白麻婆豆腐

2007年07月31日
いつもの赤い麻婆豆腐ではなく、今回は白い麻婆豆腐です。

20070720104753.jpg


今回の材料
・鳥挽肉
・豆腐
・ネギ
・ニンニク、ショウガ
・中華スープ
・水溶き片栗粉
・塩、コショウ、ごま油

①ニンニク、ショウガのみじん切りを炒める。
②香りが出たら鳥挽肉を炒める
③火が通ったら中華スープを入れ、沸騰したら崩した豆腐を入れる
④塩、コショウで味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける
⑤最後にごま油を回し入れ、ネギを散らして出来上がり。

辛いのが苦手な方向きの作り方ですが、辛みが欲しい方は、
柚胡椒などを使うと良いと思います。

アヤの感想:いつもとは違いあまり辛くない麻婆豆腐。これならお子さんがいるご家庭でも召し上がれるのでは無いでしょうか。ただし分量のお塩だとちょっとしょっぱいかもしれません。

都会のオアシス

2007年07月29日
20070727153656.jpg
都内の小さな川にカルガモの親子がやってきました。写真を撮ろうと思いつつ時が流れて、いつの間にか大きくなってしまいました。。。

こんな川にやってくるとは、都内での住処が減っているのでしょうか?

20070727153707.jpg
若いお兄さんから奥様、オジサン、おばあちゃん、通りがかりの皆さんがカルガモの様子を覗いて、時折「大きくなったね~」って声をかけます。

近所の人たちに見守られているんですね。

20070727153717.jpg
何をしゃべっているのかな?


2羽を見ていたら、次の瞬間・・・


20070727153728.jpg
ちゅー?


写真を撮っていると、都会なのに知らない人に話しかけられたりして、皆さん、優しさにあふれています。なんだかほのぼのした空気に包まれます。

ショウもアヤもカルガモちゃんたちのお陰で癒されていました。

最近は似たり寄ったりの大型商業施設ばかり増えているけれど、
本当はこんなオアシスが必要なんじゃないのかな~。

桜室町

2007年07月28日
いつも二人でお酒を飲みますが、今回はショウ1人で飲んでしまいました。
購入したのは「桜室町」

20070702102222.jpg


このお酒を買ったきっかけは、酒米が気になったから。
酒米といえば、山田錦(八海山、越乃寒梅)、五百万石(久保田、雪中梅)等が有名ですが、
このお酒は一昔前までは幻と言われていた「雄町」で作られてます。

で、肝心のお味ですが.....
うーん。辛口のようですが、新潟のお酒のような淡麗でもないし、
「真澄」のようなパンチの効いた辛口でもない。

地元のお酒ではありますが、あまり好みじゃ無かったな~。

あ、1人で飲んでしまったのはミニ瓶(1合)だったからです(^^;;


アヤのグチリ:毎年、年末に「久保田 万寿」を購入するのですが、
知らないうちに減っています。。。○| ̄|_

江戸の黒いなり(東京都)

2007年07月26日
20070702133036.jpg
八百善の「江戸の黒いなり」 


20070702133043.jpg
中には説明書きが入っています。


20070702133051.jpg
お揚げも中の酢めしも真っ黒。

黒酢・黒砂糖・黒ゴマを使っているので黒くなるのですね。

売られているお稲荷さんの中では美味しいですが、
味はビックリするようなものではありません。
味のバランスのいい、ごく普通の美味しいお稲荷さん。

褒めているのか、けなしているのか判らないようなコメントですね。

見た目のインパクトがありすぎるので、
変に期待してしまいました。


都内では東京駅ほかいろんあところで購入できますが、
通販でも購入可能です。興味のある方は↓へどうぞ。
【送料無料●お試し特価】江戸料理の老舗 八百善の黒いなり[直送]

