結婚記念日

2006年10月31日
本日は私達の結婚(式)記念日。
思い起こせば、十●ん年前、とある教会で二人は結婚式を挙げました。

(結婚前の話)
ショウがアヤの家にあいさつに行ったときの話。父親が「こいつ(アヤ)は(食べ物が)すごい贅沢なんだぞ!判っているのか!」と言ったところ、ショウは「知ってます」とあっさりと答えてました。(少しは否定しろよbyアヤ)挙句の果てに金の無いショウに向かい「ウチの財産は一切やらない!」とまで言う始末。(そんなこと言えるほど持ってないと思うけど・・・)ショウは「はい。判りました」と無関心に答えてました。宣言通りアヤの両親は世界中のリゾートに行きまくり、財産をすべて使い尽くそうと張り切っています。(;´ω`)ノ まあ仕方ないかな~。ショウは相変わらずお金に無頓着というか無関心_| ̄|○

20061030151248.jpg
若かりし頃の二人

(ショウの話)
披露宴の最後に私はお義父さんに「幸せにします」と宣言したそうですが酔っぱらっていてほとんど記憶がありません(゚Д゚)?
ひな壇の下には底に布を敷いたバケツがあるのですが、私は(ゲ○)を入れるものと思い込み、注がれた酒をどんどん胃に流し込んでました。係りの人が教えてくれたときには相当の酒を飲んだ後だったので、断片的にしか覚えてません。

(新婚旅行から帰ってきて)
新婚旅行から帰った日、ショウがアヤに向かって「オメェ」と呼んでいるのをアヤの両親が聞いて愕然。(゚Д゚)?両親は金縛りになってました。
さらに新婚時代の話。ショウ「少しは貯金はある」と言っていたのに貯金通帳には2万円しか入ってませんでした。これがショウの全財産(;´ω`)ノイマドキの小学生より持ってないよ。_| ̄|○

(ショウの話)
結婚前に「お金がある!」とは言ってません。
だって結婚前のボーナスは、指輪と新婚旅行の費用で消えたんだもん (`ヘ´)

昔の話は忘れて、ちょっと早めにお祝いに出かけたのが赤坂松葉屋。

うりゃさんの記事を見て、無性に松茸が食べたくなって行ったのですが....

20061029140029.jpg
一応赤坂の料亭らしいです。
20061029140046.jpg
一階は商品の並んだお店。食事は二階です。
20061029140103.jpg
個室だと思ったのに、隣には別のセッティングが..


注文したのは10月末までの5,250円の土日限定コース。

20061029140207.jpg
柿の白和え。アヤの方には松茸が一切れ入っていたらしいですが、ショウは気づかず。

20061029140238.jpg
松茸土瓶蒸し

20061029140255.jpg
松茸と土瓶蒸し 仲居さんは「具が一杯入ってます」と仰ってましたが...えっ

20061029140342.jpg
松茸の天麩羅 歯ごたえだけです _| ̄|○

20061029140415.jpg
松茸の炭火焼

20061029140439.jpg
松茸炭火焼 やっと香りがほのかに漂う~

20061029140535.jpg
松茸と飛騨牛のすき焼

20061029140601.jpg
松茸ご飯 しんなりした香りの無い松茸がひらひら

20061029140612.jpg
赤出汁

20061029140626.jpg
香の物

焼き松茸とすき焼では若干松茸の香りを楽しめたものの、その他はほとんど松茸らしさを味わうことは出来ませんでした。
うーーん。安いコースにしたのが間違ってました _| ̄|○
個室だと思っていたのに、小さな仕切りがあるだけの相席だし...

おまけに、携帯(ショウ)に会社からトラブルの連絡が入り、緊急呼び出しの連絡が....
結局呼び出しは何とかなくなりましたが、折角の記念日の雰囲気は最悪になってしまいました (;ω;)。。。

気を取り直して

(ショウのコメント)
結婚してから色んな事があったけど、後悔はしてません。涎をたらして寝てる姿を可愛いと思ったし
気が強いところも好みです。後は猫が欲しいだけかな。

(アヤのコメント)ここではいえないほど実に波乱万丈な結婚生活ですが、何度も乗り越えているのは相手がショウだからだと思います。そろそろ3年ぐらいは平穏な暮らしが続いてほしいなあ。



赤坂松葉屋
東京都港区赤坂3-12-18 第8荒井ビル2F
http://www.matsubaya.co.jp/

地下鉄千代田線赤坂駅 徒歩3分 
地下鉄赤坂見附駅 徒歩5分 
地下鉄溜池山王駅 徒歩5分 
営業時間 ランチ  11:30~14:00
     ディナー 17:30~22:30(L.O.22:00)
定休日   日・祝

峡雲荘(松川温泉・岩手県)男湯・混浴露天編

2006年10月30日
20061023162420.jpg
男湯の脱衣所

20061023162358.jpg
洗い場 女湯同様シャワーが無いので、
箱にたまった温泉で体を流します。
やはり人が多いときは、この箱周辺の場所取りは熾烈な争い。

20061023162413.jpg
内湯 女湯と同じ作り 
男湯から「にじり口」のようなところをくぐって
混浴露天に出られますが、非常にわかり辛い出入り口です。

