上高地バスターミナルへ(長野)

2007年08月30日
この8月、新穂高温泉と上高地へ行ってきました。
※季節の関係上、新穂高より先に上高地の旅をUPいたします。ご了承ください。


20070823133714.jpg
新穂高温泉を後にして、バスで平湯温泉バスターミナルに向い、
上高地行きのバスに乗り換えます。
平湯から上高地までの所要時間はおよそ30分。料金は「帝国ホテル前」までで1,000円です。

「上高地バスターミナル」が終点ですが、途中「大正池」と「帝国ホテル前」でも降りることが出来ます。

荷物を預けるため、「帝国ホテル前」で下車。するとバスに乗っている人たちがいっせいに私たちのほうに目を向けました。(゚▽゚;)

羨望の眼差しかな?と勝手に思い込む2人。どちらかというと「どんな奴が泊まるんだ?」という興味本位の眼差しだったかもしれませんね。(^^;;



20070823134014.jpg
上高地帝国ホテル※背後にある山は焼岳。

バスを降りて坂を下っていくと、ホテルのスタッフの方がすたすたと坂を上り、こちらに向かって「お泊りのお客様ですね?」と言って、荷物をさっと持ってくれます。

ホテル前で写真を撮っている観光客が大勢いるのに、宿泊客をすぐ見つけて行動するのは「さすがホテルマン」です。ひさしぶりにホテルマンらしいサービスを味わいました。思えばここのところ旅館が多かったかも。

ホテル内はカフェに入るために待っている人がたくさん居て、ごった返しています。

20070823133853.jpg
早速荷物を預けて、上高地バスターミナルに向かいます。

20070823133836.jpg
途中見つけたのは、サルノコシカケでしょうか?

20070823135623.jpg
帝国ホテルから10分ほどで上高地バスターミナルに到着します。
上高地行きのバスは、すべてここが終点。

※バスターミナルの1階には売店・案内所・手荷物一時預かり所、
2階には売店と食堂が入っています。

20070823135615.jpg
夏のトップシーズンなので、バスがずらり!
東京・横浜だけでなく、名古屋・関西方面からのバスも沢山あります。

※上高地は車の乗り入れを制限しているため、東京からマイカーでお越しの方は沢渡で車を止め、低公害バスに乗り換えてください。電車の方は新島々駅よりバスになります。東京から高速バスを利用する場合は「さわやか信州号」を利用します。所要時間は約5時間。バスにトイレは付いていませんが、休憩は2度ありました。



20070823135649.jpg
観光前に、まずはソフトクリームを購入。

20070823135630.jpg
チーズソフトクリーム。1個300円。
テレビ東京の「でぶや」で石塚英彦さんが食べていたので、大人気。コクがあって、とっても美味しいです。

20070823135701.jpg
こちらは、おやきのお店。

20070823135716.jpg
野沢菜入りとナス入りを購入。1個200円。
味は、どちらも今ひとつでした。。。

早速、お約束の河童橋に行きましょうか。

つづく

桃のアイスクリーム

2007年08月28日
先日送った、実家の桃の出来が悪かったことを悔やみ
ショウ母が今度は桃を購入して送ってきました。
リベンジといったところかな?
ちなみにショウ母の姉が営むお店で購入したそうです。


20070815125145.jpg
今回の桃は非常に美しいです。白桃です。
痛んだところはなし。
でも7個いきなり送ってきても食べきれないので、
アイスクリームを作ることになりました。


20070815125120.jpg
皮をむいた桃を適度な大きさにカットした後、冷凍。
冷凍した桃をフードプロセッサーにかけ、牛乳・ヨーグルト・砂糖を加え、再び冷凍して出来上がり。(冷凍してもしなくても美味しくいただけます)