水上山荘(谷川温泉・群馬県)追加

2007年07月24日
昨年、水上山荘の写真をUPしましたが、
まだ沢山写真がありましたので臨時でUPします。

ちなみに訪問時期は2006年1月です。
最新の状態とは異なることもあるかもしれませんが、お許しください。


まずは部屋(辛夷)からの眺め。
20070709165935.jpg
窓正面 掘りごたつに座って眺められます。

20070709165953.jpg
ちょっと目線を下げて

20070709165945.jpg
さらに目線を下げると庭が見えるのですが、
雪に覆われていて判りません。動物の足跡がいくつもありました。


お部屋情報の追加
20070709170107.jpg
男性用浴衣

20070709170100.jpg
露天付きの部屋にはバスローブがあります。

20070709170054.jpg
いろんなマッサージの道具 結構気持ち良い

部屋露天の追加
20070709170000.jpg
部屋露天の湯口 おもいっきりかけ流し。飲泉も出来ます。

20070709170031.jpg
部屋露天にある桶と椅子

20070709170044.jpg
部屋露天に色々書かれています。

女湯の追加
20070709170007.jpg
女湯 内湯の外に露天があります。こちらも思いっきりかけ流し。飲泉できます。湯口の所に竹で出来たコップが置いてありました。

20070709170015.jpg
女性用の露天からの眺め 

20070709170023.jpg
女湯露天打たせ湯からの眺め 

夏の暑い日に雪の写真。少しは涼しくなりましたでしょうか?


ケミュの揚げプリン(自由が丘・東京都)

2007年07月22日
20070702113114.jpg
自由が丘のプリン専門店 ケミュ(Ke:miyu)。
最近テレビで取り上げられているせいで、結構人気になっているようです。

店内では名古屋コーチンの卵も販売されています。

20070702113121.jpg
購入したのはケニュプリンと揚げプリン
カラメルソースは別になっています。

20070702113127.jpg
ケミュプリン 350円
名古屋コーチンを使った無添加のプリンだそう。
正統派のプリンです。


以前、ウコッケイの卵を使ってプリンを作ってしまったので、やはり名古屋コーチンといえ濃厚さはウコッケイに負けてしまいます。もっともウコッケイで作ったプリンを販売したら1000円位になってしまうので、市販されているプリンの中では、これが値段的にも限界かもしれません。


20070702113135.jpg
揚げプリン 2個で150円


20070702113142.jpg
揚げプリンは冷えたままでも食べられますが、オーブンで20~30秒軽く温めなおしてカラメルソースをかけて食べます。

揚げプリンの結び目のところに油が溜まっている感じで、
期待したほどおいしくありませんでした(あくまでも個人的意見)
でもカラメルソースは苦味が利いていて非常に気に入りました。
これだけ別売りして欲しいかな。

揚げプリンは好みがあるとは思いますが、
ケミュプリンは家でプリンを作らない人だったら、結構満足出来るでしょう。
柔らかすぎず硬すぎない美味しいプリンです。
無添加で名古屋コーチンの卵の生産者の名前まで書かれているので、
非常に安心なプリンだと思います。


自由が丘のプリン専門店 ケミュ(Ke:miyu)
東京都世田谷区奥沢7-53-4 百々屋ビル1階
03-3704-2553
※お持ち帰りのみ。カフェはありません。

簡単グリーンカレー

2007年07月20日
夏になると無性にタイ料理が食べたくなるアヤ。
というわけで今日は簡単グリーンカレーを紹介します。

20070702100851.jpg


材料
鶏肉 200~300g (ほかに牛・豚・エビでもOK)
ピーマン 適量
ナス 適量
野菜はお好きなもので結構です。タケノコを入れてもOK。

大切なのはここから。
20070702100835.jpg
グリーンカレーペースト50g(一袋)

本当はいつも購入するのはコチラ↓

メープロイ グリーンカレーペースト50g
なぜだか近所のスーパーで販売されているものが変ってしまいました。

20070702100845.jpg
ココナツミルク 400cc(1缶)