20061023162209.jpg
日の出後の露天

20061023162216.jpg


20061023162232.jpg
奥に内湯(男湯)につながる通路があります。

20061023162240.jpg
地熱発電所も見えます

20061023162311.jpg
廊下からも直接、混浴露天に出られます。
入ってすぐに男女共用の脱衣所。
紅葉の時期だからでしょうか、
昼間は男性がこちらの入口からどんどん露天に入っていくので
女性は入れたものではありません。
廊下右側の窓からは、すのこ越しに露天が見えます。

宿の方の話だと、「女性はまず入ることはない」とのこと。女性が入るのは2・3ヶ月に1回くらいだそうです。「ただし深夜は入る人が少ないのでねらい目ですよ」と教えてもらいました。

20061023162329.jpg
こちらは深夜12時ごろの脱衣所
誰もいないことを確認してから、二人で入浴。

確かに深夜はねらい目です。
若いご夫妻(カップル?)1組と入れ替わりにすれ違っただけですから

20061023162336.jpg
深夜の混浴露天 
混浴と言っても貸切状態\(^O^)/
ただし紅葉が見えないのが残念で仕方ありません。

混浴露天は女性専用露天の2倍近くの広さがあります。
しかも混浴露天には照明があるので夜入ることも可能。
「男性の方が優遇されているなあ」と思うのはアヤだけでしょうか。

構造上、脱衣所をもうひとつ作ることは不可能でしょうから、廊下の窓から露天が見えないようにする上で、男女の暖簾を入れ替えて女性専用時間を設けてくれてもいいと思うけど。。。

ちなみに混浴露天の脱衣所についての問い合わせは多いとのこと。
いつの日か、策を講じていただけることを願います。


館内編につづく

八幡平樹海ライン(八幡平・岩手県)

2006年10月29日
20061023123443.jpg
松川からさらに上を目指します。

20061023123430.jpg
八幡平の頂上方向。上の方はもう紅葉は終わっているようです。

20061023123454.jpg
樹海ラインから横道にハズレ直進していくと松川大橋があります。人気の撮影スポットですが、ここへの道、カーナビにのっていません。

20061023123508.jpg
松川大橋は通行止め。松川大橋横の駐車場に車を止め写真撮影。

20061023123525.jpg
松川温泉にある地熱発電所
美しく紅葉しています。

20061023124515.jpg
紅葉と岩手山と松川地熱発電所

松川の紅葉を楽しんだ後は、さらに上を目指します。

太古の息吹

20061023123611.jpg
樹海ライン沿いに「太古の息吹」の看板があります。

20061023123619.jpg
温泉が出ているのかな?

20061023123627.jpg
煙の当たっているところだけガードレールが錆びています。

20061023123643.jpg
階段を下りていくと、自噴している温泉が。

20061023123703.jpg
利用できるようです。

20061023123718.jpg
流れ出ているところを見ると、真っ黒。鉄分が多いのかな。地面を触るとほのかに温かい。後で知りましたが、ここの温泉の温度は90℃以上あるそうです

20061023123733.jpg
横に籠がかけてあるところを見ると、
ここで卵でも茹でるのでしょう。


20061023123745.jpg
美しい岩手山を眺めつつ頂上をへと向かいます。

八幡平樹海ライン(松川温泉から山頂)
11月上旬~4月下旬にかけて冬期閉鎖。
問合せ先
松尾八幡平観光協会 TEL:0195-78-3500

峡雲荘(松川温泉・岩手県)女湯編

2006年10月28日
20061023103305.jpg
大浴場に行く途中。
右側に男湯と女湯の入口、左側に混浴露天の入口があります。

20061023103317.jpg
手前は男湯入口、奥が女湯入口になります。

20061023103334.jpg
女湯入口

20061023103351.jpg
正面にある窓の外に女性専用の露天があります。
8時まで日帰り客を受け入れているので、
紅葉の時期はかなり混雑します。
写真は人のいないときを狙って撮りました。

20061023103402.jpg
左のサッシを開けると内風呂

20061023103437.jpg
ここに限ったことではありませんが、温泉の脱衣所では、おばあ様方によく話しかけられるアヤ。「東京に住んでいる子供が、やっぱり岩手の温泉が最高だって言ってたわよ」とか・・・。そういえば「ありね山荘」もお勧めだと聞きました。地元の方はよく日帰り入浴を利用されているようです。

20061023103448.jpg
内湯 蛇口からは冷たい水しか出ません。
左の箱に入っている温泉を使って体を洗います。
混んでいるときに行くと、箱の温泉は激減。
箱の回りに人が取り囲むようになり桶と桶がぶつかりまくり。
※リンス入りシャンプーとボディシャンプーがあります。

内湯から露天に出ます。
20061023103248.jpg
日の出前の露天 
前日の夕方入ったときは真っ白だったのに、朝見ると青味がかった白色で、やや透明に変化しています。時間、季節、天気によって色が変わるのでしょうか?それともお湯を入れ替えたのでしょうか?