桃とヨーグルトの酸味があって非常にさわやかな味でした。

ショウは甘みがもっと欲しいといってましたが、
あまり砂糖を加えると太るので、控えめにしてみました。

冷凍した桃を砕くには、やはりクイジナート↓は最適。
刃がとっても丈夫です。

【送料無料】 Cuisinart(クイジナート) フードプロセッサー DLC-10PLUS


ピーマンの肉詰め

2007年08月26日
ショウの実家からはピーマンとトマトが大量に送られてきました。
とても2人では食べきれないので、トマトソースを作って保存することになりました。

20070723163026.jpg

作り方

トマトソース
①みじん切りの玉葱、ニンニク、唐辛子をオリーブオイルで炒める
②湯剥きしたトマトを大きめに切り、①に加える
③とろみが出るまでひたすら弱火で煮る
④好みでワインを加えても可
⑤塩、コショウで味を整える。
冷凍保存も可能です。ピザソースや煮込みなど色々使えるので便利ですよ。

ピーマンの肉詰め
①半分に切ったピーマンに、ハンバーグ種を詰める
②フライパンで①の表面を焼く
③②に先ほど作ったトマトソースを加え、煮込んで出来上がり


アヤの感想:日本のトマトは種を取ってトマトソースを作ったほうがいいのですが、ショウは丸ごと使ってました。
でもとっても美味しいo(^◇^)o

山頭火の「あわせラーメン」

2007年08月24日
季節外れのラーメン。。。
暑いなか、すみません(^^;;

ラーメン好きなら誰でも知っている旭川のラーメン店「山頭火」。
本店の「かくれメニュー」として出しているラーメンが
販売されていたので、つい手を出してしまいました。


20070808170739.jpg
「味噌、塩、醤油と魚の香り、絶妙なあんばいによる深い味わい」らしい

20070808170745.jpg
味噌ラーメンといったら太めの麺が普通ですが、かなりの細めん。スープもこってりしていないので、女性ウケがいいかも。

でも二人ともラーメンはコッテリ系が好きなので、「すみれラーメン」の方が好みかな。でもコッテリしすぎて夏には食べられないけどね。



旭川ラーメン人気店の「山頭火」の知る人ぞ知る味「あわせ味!」みそ・しお・しょうゆスープを...


2泊の旅より帰ってきました

2007年08月22日
2泊の旅より帰ってきました。
天気予報では、3日間雨でしたが、運よく?何とかお天気に恵まれました。



1泊目の宿はこちら
20070821214751.jpg


2泊目の宿はこちら(パンフレットではありません)
20070821214802.jpg




どちらも平年よりも気温が高めとはいえ、
昼間(最高気温)は28~30℃、夜から朝にかけては16~18℃と
とても清々しく湿気の無い日々を過ごすことが出来ました。

帰ってきて、いきなり寝苦しい夜が始まるのは
非常につらいです。(;´ω`)ノ


写真を整理するまでは、以前書いておいた記事をUPいたします。
ご了承ください。

本日より

2007年08月19日
本日19日より2泊の旅に出ます。
行き先はヒミツ。
ひさびさに雨夫婦復活になりそうです。(;ω;)。。。
でも、このまま猛暑が続いていたら、
とても温泉なんかに入る気にならなかったでしょうから、
「かえってよかったかもしれない」と考えることにします。(^^;;

それでは行ってきます(^o^)/

トマトのジェノベーゼパスタ

2007年08月18日
20070801132128.jpg


材料
・パスタ
・ジェノバソース
※バジル、オリーブオイル、松の実、にんにく、粉チーズをペーストにしたソース
・トマト
・塩、コショウ

①パスタを茹でる
②パスタが茹で上がる直前くらいに、フライパンでジェノバソースを温める
③②に切ったトマトを入れる
④③に茹で上がったパスタを入れ、塩、コショウで味を整える
⑤お好みで粉チーズを振りかけて出来上がり


