はオリーブオイル)でニンニクを炒めて香りが出たら、
小さく切ったトマトと乾燥パセリを入れ、赤ワインビネガーを加え、最後に塩・コショウで
味を整えます。
※サンマはお店で三枚におろしてもらいました。

いつものサンマがちょっとオシャレになりますね。

ついでに蒸し野菜を置いてみると、結構ボリュームたっぷり。
20071009140716.jpg

蒸すと野菜の甘みが味わえますし、どんな野菜でもOKなのが嬉しいですよね。今回はジャガイモ・ニンジン・オクラ・ブロッコリー・エリンギを使いました。カボチャ、アスパラ、レンコン、キャベツもおいしいですよね。
マヨネーズソースなどを別に添えれば、結構テーブルも華やかになります。


サンマの塩焼きに飽きたときにはピッタリ。
お金もかからず、超簡単です。



ショウの感想
青魚なのに、赤ワインビネガーのおかげでクセが無く、
すっきりとした味わいでした。2匹くらいなら軽く食べられます。
蒸し野菜は本当に野菜の甘さが味わえるし、お勧めですよ!

ホタテの刺身

2007年10月12日
20070928164429.jpg
宮古に旅行された方からホタテを頂きました。
生きています。


20070928164437.jpg
あんまり動くので、お箸でつっついたら、挟まれました。写真ではわかり辛いですね(^^;;

20070928164443.jpg
ホタテの刺身 めちゃめちゃ美味しい!!
さすがに生きていただけあります。
ショウの包丁捌きも少しずつ上手くなっているような???

頂いておきながら言うのもおこがましいのですが、
2人でホタテひとつだけは寂しすぎます。せめて2つ欲しかった・・・

20070928164450.jpg
一緒に頂いたサンマ。ショウお得意の「サンマの炊き込みご飯」(過去にレシピは紹介済みなので詳細は省略します)


今年のサンマはお安くて、かなりの美味
もうたまりませんね。


新鮮で美味しく頂きました。ご馳走様ですm(_ _)m


水明館佳留萱山荘(新穂高・岐阜県)朝食・感想編

2007年10月10日
朝食は夕食と同じく1階広間で頂きます。
席は前日と同じです。

20070920124544.jpg
トマトジュース

20070920124559.jpg
焼き魚

20070920124612.jpg
大根の煮物 色は濃いですが、味付けは濃くありません。

20070920124631.jpg
卵が固まる前に撮影してしまいました(^^;;
真ん中はネギ味噌。かき混ぜて頂きます。

20070920124642.jpg
自家製かな。美味しい豆腐。

20070920124653.jpg
山菜 
キャラブキ・茎たら・またたびの芽・蕗の葉・わさびの葉

20070920124704.jpg
漬物

20070920124719.jpg
海苔

他にご飯と味噌汁がありました。

オーソドックスなお食事でした。
山菜とお豆腐は美味です


(感想)
温泉三昧したい人には天国のような宿です。
壁が一切無い、大パノラマのお風呂は実に開放的。
色々宿の好みはあるでしょうが、
温泉好きなら、一度は経験しておいた方がいいお風呂でしょう。
(別の意味で国見温泉でも同じことを言ってますが)
宿泊客は、貸切はすべて無料。何度でも入ることができるので、
絶対宿泊のほうがお徳です。

特に朝日が昇る頃、山の稜線が浮かび上がる様子を眺めての入浴は最高。\(・∇・)/
夜も満天の星空の下、広大なお風呂に2人きりで入浴するものいい感じ。
特に若いカップルやご夫婦にお薦めです。

中でも貸切風呂「かじかの湯」はイチオシのお風呂。
ぜひ一度入ってみてください。


今回は8月の温泉だったので、一応虫除けなどを持参しましたが、
は全く居ませんでした。(たまたまか、どうかは分かりません)
また朝夕の気温は寒くも暑くも無く、
夏用にお湯は温めに温度設定されていたので、ゆっくりと入浴でしました。
温めの温泉でも、入浴後、体の芯がものすごくポカポカしてきます。
一方、冬は加水しないので、熱めになるそうです。
日帰り客の場合、日陰になるような屋根が欲しいと注文する人が多く居ますが、
宿泊客の立場だと、眺望の邪魔になるだけなので不要です。
なお9月でも日帰り入浴は暑かったそうなので、夏は宿泊での入浴をお勧めします。