20061023103256.jpg
こちらは日の出間際の露天(脱衣所の窓から撮影)
先ほどよりも白っぽくなってきました。紅葉の赤が映えて綺麗です。

ただし女性専用の露天には照明が一切無いため、夜は真っ暗。
夜入るのは大変危険です。

実は前日お湯がかなり白く湯船の中が全く見えなかったので、アヤは湯船の中で足をすりむいてしまいました。誰もいなくなった隙をみて、ちょっとだけバタ足をしてみようとしたのがいけませんでした。自業自得です。(´;ω;`)

お風呂でバタ足するの本当に好きだね~byショウ




男湯・混浴露天編へつづく


(ちょっと追加のお話)
前日、ショウが露天に出たら、雨が豪雨になったそうです。
逆にアヤは豪雨の中露天に出たら、小雨になりました。

松川玄武岩(八幡平・岩手県)

2006年10月27日
森の大橋のすぐ近くに松川渓谷・松川玄武岩があります。
わかり難い場所にある上、ガイドブックにのっていません。
国道沿いに「松川玄武岩」の標識を見つけ、
急な砂利道を下っていくと河原に駐車スペースがあります。
ナンバーを見るとほとんど岩手ナンバー。
地元の人にしか知られていないのでしょうか。
ここもスケールが大きい。
どんなに写真を撮っても見た目のようには写りません。

20061023101752.jpg
右下にいる人の大きさを見れば、スケールがわかっていただけるでしょうか?

20061023101742.jpg


20061023102101.jpg



翌日晴天の中、写真を撮りましたが、
あまりにも日差しが強く、上手く撮影できませんでした。
技術が無いだけなんだけなんですけどね(;´ω`)ノ

20061023101831.jpg

20061023101844.jpg

20061023101900.jpg

20061023101931.jpg

20061023101953.jpg


峡雲荘(松川温泉・岩手県)お部屋編

2006年10月26日
松川温泉には3軒の温泉宿がありますが、
このお宿に決めたのは、3軒の中で一番電話の応対がよかったから。
しつこく質問しても、めんどくさがらず詳しく色んなことを教えてくださいました。

旅館と言っても、自分で靴を下駄箱に収納し、
荷物を部屋まで運ぶというロッジ風の宿です。
二人ともこういう宿に泊まるのは20代のころ以来でしたが、
最初から納得した上で宿泊しているので、全く不満はありません。
※このあたりで旅館やホテルのサービスを求める方は
八幡平ふもとの大型ホテルを利用されることをお勧めします。

案内してくれた仲居さんや宿の皆さんはとても気さくな感じ。
質問の多い夫婦なのですが、皆さん気持ちよく何でも答えてくださいました。
20061022132730.jpg
宿泊したのは新館の洗面・トイレつきのお部屋。
4月にリニューアルしたばかりです

20061022132544.jpg

私たちは雨夫婦。チェックイン直後土砂降り。マタダ_| ̄|○
仲居さんの話だと「久しぶりの雨」とのこと。

20061022132427.jpg
和室7.5畳 お茶請けや冷水・電気ポット・冷蔵庫はありません。
基本2人部屋。大人3人はキツイでしょう。

20061022132326.jpg
収納

20061022132813.jpg
ハンガー 手書きで、いい味出してます。

20061022132253.jpg
浴衣と丹前、小タオル・バスタオル1枚ずつ

20061022132312.jpg
テレビ・金庫
テレビは14型と小さめ。
上3分の1は緑色、下3分の1は紫色になっているため、
グルメ番組を見ていると気持ちが悪いです。だって牛肉が緑になってるんだもん(゚▽゚;)

20061022132338.jpg
右手の押入れに布団が入ってます。

20061022132509.jpg
玄関方向 スリッパ揃えるの忘れました(^^;;

20061022132626.jpg
天井にはスピーカー。業務連絡がここから聞こえます。
夕食前までは「○○さん、業務連絡です。××にきてください」とか・・・・
壁にツマミがあったので、エアコンのツマミと思ったら、
スピーカーのボリューム用のツマミでした。(゚▽゚;)

また、隣の部屋の音は全然聞こえませんが、廊下の音は非常によく聞こえます。チェックイン後に掃除機の音が響いたり、団体さんがにぎやかにしゃべっている声が筒抜けです。朝のチェックアウト前の掃除の音は聞いたことがありますが、チェックイン後の掃除機の音は初めてです。

20061022132356.jpg
洗面 アメニティは歯ブラシセットのみ。
ドライヤーは貸してもらえるようですが、返しに行くのが面倒なので持参しました。

20061022132410.jpg
トイレ ウォームレットですが、ウォシュレットではありません。手すりも設置。

20061022132441.jpg
部屋からの眺め。松川温泉「松川荘」が見えます。

20061022132642.jpg
雨が降って暗い写真ですが、実際に見ると、とても美しい紅葉。

20061022132754.jpg
布団を敷いてもらったところ
こういうタイプの宿はせんべい布団が多いのに、
ここはちゃんとマットレスが下に敷いてあります。

20061022132929.jpg
翌朝は良いお天気。岩手山がちらっと見えます。

20061022132947.jpg
朝の部屋からの景色

20061022133005.jpg
東向きなので日の出も見ることが出来ます。
ちょうど岩手山のあたりから太陽が上がります。

20061022132908.jpg


女湯編につづく



森の大橋の紅葉(八幡平・岩手県)