アヤの感想:いつものパスタにトマトの酸味があって美味しかったです。トマト好きとしては、もう少しトマトを増やしてもらいたかったな~。

アヤ思い出の旅行(阿嘉島・沖縄県)後編

2007年08月16日
実は、一緒に旅をした人の中にアヤと仲が悪い同僚男性が1人いました。夕食を食べているとき、彼は突然「お前のこと嫌な奴と思っていたけど、実は良い奴なんだな」としみじみアヤに語ります。「そこまで嫌われていたのね~」と思いながらも、彼の言葉が嬉しく感じました。
もし島に娯楽があったり、今のようにインターネットや携帯などがある便利な環境だったら、このように人間関係が改善されることは無かったかもしれません。なんせ夜は5人でお酒を飲みながら、おしゃべりするくらいしかすることは無かったのですから。そして何より、美しい海と空に囲まれていたから、お互い素直になれたのかもしれません。



旅の最終日、何故か私(アヤ)だけが日の出ごろに目が覚めてしまいました。そのまま眠れないので外へ出て浜辺に座っていたら、軽トラックに乗った地元のおじいさんが声をかけてきました。「島を案内するから乗りなさい」(沖縄弁)というので、乗り込むことに。危険を考えると、普通はこんなことはありませんが、島に警察官はひとりもいませんし、どの家も(私たちが宿泊した家も)鍵をかけないほど犯罪とは無縁の和やかな島、さらに相手がお年寄りだったので気を許したのかもしれません。

おじいさんは、トラックを走らせながら、この地域に生息する野生の鹿や草花をひとつずつ丁寧に紹介してくれます。「わざわざ、こんな遠くの島にやってきてくれたのだから、島のことをもっと知ってもらいたい」(沖縄弁)と言うのです。その言葉には偽りはありませんでした。

おじいさんに限らず島の皆さん、実はいい人ばかり。
商売っ気が全く、のんびりしているだけなのです。

ダイビングショップのお兄さんは他所から移り住んだ方でしたが、島ではゴミの収集から郵便物の配達、家の修理など何でもこなさなければいけません。小さい島ゆえ、住民は総出で観光業から普段の生活に必要な細かいことまで協力していました。

今思うと、ただ私たちが、島の暮らしの中へお邪魔させてもらっただけなのです。「ワガママを言うものではない」と言うより、すっかり島のペースにはまり、ワガママを言う気がなくなっていきました。

不便な旅のはずなのに、色々不満があったはずなのに、最後は「ここを離れたくない!!!」という気分でいっぱい。

帰りの出航が近づくと、島中の人たちが船着場に集まってきます。ダイビングショップのお兄さんなど若い人(アヤたちと同い年くらいなので今はオジサンになっているでしょう)は海に飛び込んだりして、皆「またおいでよ~」と声をかけ、姿が見えなくなるまで手を振っていました。

「もう2度と会うことは無いかもしれない」、「2度とこの島に来ることは無いかもしれない」という気持ちで。。。(;ω;)




あれから××年がたちました。残念ながら、いまだに再訪は実現していません。

当時宿泊した家(民宿)をネットで探しても見つかりません。「あれは夢だったかも」と時々思うこともありますが、わずかに残った写真で事実であったことを確認します。

何年か前、慶良間諸島の海の映像で見て、あまりの変化に唖然としました。オニヒトデが増加してサンゴが白化し、魚も減ってしまったと聞きました。あれほど美しかった海に一体何が起きたのでしょう?環境破壊のせいでしょうか、温暖化のせいなのでしょうか。


現在、島には立派な橋や宿泊施設ができて、随分と俗化(観光地化)しているように見えます。この先、都会と同様の利便性を求める観光客のために大規模な開発を進め、自然を破壊するようなことがないことを祈るだけです。


私が行った島は、
決して豪華ではありませんでした。
設備が整っているわけではありませんでした。
サービスがよかったわけではありませんでした。
でも飾らないありのままの沖縄の人たちの姿と美しい海がありました。