ナンプラー 大2
砂糖 小1
水 200cc
本当は香草を入れたりしますが、
家でそろえるのは大変なので今回は省略。


最近はグリーンカレーペースト、ココナツミルク、ナンプラーはスーパーでも販売されるようになったので、楽になりました。

作り方
1 カレーペーストを炒め香りを出す。
2 1にココナツミルクを加える
3 肉や野菜を適当な大きさに切って加える。
4 ナンプラーと砂糖を加えて味付けする。
5 水をココナツミルクの缶に入れてよく振り、底に溜まったココナツミルクも残さず加えて煮れば出来上がり。

普通のカレーライスよりも簡単に出来ます。
今回のグリーンカレーは香草嫌いの人でも食べられると思います。
いつものカレーに飽きた方は、ぜひお試しください。


ショウの感想:今回のカレーはそんなに辛くなかったので、非常に食べやすかった。タイ料理の香りを嗅ぐとバンコクを思い出しますな~。

来月の予定

2007年07月18日
誰のせいとは言いませんが、5月の旅行は出費が多かったので、
6月・7月とおとなしく過ごしています。
※我が家の基準は1泊3万円未満。何とか前回も死守出来ました。

ちなみに水上山荘は1泊24,000円、御所坊は28,000円が自腹でした。
現在、両方とも値上がりして3万円超。
今の値段なら正直宿泊していない(できない)でしょう(^^;;

私たちは当分予算越えはいたしません。
ブログで紹介した宿の中では
28,000円(芳泉荘「さくら」と御所坊)が1泊の最高金額となっています。
※税・サ込み。入湯税別

で、次は安い旅行をと考えていたら、
なんと保養所が抽選で当たってしまいました。
通常だったら、トップシーズンのこの時期だと
1泊3万円は下らない宿。
しかも通常でも予約は非常に困難。
それが1泊たったの@5,000円\(^O^)/

温泉はありませんが、
何年間も挑戦し続けては、外れていた超人気の宿。
もう宝くじに当たったかのような気分です。


せっかくなので、保養所の近場で(割引を使って)前泊します。

ということで、8月は2泊。宿泊費は2泊で@18,000円の予定。
酒代は別ですが(当たり前)お得な旅行が出来そうです o(^◇^)o


※宿名はUPするまでのお楽しみにしてください。

エビの四川風炒め(乾焼明蝦)

2007年07月16日
新婚時代、よくアヤが作っていた中華。ショウの好物でしたが、キッチンが汚れるという理由であまり中華を作らなくなりました。最近は、ショウが自分で作るようになりました。(ただしショウはキッチンを綺麗にはしないので、アヤの手間は変りません)

20070702094906.jpg


材料
・エビ
・豆板醤
・ニンニク、ショウガ、ねぎ
・中華スープ
・酢、ごま油
・玉子
・水溶き片栗粉

作り方
①エビの殻と背腸を取って、軽く油通しをしておく。
 ※酒を軽くふって、片栗粉をまぶしてから水洗いするとエビの臭みが抜けます。
②みじん切りのニンニク、ショウガ、豆板醤を炒める。
③②に①と中華スープを入れ、軽く煮立たせる。
④ネギを入れ、水溶き片栗粉でとろみを付ける。
⑤ほぐした玉子を回し入れ、仕上げに酢、ごま油を入れて出来上がり。



アヤの感想:美味しいけれど、ちゃんとレンジ周りを綺麗にしてください。後片付けまでが料理ですよ。(厳しいです)

パンプキンプリン

2007年07月14日
再びショウの実家からカボチャが送られてきました。
今回作ったのは、我が家の定番のパンプキンプリン。

20070702093041.jpg
今回はカラメルが足りなかったので、見た目が非常に悪いです(;゚∇゚)ヤバイ

(材料)
カボチャ 1/3個
牛乳 500cc
卵 3個
卵黄 1個
砂糖 100gぐらい(カボチャの甘さと好みで加減)