2006年10月25日
松尾八幡平ビジターセンターから左回りで少し上がったところに「森の大橋」があります。
昭和天皇がおいでになったとき皇后様が「こんなに素晴らしい紅葉は今まで見たことがない」とおっしゃったくらいの紅葉スポット。
これほどの紅葉スポットにも関わらず、ガイドブックには載っていませんでした。
旅行2日目頂上が濃霧だったため、早めに山腹まで降りてウロウロしていたとき偶然に通りかかったというわけです。
橋の近くには駐車場が無いので、路上駐車をしている車がいっぱい。
橋の上は人がずらりと並んでいます。

橋の上を車で通ると周辺がオレンジ色に染まっているのがわかります。
思わず感嘆の声を上げる2人。

私たちも適当なところに駐車して橋の上を歩いてみました。

20061024072314.jpg

こちらはちょっと薄曇りの夕方、山側(松川渓谷・松川温泉方向)の写真
なぜ写真だとこの程度にしか写らないのでしょうか。
実物はもっとスケールが大きく、あたり一面がオレンジ色という感じなのに・・・・。やはり実際に見ないと、この美しさは判りません。

20061022111224.jpg
こちらは翌日の昼、晴天の時に撮ったふもと側(ビジターセンター方向)の写真。

20061024075122.jpg
角度を変えると、色味が変わります。
奥の方はふもとなので、まだ紅葉していませんが、
これだけ紅葉していれば大満足。

天候、時間帯、角度によって微妙にその色合いを変える紅葉。
どんなに写真を撮っても結局は実際の美しさにはかないません。
関東地区の方なら日光が有名ですが、八幡平それ以上かもしれない。。。

20061022110944.jpg

20061024073005.jpg

20061022111055.jpg

20061022111104.jpg

20061022111128.jpg

20061022111156.jpg
紅葉の時期は10月中旬くらい。
紅葉を見たいという方、お勧めです。



松尾八幡平ビジターセンター(八幡平・岩手県)

2006年10月24日
今回の最大の目的は八幡平の紅葉を見ること。

盛岡から東北自動車道を通り、松尾八幡平で降りて、
八幡平へと向かいます。
20061021072005.jpg
こちらがビジターセンター
山頂に行くには、ここが岩手側の基点になります。

中に入ると地元で採れた野菜が販売されています。

20061021072016.jpg
てんこ盛りの山ぶどう300円

20061021072024.jpg
東京のスーパーの倍の量がはいったピーマン100円
他にてんこ盛りのミョウガが200円と激安。

もちろん八幡平のお土産も販売されていますが、
野菜コーナーが一番に人気でした。

さらに
20061021072033.jpg
八幡平の動植物の紹介などを紹介している展示スペースも併設。

20061021072040.jpg
入場料は無料です。

ここを基点に右から回れば、御在所温泉・いっぷく茶屋・八幡平アスピーテラインを通って山頂へいけます。
逆に左から回れば、紅葉の名所「森の大橋」、松川渓谷、松川温泉(宿泊先)、八幡平樹海ラインを通り、藤七温泉・彩雲荘を経由して山頂へと行きます。これから順次、八幡平の紅葉を紹介していきます。

松尾八幡平ビジターセンター
岩手県八幡平市柏台1-28 
無休 9:00~17:00
交通:盛岡駅から岩手県北バス八幡平頂上行き さくら公園下車

石塚旅館(国見温泉・岩手県)日帰り入浴

2006年10月23日
国見温泉はエメラルドグリーンの湯で評判のお宿。
ショウがグリーンの湯に浸かりたいと言い出したので、
せっかくなので行ってみることにしました。

実はこの温泉に入るには交通機関がありません。
盛岡駅でレンタカーを借りて、
盛岡から秋田街道にのり雫石方面へと向かいました。
20061020171306.jpg

盛岡で車を借りたら、なんと山梨ナンバー。
行く先々で「山梨で車を借りて、ここまで来たの?」と
話しかけられるハメになりました。

20061020171314.jpg
途中、「道の駅雫石あねっこ」で休憩。公共のバスもこの辺あたりまでしか行きません。お車がない場合は雫石駅からタクシーで行くことになります。

20061020171322.jpg
ドライブインにも温泉があるとは・・・さすが温泉大国ですね。

20061020171337.jpg
仙岩トンネル前で右折。山を登っていきます。

20061020171617.jpg
途中から綺麗に紅葉。

20061020171627.jpg

だんだんと硫黄の匂いが立ち込めてきます。
強烈な匂いに期待が膨らみます。

20061020171537.jpg
石塚旅館に到着。ロッジ風です。

20061020171545.jpg
駐車場はいっぱい。
先日テレビで紹介されてしまったため、
ひっきりなしに車がやってきます。
ここまで車があると秘湯とは思えません。