それが、いかにかけがえの無いものだったのか。。。

古いものを壊して新しいものを建てるのは簡単でも、
一度壊したものを取り戻すのは容易ではないのですから。



皆さんはこんな旅、どう思われますか?ネット環境もテレビもアメニティもない宿なんて嫌!なんて言う方もいらっしゃるのでしょう。そういう方は、一度、ネットやテレビなどの俗物(電化製品など)から完全に離れ、ときには時計をはずして、「本当のリゾート」「本当の非日常」を楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと今まで見えてこなかったことが見えてくると思いますよ。


アヤ思い出の旅行(阿嘉島・沖縄県)前編

2007年08月14日
皆さんは、阿嘉島という島をご存知でしょうか?
沖縄本島の西側にある慶良間(ケラマ)諸島のひとつ。それが阿嘉(アカ)島です。ある程度の年齢の方ならば、映画「彼女が水着に着替えたら」の海中ロケ地にもなっていたといったら、想像がつく方もいらっしゃると思います。魚の種類も多く、海中がとにかくカラフル。世界で5本の指に入る美しいダイビングスポットとしても有名です。

そんな阿嘉島に、アヤは独身時代に同僚5人で旅行しました。目的はもちろんダイビング。

仕切り上手な同僚男性が飛行機代・船代・1週間の宿泊費・ダイビング費用込みの激安旅行を発見。同僚女性とアヤが民宿には何の抵抗もなかったことと、時期がGWだったにも関わらず激安だったことで、あっという間に決定しました。

那覇で飛行機を乗り換えて1時間で慶良間諸島の座間味島に到着。さらに、座間味島から船で阿嘉島へたどり着きました。(阿嘉大橋ができるずっと前の話です)

船着場に宿の迎えはないので、自分達で探します。船着場近くの海沿いの民宿が宿泊場所。小さい集落なので、すぐ見つかるだろうと思っていましたが、なかなか見つかりません。どうしようかと目の前の民家の表札を見てみると、そこには私たちが宿泊する予定の宿の名前が書かれていました。


同僚「これだ!」
全員「・・・・・(;゚∇゚)」
  

民宿じゃなくて民家。。。


それも結構古い。。。沖縄の古民家は「ちゅらさん」などのドラマで今でこそお馴染みになっていますが、当時は、沖縄の古民家を目にする機会がほとんどなかったので、もうあっけに取られる状態です。

玄関で声をかけると、家の主であるおじいさんとおばあさんがやる気がなさそうに(見える)お出迎え。部屋に案内するそぶりもありません。

「あの~部屋は?」
「ここと隣の小さい部屋で」
「!!!」(;゚∇゚)


「ここ」って玄関入ってすぐの畳敷き(居間)のところじゃないの~。部屋じゃないでしょ~。小さい部屋って物置だったんじゃないの~?しかもトイレもお風呂も屋外にあるじゃないの~。 ※「ちゅらさん」などの家を想像してください。

文句を言っても仕方が無いので、もうそのまま宿泊するしかありません。おじいさんとおばあさんは、家のスペースがたまたま空いているから貸しただけ(だと思う)。悪びれた感じは全くありません。

もちろんタオルやアメニティなどは、一切ありませんよ。まあ、1週間の滞在だから、持参したタオルや着替えを洗って使いまわすつもりだったので気にしませんでしたけど。。。最近の若い方なら「そんなの耐えられな~い」なんて方いるのでしょうね。

最初は小さな部屋にアヤと同僚女性が寝ることになりましたが、2日目には親子連れ(お母さんとお嬢さん)がやってきたので部屋は譲ることに。おじいさんとおばあさんは部屋割りなどは全く考えていなかったので、結局、他の同僚男性3人と一緒に(5人で)居間で雑魚寝することになりました。(;´ω`)ノ