カラメルソース(グラニュー糖・水適量)

※今回は直径15センチほどのココット型を使用しました。

作り方
1 型にバターを塗って、カラメルソースを流し込む。
2 カボチャの皮をむき、細かく切る。
3 2を牛乳で崩れるまで煮る。
4 3をフードプロセッサーにかける。
5 別に全卵と卵黄を入れ、砂糖を加えて混ぜる。
6 5に牛乳を加える。
7 6を4が入ったフードプロセッサーに加えて混ぜる。
8 7を濾して、型に流し込む。
9 オーブン皿に水をはって、160度で1時間ほど焼く。
10 焼け具合を確認できたら、粗熱を撮り冷蔵庫で冷やす。

面倒臭そうですが、意外と簡単。
しかも普通のプリンやケーキのような失敗はありません。

購入してくるパンプキンプリンよりも甘さ控えめで、
自分で作るから防腐剤も入ってないので安心。
ぜひチャレンジしてみてください。



ショウの感想:カボチャはそんなに好きではありませんが、このプリンは別です!直径15cmでも一度に1/3から半分は行けます
我が家の定番。やっぱり美味しい!


アヤからPS:皆様、ショウの誕生日の際、コメントで褒めていただきありがとうございます。m(_ _)m
褒められると非常に照れくさいものですね(*^ ^*)ポッ
実を申しますと、一番の不得意科目が家庭科。しかも家庭科の授業を受けたのは中1が最後(^^;; 針を指に突き刺したり、包丁で指を深く切り病院で8針縫ってもらったこともあるほど不器用です。色々手作りするようになったのは、1人暮らしのとき遊ぶお金(主にお酒と旅行費用)を捻出するために始めました。動機は非常に不純です。私の実態を知っている人で「素敵な奥さん」と言った人は1人もいません。ちなみにショウが「優しい奥さん」と言ったのは褒め殺しで、外では恐妻家として知られています(;´ω`)ノこれは謙遜ではなく実話なので、皆さま誤解の無いようご注意くださいね。

浴衣を甚平にリフォーム

2007年07月12日
以前、ショウが足を骨折したとき、手術用に購入した浴衣がずっと箪笥の中にしまわれていました。(酔っ払って駅の前で足を滑らせて骨折したというなんとも恥ずかしい話。骨を折ったのに同情されるどころか皆に笑われる始末)

いつまでも箪笥の肥やしにはしていられないので、
浴衣を甚平にリフォームすることにしました。

20070702143235.jpg

これが出来上がった甚平。モデルはショウです。
腕が短いだなんて言わないでくださいね。
典型的日本人体型なので、甚平がよく似合います。


着丈分のところで切って、下半分をズボンにしただけのもの。
ウエストがゴムの簡単ズボンですが、ショウにはかなり好評でした。


ちなみに今日(12日)はショウの誕生日。
アヤはショウから誕生日祝いをもらってないし、
結局レストランにも連れて行ってもらってないので、
この甚平をショウへの誕生日プレゼントということにします。
材料は100円ショップで購入したゴムのみ。はははは。
お金はかかってませんが、手間は一応かけてみました。



汗かき体質にとって綿100%の甚平は着心地抜群です。
市販の薄い甚平とは大違い。
初めて試着したときはあまりのうれしさに「クレヨンしんちゃん」の
「お尻ダンス」をやってしまいました。 byショウ



ベタなスペイン旅行・番外編

2007年07月10日
またまた昔の写真を自分でスキャンしてみました。
今回はベタなスペイン観光の写真を載せます。
上手く映っていませんが、ご了承ください。

20070417123926.jpg
カサ・ミラ(バルセロナ)

20070417123919.jpg
カサ・バトリョ(バルセロナ)