20061020172558.jpg
旅館右側

20061020171553.jpg
旅館左側 周辺は紅葉で真っ赤。

20061020171521.jpg
入口 入浴料400円を払って中へ

20061020171446.jpg
下駄箱もいっぱい・・・

20061020171510.jpg
正面は小浴場の入口

アヤがこちらの脱衣所に行くと、籠はもう埋まっていて、
脱衣所にいたおば様に「こっちはいっぱいよ」といわれ小浴場を断念。
内湯の大浴場へと向かいました。

20061020171455.jpg
左側に行くと内湯の大浴場。

畳敷きの有料のお休み所もあります。

20061020171405.jpg
この写真は湯船ではありません。混浴露天に行く途中で見かけました。(源泉浴槽かな?)
どの湯船も人が結構入っているので写真を撮れる状態ではありませんでした。
写真をごらんになりたい方はわんわんさんのHPをご覧ください。
※内湯大浴場は最近作り直したようです。
脱衣所・浴室ともに綺麗でシャワーも完備されていました。

温泉は緑茶~抹茶ミルクのような色。
混浴露天の底には湯ノ花が一杯溜まってます。
適温で、ものすごく気持ちがいい。
いつまでも入っていたい温泉でした。
でもかなり強力な温泉なので、
長湯しすぎるとフラフラになるので注意が必要かも。
お客さんの大半は年配の方々ですが、皆さん体力あるんですね。

20061020171413.jpg
こちらは、湯上りどころ。

20061020171421.jpg
お風呂に上がって、ショウとアヤは待ち合わせ。
ジュースも普通の値段で販売されています。山の中なのに良心的。

確かに日帰りは落ち着かないし、
宿は綺麗ではありませんが、非常に満足度の高い温泉。

温泉がお好きな方なら、一度は浸かっておきたい温泉だと思います。
お勧めです。

このあと、車の中は硫黄の匂いが充満。
強烈な硫黄臭を放ち続けた2人でした。

20061020171347.jpg
国見温泉 石塚旅館
岩手県岩手郡雫石町橋端国見温泉
090-1933-4734
営業時間 10:00~16:00
11月中旬から5月上旬まで休業(営業日時はご確認ください)


もみじ林の紅葉(修善寺・静岡県)

2006年10月22日
大正13年(1924)の町制施行を記念してもみじが植樹され、
1ヘクタールに約1000本あると言われています。

昨年、私たちが訪れたのはちょうど日曜日だったため、
大型観光バスがひっきりなしにやってきて大変な賑わいでした。

この日は晴れてはいましたがキツイ強風に見舞われ、
思った以上に寒かった記憶があります。
二人の行くところ常に荒れ模様の天気になります_| ̄|○

20061019183704.jpg

20061019183713.jpg

20061019183721.jpg
見る見るうちに葉が落ちていきます。。。。
まあ、もみじの赤いじゅうたんも情緒があるかな。

20061019183728.jpg

20061019183736.jpg

20061019183838.jpg


また、もみじ林から富士山を望むことが出来るので、
一眼レフの望遠レンズをお持ちの方は
持参されることをお勧めします。

※写真は2005年12月1日に撮影したものです。
残念ながら、安コンデジしか持っていなかったため、
今ひとつの出来となってしまいました。

修善寺自然公園もみじ林
静岡県伊豆市
伊豆箱根鉄道バス 修善寺から約15分、もみじ林下車徒歩1分
東名高速沼津ICから国道136号経由で25km50分
駐車場 あり(有料200台)
料金 無料
※今年は11月18日~12月10日に「もみじまつり」 が
開催されるそうです。

我が家の鍋物2点(アヤの料理)

2006年10月21日
そろそろ鍋物が恋しくなる季節になってきました。
(東京は、寒くなりませんけど・・・)
皆さんも家ならではの鍋を楽しんでいるのではないでしょうか。

我が家の水炊きは、母の影響で九州風です。
20061003112815.jpg
鶏がらを3時間以上、時間があれば、1日煮込みます。

20061003112823.jpg
すると真っ白になっていきます。

20061003112830.jpg
塩で味を調え、鶏肉とお好みの野菜を加えるだけ。
※本来は骨付きの鶏肉を入れるのですが、
ショウが嫌いなため骨の無い鶏肉を入れています。

アヤは鶏がらのスープをそのまま飲みますが、
ショウは九州と縁の無い人なので、このまま飲むときついようです。
九州地方以外の方、コッテリスープが嫌いな方は、
ポン酢につけて食べるのがお勧めです。

時間はかかりますがスープは多めに作ってストックしておけば、
ラーメンにしたり、固形スープの代わりに料理に加えれば、
よい一層、美味しくいただけます。

こちらも我が家の定番の鍋物。鶏団子鍋。
20061003112856.jpg
昆布だしにしょう油と塩で味付けした鍋に
鶏の団子を入れます。
※鶏団子の材料は、鶏のひき肉・卵・ねぎ・しょうが・塩。
こちらはオーソドックスな鍋なので、
ショウも普通に食べられます(笑)

キムチ鍋や豆乳鍋など新しい鍋物も美味しいですが、
やはり何代も伝えられている鍋ほど美味しいものはありませんよね。

ショウの感想:初めて水炊きを出されたときはビックリしました。私の実家の水炊きは昆布出汁。白いスープにはちょっとずつ慣れましたが、鶏団子鍋の方が好みです。

「花畑牧場」のプリンと「すみれ」の味噌ラーメン

2006年10月20日
都内スーパーで北海道フェアをやっていたので、
早速お買い物しました。

「花畑牧場」は田中義剛さんが牧場長を勤めていることで有名な牧場です。

20061003101131.jpg
購入したのは「花畑牧場」の「みるくぷりん」「みるくちょこぷりん」「くりーむちーずぷりん」プリン3種類です。
「みるくぷりん」は底にキャラメルがあるなめらか系プリンです。