食事も、テレビを見るのも(当時、沖縄の離島はNHKしか映らなかったので最低限しか見ませんでした)、着替えるのも寝るのも全部居間。玄関開けてすぐの居間がお部屋ですから、着替えているとき、誰かが訪ねてきて玄関を開けられたら大変。(>▽<)すでに同僚男性に対しては恥ずかしさすら捨てました。というか元々女としては見られていなかったですけど(;´ω`)ノ

食事はおじいさん・おばあさんと同じものを食べます。内容は沖縄の家庭料理そのもの。飾ったものでもアレンジしたものでもありません。
居間の裏の襖を開けると、すぐ台所。(2日目からは襖は殆ど開けっ放し)おじいさんとおばあさんとたまにお孫さんが食事をしています。食事時間は決まっていないので、おじいさんとおばあさんの気分に合わせます。食事の仕度やお代りは基本セルフサービス。当然、飲み物のサービスなどはありませんから、すぐ近くにある(集落自体小さいので、歩いて数分)スーパー?というか、何でも売っている小さなお店に買いに行きます。

ただしスーパーは夕方にはドアが閉まり、電気が消されるので真っ暗。(もちろん集落中真っ暗)玄関で声をかけて買い物をします。真っ暗でも一応夜も営業しているつもりらしく(^^;; 今で言うなら、省エネといったところ???

宿のおじいさんとおばあさんは9時ごろには寝てしまうので、夜、騒いではいけません。テーブルを片付けるのも布団を敷くのも自分たちでやります。民宿というよりホームステイに近いかな~。

と、色々不便なところがたくさんありましたが、なんと言っても、すぐ目の前が美しい海。車も殆ど無いから、ものすごく空気もいい。おまけに晴天続きで、気持ちはウキウキ。朝になったら海に入って、夜になったら星を見て、ビールを飲んで、ゴロゴロして。。。誰に気兼ねすることもありません。目の前にあるのは、沖縄本島にありがちな人工ビーチではなく、サンゴのかけらなどが落ちている「本当の沖縄の海辺」。しかも、ほとんど貸切状態

こんな調子で日にちが過ぎ、滞在3日目になると、不便だと思っていた古民家での生活がだんだん心地良くなってきます。朝が来れば起きて、夜になれば寝る。人間として当たり前の生活リズムを取り戻すことが出来ます。だんだん自分が自然に溶け込んでいくような気分になっていきました。

後編へつづく

真夏のマツタケ

2007年08月12日
20070811141719.jpg
真夏にマツタケをお取り寄せしました。カボス2個付き。

夏にマツタケ?と疑問に思われる方も多いでしょう。
もちろん国産は、まだ出荷されていません。
これは、中国産。

中国産マツタケは夏が旬で出荷量も8月がピークになるそうです。
中国産でも9月には3~4倍以上値上がりしてしまいます。

今の時期だからこその価格設定なのです。
※ワールドビジネスサテライトをご覧の方なら、ご存知かも知れませんね

大きさはちょうどいい感じ。

香りはやはり国産には負けてしまいますが、
まあ値段を考えると文句は言えません。

20070811141727.jpg
まずは2本は焼きマツタケに。お酒を少しかけてから焼くと香りが増します。


20070811141734.jpg
残りの1本を土瓶蒸にしました。


20070811141746.jpg
三つ葉、鶏、エビも入ってます。

香りは今ひとつですが、カボスを絞るとまあまあいいかな。
焼きにするよりも、土瓶蒸のほうがお薦めです。
鰹節をたっぷり使って出汁を取るとより美味しく頂けます。 byショウ


気になるお値段は↓こちらから。

9月には3倍にも4倍にもなる!松茸をこの時期だからこの価格!期間限定でご紹介!夏の松茸!