宿泊客の立場から宿に注文をするなら、
日帰りをやめるか、もしくは時間を10:30~14:00に限定し、
14:00~チェックインまでを清掃時間に当ててほしいものです。
また日帰り客のマナー及び質を向上させるため、
温泉(無料)パスポートも廃止し、
日帰り料金を1,500円にアップするべきだと思います。
(日帰りは高級車で来る人が結構居るので、
まだまだ値上げしても大丈夫です)
もっとも宿泊客を選ぶか日帰り客を選ぶかは宿の方針によりますが。。。

食事は、この手の宿の中では標準。接客は満足。
フロントの男性は何時も笑顔を絶やさずに接客しますし、
女性スタッフはてきぱき動き、どんな質問にもちゃんと答えることが出来ます。

料金は、やや高めと感じる人もいるかもしれませんが、
この酷暑の夏でも思う存分温泉を楽しんだので個人的には割高には感じませんでした。
※新穂高温泉は、通常1万円代の部屋でも夏は2万円台に料金アップにする宿が多いですが、佳留萱山荘は2名客も通常通り受け入れて、料金アップが無いので、良心的かもしれません。

なお夏と紅葉の時期(10月上旬~中旬)は、早めに予約した方が良いでしょう。
逆に冬(特に12月~3月)は観光客が少ないので、予約も取りやすく激安(1万以下)になりますが、私たちは風邪を引きそうなので遠慮しておきます。


水明館 佳留萱山荘
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂555
TEL:0578-89-2801

JTBでの予約(JTBで予約したら洗面付きでした)⇒水明館 佳留萱山荘

水明館佳留萱山荘(新穂高・岐阜県)大浴場編

2007年10月08日
ネット上でかなり紹介されているので、皆さんご存知だと思いますが、
ここの宿には250人が入れるという日本最大級の混浴露天風呂があります。

20070920104618.jpg
露天の入口。
ここから階段を下りると、大露天の脱衣所の入口になります。

混浴の脱衣所の壁には「カメラの持ち込みはご遠慮ください」の張り紙が張られています。さらに「記念撮影したい人は、他に入浴しているお客様の許可を得て下さい」とも書かれていました。

宿の主張はもっともだと思います。
私たちは入浴者がいないときにしか撮影しませんが、
他に入浴者がいるにもかかわらずカメラを持ち込む人が多いというのが、そもそも異常ですから。
ちなみに宿泊客でカメラを持ち込んでいる人は居ませんでした。

今回、人が居ないときもありましたが、混浴露天は撮影しませんでした。
でも、色んなHPやブログで紹介しているから、
いまさら必要も無いかもしれませんね。



一応、作りを説明します。

脱衣所は女性・男性共に新しくなっていて、洗面所にドライヤーが備え付けられていました。
女性の脱衣所の目の前に女性専用露天が左右に2つあり、
露天を通り抜けて、扉を開ければ混浴に出られます。
女性専用露天でも十分広いですが、混浴はレベルが違いますので、入らないと損です。

混浴露天は、大きさの違う計3つの湯船で出来ています。
2つが湖山荘の大露天くらいの大きさ。
3つあわせて最大級というのでしょうか?
250人はちょっときついと思いますが、
100人入ってもかなり余裕があります。
あまりの広さに表現方法が見つかりません。

混浴に入るには、女性はタオル巻き、もしくは宿の湯浴み着の着用が義務付けられています(水着は不可)

このほかネット上にあまり紹介されていない情報を。
・女性専用露天の外壁にはセンサーライトが取り付けられています(盗撮防止用?)
・無断入浴が発覚した場合、5,000円が徴収されます。
・お風呂はすべて24時間入浴可能です。

こんな感じでしょうか?

2人の感想は、とにかく大きいのひと言。
かなり豪快にお湯が流れていたいので、私たちが見る限りは虫などは浮かんでいませんでした。
思ったよりも深さがあるので、小さいお子さんがいらっしゃる方はお気をつけ下さい。
単純泉ですが、飲んでみると、ちょっと鉄っぽい風味。
ショウは奥にある洞窟風呂がお気に入り。子供のようにはしゃぎました。
アヤは巨大な岩石の上から温泉が滝のようにかけ流されているのを見て、その湯量に圧倒されました。それもそのはず、3つの自家源泉の湯量をあわせると毎分1トンをかるく越えるのですから。

部屋数が少ないうえに、ご年配の方やお子さん連れがいたせいか、夜10時半には貸切状態でした。
30分以上入っていましたが、誰も入ってきません。
私たちがロビーに戻ったとき、やっと若いカップルとすれ違ったくらいかな。
(もしかすると私たちが帰ってくるのを待っていたのかも)
夜の露天はライトアップされてムード満点。
満天の星空の下、
広いお風呂に2人きりなんて、すごすぎます。\(・∇・)/