20061003101152.jpg 20061003101202.jpg
「くりーむちーずぷりん」
こちらは3種の中ではお勧め。
チーズの匂いがするプリンです。

20061003101214.jpg 20061003101224.jpg
こちらは「みるくちょこぷりん」
ショウはあまりお気に召さない様子。
小学校の時に出たチョコプリンを思い出させる懐かしい味です。



花畑牧場 ぷりん詰合せ 90g 6本セット花畑牧場 ぷりん詰合せ 90g 6本セット



一緒に購入したのが「すみれ」の味噌ラーメン
20061003101142.jpg 20061003101255.jpg
「すみれ」といえば、行列の出来る店としてテレビで何度も取り上げられている超有名店です。

20061003101237.jpg
ショウ手作りの煮豚をのせます。

20061003101317.jpg
麺は札幌ラーメン王道の太麺です。最近札幌ラーメンで細めんを使う店が出てきていますが、札幌味噌ラーメンはやはり太麺な方がいいですね。

20061003101308.jpg
濃厚なスープ。これからの季節にぴったり。
特に雪が降っているときに食べると最高です。



札幌「すみれ」味噌ラーメン(1食入)
札幌「すみれ」味噌ラーメン(1食入)



岩手旅行

2006年10月19日
岩手旅行から帰って参りました。
なんと偶然にも二人ともは17年ぶりの岩手県。
しかも時期は違いますが、共に安比グランドホテルに宿泊しました。

今回は、岩手在住のわんわんさんの協力で岩手旅行へと旅立ちました。

今回の旅は刺激的かつ衝撃的なものとなり、
二人ともすっかり岩手の魅力に圧倒されてしまいました。

旅行のスケジュールは大体以下のような感じです。

1日目
東京駅から東北新幹線で盛岡へ
白龍(パイロン)でじゃじゃ麺を食す
先日TVで紹介された国見温泉・石塚旅館(エメラルドグリーンの温泉)に立ち寄り入浴
宿泊:ひいなの丘 湖山荘(つなぎ温泉・露天付離れ「駒形」に宿泊)

2日目
小岩井農場でソフトクリームを堪能
八幡平へ紅葉を求めてアスピーテラインを走るも、
山頂付近で低気圧の雲に突入。
小雨だったものの濃霧(雲に突入)のため、
視界は5m(゚▽゚;)カナリヤバイ
標識すら見えず遭難の危機を感じ(まんざら大げさでもない)、
下山することに。(山頂近くの藤七温泉の立ち寄り入浴を断念)
アルペンローゼ(松川温泉)で一休み。
(山の下の方は晴れているところもありました)
松川の紅葉の美しさに驚愕する
宿泊:峡雲荘(松川温泉・アヤ混浴露天風呂に入る)

3日目
松川大橋で松川温泉の地熱発電所を眺めた後、
再び八幡平山頂に向かうことに。
2日目に行けなかった彩雲荘(藤七温泉)に立ち寄り
アスピーテラインの紅葉に再度チャレンジ
八幡平の紅葉をめぐり、美しさに圧倒される。
盛岡に戻り、盛楼閣の焼肉と冷麺に舌鼓。
岩手の地酒と駅弁を買って帰路につく。

前回の夏休みの時もそうですが、あまりにも沢山の写真を撮りすぎて
整理に若干時間がかかると思われます。また、ご紹介する順番も諸事情によりスケジュールを無視することもあると思いますがご了承下さいm(_ _)m
ちなみに日焼け体質のショウはしっかり顔が焼けてます(;´ω`)ノ

ダロワイヨ(自由が丘・東京都)

2006年10月18日
マカロンが評判のダロワイヨ。
あまりにも身近すぎて紹介するのをすっかり忘れていました。

パリのダロワイヨがオペラ発祥のお店であることは
スイーツ好きの中には、あまりにも有名な話ですよね。

というわけで、まずご紹介するのは当然オペラ

20061013175424.jpg

オペラ472円
高さは2センチくらいと薄いのですが、チョコやコーヒーのスポンジなど7層になっている大変凝ったチョコレートケーキ。ダロワイヨの定番中の定番ケーキです。

ショウはダロワイヨでケーキを買うときは必ず購入するほど
このオペラが大好き。

20061013175434.jpg
525円
名前を忘れました。(^^;;
チョコレートムースのケーキです。
オペラに負けないくらい美味しい。
他のダロワイヨのケーキと比べると大きめで食べ応えがあります。

たまにはオペラ以外のチョコレートケーキが話題になっても
良いんじゃないのかな~。

ショウの感想:チョコレートムースは濃厚なムースが口の中に心地よくまとわりつきます。層になっているオペラは色んな食感が楽しめて何度食べても飽きません。


ダロワイヨ 自由が丘店 (DALLOYAU)
東京都目黒区自由が丘2-11-2
03-3717-2250
営業時間:10:00~22:00
※自由が丘店にはパン屋さんとサロンが併設されています。
銀座・日本橋・二子玉川・荻窪・渋谷にもお店があります。