20070417123945.jpg
サグラダ・ファミリア(バルセロナ)
螺旋階段を上って撮影した一枚。
今は建築が進んでこの写真と同じものは撮れないかもしれませんね。
しかもこの頃はまだ若かったから、階段を上っても元気でした。

20070417123934.jpg
カンポデクリターナの風車
日本人しか行かないと言われる観光名所(^^;;

20070417123911.jpg
アルハンブラ宮殿(グラナダ) 


20070417123955.jpg
トレド 
トレドの街中の古いホテルに滞在しましたが、
不思議な空気に包まれたのを覚えています。

20070417124025.jpg
メスキータ(コルドバ)

20070522133934.jpg
ミハス

他にも沢山撮影しましたが、ここに載せられないものばかりで残念。

地中海に面したレストランで食べたパエリアは最高でした。でも同じものを日本で食べたら、それほどでも美味しいとは感じないかも知れません。シチュエーションも味のうちということでしょう。


この旅行以前にマドリッドからパリの長距離列車に早朝乗ろうとした事がありますが、事故も無いのに大幅に遅れ、夕方出発になってしまいました。かなりイライラしましたが、なぜか駅員に詰め寄る人はほとんどいませんでした。聞いたところによると、イライラして怒っているのは日本人だけだとか。

この経験をしたおかげで、
電車が多少遅れてもイライラすることが少なくなりました。

電車の遅れも楽しめるようになったら
真の「旅の達人」といえるのでしょうね。

私たちはまだまだですけど・・・。




(番外編)
タヒチから日本に帰る時、空港で待っていたら、いつまでたっても搭乗手続きが始まりませんでした。変だなと思っていたら、このとき私たちが乗るはずだった飛行機が滑走路をオーバーラン。機首が海に入って煙が上がってました。(小数のけが人だけだったそうです)

結果的にエールフランス持ちでもう1泊できたので
お得な気分にはなりましたが、
乗り込んだ後だったらと考えると震え上がります。

ただ電車が遅れるなんて事は、命に関わる話ではないので
許せることなんですよね。


ええ牛肉めし・ひっぱりだこ飯

2007年07月08日
新神戸で購入したお弁当を紹介します。

20070622180018.jpg
ショウは人気の「ひっぱりだこ飯」を購入 980円

20070622180026.jpg
ショウ感想:普通の炊き込みご飯に、たこがのっているだけでした。
ひっぱりだこになるほどの味では無かったな~
器が蛸壺になっているので、珍しさから購入する人が多いのかな??
僕もその戦略に引っかかってしまいましたが


20070622180033.jpg
アヤ購入「ええ牛肉めし」1,100円
本当は一番人気の「肉めし」にしようと思っていましたが、
残念なことに売り切れ。店員さんに薦められ購入。
肉は「ええ肉」のローストビーフ風。御飯はきのこ御飯。
正直、このまま食べても美味しくありませんが、
塩・コショウが美味しいので、かけて食べるのがお薦め。
肉は硬くないので、そこが工夫したところなのでしょう。
でも肉は薄めです。


神戸は、タコ・牛・あなごがお弁当の基本のようです。

検索ワード

2007年07月07日
毎月、アクセス解析のキーワードをチェックしている人は多いと思いますが、
当ブログでの主なキーワードは、宿名・店名・料理の名前といったものが主流になっています。

5月 6月のキーワード第1位は「花長園」でした。

そんな中でも、気になったり、ついフッと笑ってしまうキーワードがあります。

最近のビックリキーワード第1位は、

「毛深い足 素敵」

きゃー 僕の足ってそんなに素敵?  byショウ

以前「毛深い足」はありましたが、パワーアップしています!

ほかには

「とんびのわさび漬け」
どんな食べ物なんでしょう??

「舌がかゆい」
山芋にかぶれたんでしょうか??

「田中義剛 地元の評判 最悪」
そうなんですか??

「あわびを初めて食べた人」
初めて食べたのは縄文時代の人かな??