温泉好きならば、一度は入っておきたいお風呂ですね。



つづく

水明館佳留萱山荘(新穂高・岐阜県)内湯編

2007年10月06日
内湯は館内地下にあります。
男性用はフロント横から降りていったところ、
女性用は1階廊下突き当たりを左に下りていけばあります。

宿泊客専用のお風呂で、日帰り客は入ることは出来ません。

写真は男性用のみ撮影しました。
女性用は左右対称でほぼ同じ作りなので省略します。
というか面倒なので撮影するのをやめてしまいました(^^;;

20070920103656.jpg
階段を下りていきます。

20070920103648.jpg
頭上注意の看板があります。
そんなに背が高くないのに頭をぶつけてしまいました。(;´ω`)ノ byショウ

20070920103713.jpg


20070920103825.jpg
入口


20070920103721.jpg
脱衣所


20070920103728.jpg
洗面(ドライヤー・アメニティ完備)多分女性用はシャワーキャップがあったような・・・(^^;;

20070920103738.jpg
お湯の温度は露天より熱め。湯船は男女とも7人くらい入れる大きさです。

20070920103817.jpg
洗い場 男女ともリンスインシャンプーとボディソープ完備



つづく

水明館佳留萱山荘(新穂高・岐阜県)夕食編

2007年10月04日
夕食は1階大広間で頂きます。
満員の大広間でも、部屋ごとにテーブルが離れており、
仕切りもあるので他の部屋の人たちを気にせずに食事できました

20070920101907.jpg
最初にセットされている状態

20070920101915.jpg
お造り ボタンエビに白身

20070920101923.jpg
飛騨牛のローストビーフ

20070920101931.jpg
カニの身が入った豆腐

20070920101951.jpg
エビ 里芋 じゅんさい 右に見える笹は、笹寿司

20070920102010.jpg
くり抜いたトマトに、おろし大根 いくら コハダ?

20070920102027.jpg
桜エビがのった心太

20070920102058.jpg
飛騨牛の陶板焼き

20070920101941.jpg
漬物

ここからは1品づつ運ばれます

20070920102018.jpg
鮎の塩焼きとネマガリダケのみそ焼き
どちらも温かい内に出されます。ネマガリダケは味噌の風味で美味。山の幸を感じます。

20070920102045.jpg
蓼酢

20070920102106.jpg
天ぷらは揚げたて。サクサクで山菜の香りもGOOD。これは意外でした。(^o^)/

20070920102115.jpg
黒米とお吸い物

20070920102130.jpg
ヨーグルトのムース 甘さ控えめで爽やか。

全体的に素朴なお食事で量は男性でも満足します。
温かいものが温かいうちに出されたのが好印象です。
お気に入りはネマガリダケと山菜の天ぷら。

つづく

水明館佳留萱山荘(新穂高・岐阜県)貸切風呂③編

2007年10月02日
今回は「望槍の釜湯」を紹介します。

平成15年11月完成のお風呂。
大正時代、味噌を作るときに豆を焚いたお釜を湯船に利用しています。
槍ヶ岳が望めることがこの貸切風呂の特徴です。

20070920094956.jpg
入口 釜のふたを入口にしています。

20070920095004.jpg
中に入ると

20070920095100.jpg
簡素な脱衣所

20070920095015.jpg
こちらの湯船は2名でちょうど良いくらいの大きさ。
混浴大露天風呂から立ち上る湯気が見えます。

湯船は2つ。どちらもお釜の湯船。
湯船の中からかけ流されています。

20070920095032.jpg
もうひとつの湯船に向かいます。

20070920095049.jpg
こちらもお釜の湯船。先ほどよりも一回り小さめ。
屋根は釜のふたを利用したもの。最初に入った湯船のお湯よりもぬるめです。

どちらの湯船からも槍ヶ岳が見えますが、
小さい湯船の方がちょうど入浴目線で槍ヶ岳が見えます。

20070920095109.jpg
朝日が昇ったところをパチリ。
左側に槍が見えますでしょうか?
広角で撮影したので、ちょっと小さめかな。

20070920095119.jpg
左に目を移すと「山のホテル」も見えます。

20070920095133.jpg
後ろ側も山。

こちらも、大露天同様、ぐるりと景色が楽しめるお風呂です。

「望槍の釜湯」は、明るいうちに入ることをお薦めします。 

20070920095149.jpg
「山のホテル」と槍ヶ岳と朝日 
最大の広角で撮影してみました。
本当は視界が広がっていると表現したかったのですが、
やはり写真では限界があります。

つづく
 | HOME |