カボチャのチーズ煮

2007年08月10日
またまた登場、ショウの実家で取れたカボチャ。
二人ではとても食べきれない量のカボチャが送られてくるので、
カボチャ料理のネタも尽きてきます。

今回は15年前に購入した「別冊NHKきょうの料理 旬を食べたい野菜読本」に載っていたお料理です。夏の野菜を使った料理が一杯載っていて、かなり重宝しています。

20070803120543.jpg

材料 
カボチャ 適量
タマネギ 1個
スープ カップ11/2
牛乳  カップ1
チーズ(ピザ用) 100g
サラダ油 塩 コショウ 適量

作り方
1 カボチャを一口大に切る
2 タマネギは薄切りにする
3 タマネギがしんなりするまで炒め、カボチャを加えて炒める。
4 カボチャがツヤツヤになったら、スープを加え強火で煮て、
  煮立ったら弱火で15分煮る。
5 牛乳を加え、さらに煮立ったら弱火にしてチーズを加える。
6 チーズがトロっとしたら、塩・コショウで味を調節する。

普通のカボチャスープと煮物に飽きたらお試しください。 

ショウの感想:チーズのコクとほんのり甘いカボチャとの相性がバッチリでした
でも、ご飯よりパンの方が合うな~

我が家のツボ押しグッズ

2007年08月08日
今日は我が家にあるツボ押しグッズを紹介します。
どれも10年以上使用している年季ものです。

20070726162320.jpg
ちょっと並べてみました。
一番上は定番「青竹踏み」 青くありませんが...(^^;;

2番目にある突起がついた丸いものは、
握ってモミモミすると手のひらのツボを刺激するもの。
ピップエレキ版か何かのおまけだったような気がします。

3番目のは「健康 あんま棒」。
「叩いてダメなら 押してみて!」と書かれています。
ショウお気に入りのツボ押しです。叩くと肩全体に効いてきます。
アヤには痛すぎて、ちょっと敬遠しています。
850円の値札が未だについています(^^;;


4番目のが「ツボキーク」(ごんたさんより名前を教えていただきました)。
アヤの実家に置いてあったものを1人暮らしをするときに持ってきました。
これはツボをピンポイントで刺激しますが、
ショウには一箇所だけ負荷がかかり痛いらしいです。

みなさんは、どんなツボ押しグッズをお持ちですか。
お気に入り、ぜひ教えてください。

桃のコンポート

2007年08月06日
今年もショウの実家から桃が送られてきました。
でも今年は例年とは違い、雨が非常に多く
桃の出来が非常に悪かったようです。
熟れるまで待つと痛んでしまうし、
早く収穫すると小ぶりで硬くなってしまうのだそう。

確かに送られてきた桃を見ると、ところどころ傷んでいます。


ショウは傷んでいるところを取り除いて、
桃のコンポートを作りました。

桃のコンポート
20070723163013.jpg

作り方

材料
・桃
・水、レモン汁、砂糖

①桃を湯むきし、適当な大きさに切る
②水、レモン汁、砂糖に①を入れ弱火で煮る
③②を冷蔵庫で冷やす

砂糖の量は桃の甘さを見てから決めて下さい。茹でる時間も桃の硬さによって変ります。砂糖の代わりにハチミツを加えてもOKです。

アヤの感想:とってもさわやかでした。よく冷やすと、更に美味しくいただけます。暑い夏にはぴったりです。


グアムでやってはいけないこと?

2007年08月04日
20070709113248.jpg

グアムに行って、まずやってはいけないこと。
それは・・・

20070709113259.jpg
ドッグレース。
まあ国内外・レースの種類に関係なく、勝ったことなどない2人。
昔、新宿の母に2人とも「金運が無い」と言わたんだっけ。_| ̄|○
※ただしアヤは食べるのには一生困らないらしい。

だからグアムでもやるべきではないとわかっていたのに・・・
ちょっと夜出歩きたかったので、ついつい行ってしまいました。(^^;;

20070709113310.jpg
当たるはずがありません。
そもそも、どの犬に賭ければ良いか検討もつかないのですから。

レースはあっという間に終わり。
伊豆のイノシシ村のイノシシレースとレベルは同じかも。(^^;;