ダロワイヨのオペラは↓でお取り寄せできます。
 オペラ 10ヶ詰 オペラ 10ヶ詰

ビゴの店(銀座・東京都)

2006年10月17日
関西を中心に展開しているパン屋さん。2人の超お気に入り。
かなり昔から購入し続けていますが、
東京でお店の数が増えないのか疑問です。

20061011104716.jpg


日本人は何でも柔らかいのが好きで、肉でもプリンもどんどん柔らかくなっていますが、フランスパンまで柔らかくするお店が多いのは考えものだと思います。でもここは、日本人に媚びることのなく外がパリッとしたフランスパンを提供し続けています。

20061011104647.jpg
バゲット
ビゴさんのパンは、外がパリッ、中はフワッとして最高。

20061011104657.jpg
クロワッサン 

20061011104705.jpg
パン・オ・ショコラ ショーション・オ・ポム

20061011104756.jpg
パン・オ・ショコラ断面

20061011104726.jpg
ショーション・オ・ポム断面

ほかに楽しみ方もいろいろ。
20061011104739.jpg
バタールを購入して

恵比寿の「にんにく屋」のマネをしてガーリックトーストを作りました。

20061011104748.jpg 適当な大きさに切り分けて

20061011104808.jpg 刻んだニンニクをたっぷりと

20061011104821.jpg オーブンで焼きます

20061011104829.jpg 焼けたニンニクをトーストの中に押し込んで食べます。

バゲット、クロワッサン、デニッシュすべて美味しいです。
特にクロワッサンは絶品。

ビゴの店 ドゥース・フランス
東京都中央区銀座3-2-1 プランタン銀座店内 03-3561-5205
ビゴの店HP⇒http://www.bigot.co.jp/

修善寺の紅葉(修善寺周辺・静岡県)

2006年10月16日
独鈷の湯を更新したので、
修善寺付近の紅葉の写真をアップします。

修善寺の紅葉を撮影したのは、昨年(2005年)の12月1日。

雨夫婦には珍しく晴れていましたが、
強風で見る見るうちに葉がなくなっていきました。(^^;;

20061006155929.jpg
独鈷の湯の屋根が見えるのが判りますでしょうか?

20061006155936.jpg
竹林の小径

20061006155944.jpg
桂橋から撮影。

20061006155952.jpg
桂橋も赤いです。

20061006160006.jpg
同じく桂橋から。橋の上は人がでいっぱい。

20061006160017.jpg
目の前に流れているのは桂川。

20061006160025.jpg
修善寺内の紅葉は終わっていたため、すぐ横の日枝神社でパチリ。

20061006160034.jpg
この写真は一切修正補正をしていません。
やはり太陽が当たっているところは綺麗に写りますね。
※「紅葉は逆光で撮れ」は、鉄則らしいです。

今年は岩手で紅葉の写真を撮るつもり。
綺麗に撮影できるよう、がんばります。p(^ ^)q
ただし、天気に恵まれればの話ですが・・・

弘法の湯・独鈷の湯(修善寺温泉・静岡県)

2006年10月15日
なにをいまさら、修善寺温泉の観光案内など・・・と、
思われている方もいらっしゃるでしょうが、
折角写真があるにボツにするのは哀しいので、
ベタな修善寺案内いたします。


弘法の湯
20061003115406.jpg
修善寺のすぐ近くにある飲泉所

20061003115416.jpg
もちろんあまり美味しいものではありませんが、
温泉の中では飲みやすいほうかな。

20061003115440.jpg
ご存知「独鈷の湯」
アヤが子供の頃は、ここは露天風呂でした。
橋の上から丸見えだったので、衝撃だったことを思いだします。
今は足湯になっているため、老若男女、皆立ち寄るようになりました。
多分足湯の中でもっとも込んでいるんじゃないかな?

20061003115458.jpg
足湯からの眺め
周りの温泉宿は循環式が多いけど、ここはかけ流し。
紅葉の時はいい眺めです。
目の前に流れている川は桂川といいます。

おまけ

20061003115519.jpg
こちらは修善寺駅前にある酒屋さん。
このあたりに来ると、よく寄っているお店です。

20061003115535.jpg
よく買うのは満寿一(ますいち) 純米吟醸。静岡の地酒です。さっぱりしているので、比較的飲みやすいお酒。お刺身などによく合います。ぜひこの辺にお立ち寄りの時は、お試しを。


修善寺まで行けないという方は↓
満寿一 純米吟醸満寿一(ますいち) 純米吟醸

風林火山・うまい甲斐(駅弁・長野県)

2006年10月14日
茅野駅で購入した駅弁2点をご紹介します。

20061011163108.jpg
甲州旨いもの合戦 風林火山 1,200円
写真の撮り方が悪かったためボリュームが判り難いですが、量が多いので女性より男性向きのお弁当だと思います。