世の中、謎が多いです。

皇蘭の生餃子(神戸・兵庫)

2007年07月06日
神戸で南京町に寄ろうと思いましたが、意外にも有馬温泉からは交通の便が悪いことに気づき断念。新神戸駅構内の「おみやげ楽市」で皇蘭の生餃子を購入しました。

20070622164620.jpg
生餃子 1,260円


20070622164628.jpg
紙製の差し水計量カップ付き。好みの固さに出来るようになっています。

20070622164635.jpg
餃子は小さめの一口サイズ。扇型になっています。

20070622164642.jpg
出来上がり

以前、皇蘭の豚まんも食べましたが、どちらかというと二人とも餃子の方が好みの味。皮はもっちり、小さめなので女性には食べやすいですが、ショウにとってはもう少し大きい餃子の方が良かったようです。

数は入っていますが、小さいのであっという間に食べ尽くしてしまいました。ビールのお供に最適。
通販で販売されている餃子とはタイプが違うので、もしかすると現地でしか購入できないのかも知れません。



川上商店(有馬温泉・兵庫県)

2007年07月04日
有馬温泉にある佃煮屋さんに寄ってお土産を購入しました。

20070618171132.jpg
風情ある店構え。

20070618171139.jpg
購入したのは ちりめん山椒 840円


20070618171147.jpg
思ったより中身があります。


20070618171154.jpg
ちりめんは甘め。思ったほど山椒の香りがしません。
醤油の香りの方が勝っているかな。

もちろんこのちりめん山椒も不味くはありませんが、
正直、以前購入した京都のちりめん山椒の方が
香りが高くて好みでした。


こればかりは好みがかなり分かれますよね。


店によって味付けは違いますが、
平均すると、西のちりめんは東のよりも甘めに味付けられています。


有馬名産椎茸昆布佃煮元祖 川上商店 
神戸市北区有馬町1193番地 078-904-0153


有馬玩具博物館(有馬温泉・兵庫県)

2007年07月02日
御所坊に宿泊の際、有馬玩具博物館の無料入場券があったので、ついでに寄ってみました。
20070618165604.jpg
博物館入口 有馬中心地にある6階建てのビルです。
周りは低い建物ばかりなので、6階建でも大きく見えます。

20070618165557.jpg
ロビーにある懐かしい車
1階で券を出し、エレベーターで6階へ
※下るときは階段になります。

20070618165330.jpg
6階 ドイツで伝統的に作られている木のオモチャが展示されています。

20070618165338.jpg

20070618165345.jpg
5階 色々な積み木のオモチャが展示されています。

博物館のスタッフが遊び方などを説明。
2人は思わず「へ~」とか「ふう~ん」とか声をあげてしまいました。
オトナでも積み木は楽しいかも。

横ではコドモが遊べるスペースも確保されているので
もちろんお子さん連れには最適です。


20070618165353.jpg
4階 からくり人形が展示されています。


20070618165400.jpg
サンダーバードに出てきそうな人形。
そうか・・・こういうのもからくり人形なんですね~。

日本のからくり人形も展示されていました。

20070618165418.jpg
3階 相当豪華な鉄道模型が展示されています。

20070618165514.jpg
かなり近寄って撮影しても、綺麗なのが判ります。

20070618165522.jpg


20070618165534.jpg


20070618165542.jpg

20070618165550.jpg



20070618165428.jpg
ブリキのオモチャも展示

20070618165440.jpg
鉄人28号のプレス工程にもショウは夢中です。

20070618165447.jpg

20070618165455.jpg


2階には食堂があります。


意外と見ごたえ十分でした。
もしかすると横浜や箱根にある例のより面白いかも・・・(^^;;


有馬玩具博物館
兵庫県神戸市北区有馬町797番地 078-903-6971
入場料 大人800円 小人500円 3才未満  無料
営業時間 9:30~18:00
第2・3火曜休館


 | HOME |