グアムでドッグレースをやった人は大勢いますが、
勝った人にまだ会ったことがありません。

このドッグレースで勝った方、いらっしゃったら教えてください。


おまけ
20070709113322.jpg
これは「ニッコウグアム」。形状がどことなく沖縄の「万座ビーチホテル」に似ている???
たしか全室オーシャンビューだったはずです。


ここのホテルで、とある会社の社員旅行の団体と同じフロアーになりました。早朝、いい年した男性(どう見ても団塊の世代)が手当たり次第ドアをノック。部下の部屋と間違えて、私たちの部屋のドアもノックしまくりました。しかも、その人、謝りもしませんでした。

いい歳して、はしゃぐのにも程がありますよね~。
海外とはいえ、グアムはどこでも日本語が通じるので
日本と同じように振舞ったのでしょうか。


以来、グアムへは行く気にすらなりません。

タージマハール(自由が丘・東京都)

2007年08月02日
自由が丘にあるインド料理のお店に何年かぶりに訪れました。

しかし、いつも持ち歩いているコンデジを忘れ、携帯で撮影。

実にひどい出来の写真です_| ̄|○

20070709163442.jpg
こちらが自由が丘駅から5分くらいのところにある「タージマハール」
このビルの2階にあります。

20070709163414.jpg
かなり暑いので、まずはコロナビール。

お店の中には大きいテレビが置かれて、
インドの歌手のPVが流れていました。
以前はテレビは置いてなかったような?

PVを見ていると、どうもアメリカ人の真似をしているような歌手が
結構いるんですよね。インドらしい派手に踊って歌っての方が好きだったな~。

20070709163420.jpg
ランチのカレーセット(ナン・サラダ・飲み物付き)を二人とも注文。
具が違うカレーを頼んだのですが、写真になると全く見分けがつかないので省略しました。

ちなみにランチの値段を忘れてしまいました(^^;;
たしか1050円だったと思います。

20070709163428.jpg
ナン。以前は、客が注文してから焼いていたのに。
作り置きして急に温めた感じです。

数年ぶりに来てみたら、味が落ちてしまったような。。。

20070709163404.jpg
サラダ

20070709163435.jpg
アイスティーとラッシー。

最近はテイクアウトやデリバリー(出前)もやっているので、
今後は、デリバリーで利用するくらいがいいかな~。


タージマハール
東京都目黒区自由ヶ丘2-15-7 2F
03-5701-1300
11:00~14:30
17:00~23:00(Lo 22:00)

脳内メーカー

2007年08月01日
最近TVで話題の「脳内メーカー」
ちょっと気になったのでやってみようと思ったら全然つながらない_| ̄|○
気になってしょうがないので、アクセスできるまで頑張りました


「ショウ」の脳内はこんな感じ
20070730222404.gif
どんな脳なんでしょう( ゜Д゜)


「アヤ」の脳内はこんな感じ
20070730222426.gif
どんな罪に悩んでるんだろう??


ハンドルネームだとあまり面白く無いので本名でやってみました。


「ショウの本名」でやってみると
20070730223754.gif
食に悩むのは判るけど、Hに怒ってるんですか(;´ω`)ノ


「アヤの本名」でやってみると
20070730222541.gif
やっぱり食べ物で悩んでるんですね



ちなみに「アヤの旧姓」の脳を見ると
20070730222555.gif
結婚して良かったの?? byショウ



相性診断も出来るので
「ショウの本名」と「アヤの本名」の相性は...
20070730222615.gif
左がショウ、右がアヤの脳です。
今はアヤがベタ惚れですな

せっかくなので「ショウ本名」と「アヤ旧姓」では...
20070730222630.gif
左がショウ、右がアヤの脳です。
結婚前はショウがベタ惚れでした


うまく出来てるな~と感心しきり。

皆さんの脳内は何が入ってますか?



 | HOME |