20061011163116.jpg
お品書きがついています。
【風の信玄笹寿司】
信玄ゆかりのあわびの煮貝寿司
【林の里村炊き込みご飯】
あわびとしめじと生姜を使った里村の炊き込み御飯
【火の甲州鉄火味噌おにぎり】
椎茸・大豆・ごぼう入り鉄火味噌のおにぎり
【山の栗おこわ】
甲斐の山栗おこわ
【甲斐の味あわせ】
甲州かぼちゃの茶巾揚げ/干し葡萄入り煮なます/紅鯨の西京焼き/牛肉巻き/玉子焼き/ほうとうの素揚げ/武田漬け/杏のシロップ煮



20061011163101.jpg
うまい甲斐 900円
馬肉の駅弁です。言われないと馬肉とは気づかないお弁当。全く臭みはありません。牛肉どまん中風ですが、やっぱり牛肉どまん中の方が美味しい。

20061011163123.jpg
お品書き
鮑の炊き込み/桜肉の甘辛煮/煮貝(アカニシ貝)/ 紅白ワイン羊かん/武田漬け/信玄蒲鉾/原木取しいたけの煮物等


どちらかと言うと「うまい甲斐」の方がお勧めです。

茅野駅で購入したお土産

20061011163631.jpg
定番の野沢菜 
最近色々な味があるので味見をして好みの野沢菜をゲットしました。

20061011163618.jpg
真澄 純米吟醸
諏訪近くといえば真澄です。
アヤは「真澄」を飲むたびに悪酔いしてしまいます。
でも久保田万寿はどんなに飲んでも悪酔いしないのにね・・・

イタリア食材を使った料理3点(ショウの料理)

2006年10月13日
「イタリア展」で購入した食材(トリュフペースト・パルメジャーノ・フレッシュポルチーニ)を使って早速調理しました。

ポルチーニのソテー

20061010124254.jpg

20061010124303.jpg


作り方
①バターでニンニクのみじん切りを炒め、適当な大きさに切ったポルチーニを加える。
②白ワインを少量入れ、塩、コショウで味を調える。
③パセリを振りかけて出来上がり。


トリュフとパルメジャーノレッジャーナのパスタ
20061010124310.jpg

20061010124321.jpg

作り方
①バター40gを弱火で溶かし、生クリーム200ccを入れる
②沸騰したらパルメジャーノを好きなだけ加える。
③パルメジャーノが溶けたら火を消してトリュフペーストを入れる。
④最後に味をみて、好みで塩、コショウを加える。
⑤茹でたフィットチーネを絡めて出来上がり。

※写真のフィットチーネは、手作りしました。
フィットチーネの作り方は過去のブログをご覧ください。

トリュフのリゾット
20061010124329.jpg

作り方
①タマネギのみじん切りをバターで炒め、洗っていないお米を加える。
②お米が透き通って来たら、白ワインを入れ、温めたスープを徐々に加える。
③お好みの固さになったら、パルメジャーノを好きなだけ加える。
④火を消してトリュフペーストを入れる。
⑤好みで塩、コショウを加え、パセリを振りかけて出来上がり。

アヤの感想:ものすごく美味しい。まるでリストランテに行ったかのようなお味が家でも味わえるなんて幸せの極みです。また材料を購入して食べたいですo(^◇^)o



全く同じ商品ではありませんが、同様の材料は下記でも購入できます。家でもリストランテの味を出すことが出来るので、お勧め。
特にトリュフペーストは日本ではなかなか販売されていないので、見つけたら即購入してます。

タルトフッタ(黒トリュフペースト)90gタルトフッタ(黒トリュフペースト)90g

【10月21日(土)発送分】フレッシュポルチーニ(航空便)お待たせしました!フレッシュでしか...【10月21日(土)発送分】フレッシュポルチーニ(航空便)お待たせしました!フレッシュでしか...

イタリア展(新宿・東京都)後編

2006年10月12日
20061010122438.jpg
今回はイタリア展で購入した商品を紹介します。

20061010123315.jpg
タルトゥファータ(黒トリュフペースト)
黒トリュフ・マッシュルーム・黒オリーブ・アンチョビ・ワイン・コーン油・ニンニク・塩で作られたトリュフペースト(調味料)です。

パスタやリゾット・オムレツに入れれば、トリュフの香りが漂います。イタリア料理ではものすごく重宝する調味料です。
※明日、お料理を紹介します。

20061010123322.jpg
(エミリア・ロマーニャ州プントヴェルデ)
山岳地帯パルミジャーノ・レッジャーノ24ヵ月熟成チーズ
100グラムあたり1,575円
※「garanzia AIBA」は通常の有機認証よりも厳しい自主基準をクリアした食品であることを証明するマークです。

20061010123446.jpg
試食してすぐに2人とも気に入って購入した濃厚なチーズです。
12ヶ月熟成も販売されていましたが、食べ比べるとこちらの方がより濃厚。
チーズ好きにはたまらないコクと香りが口いっぱいに広がります。
日本では絶対に作ることが出来ないチーズではないでしょうか。

20061010123425.jpg
あまりにも美味しいので
ワインを飲みながら、二人とも削っては食べてを繰り返してました。

20061010123342.jpg
フレッシュポルチーニ
今回の最大のお目当て。この時期にしか手に入らない商品です。
半端物を購入。完璧な形のポルチーニもありますが高いのでパス。
味や香りは同じだそうです。

20061010123436.jpg
フレッシュと言っても、空輸している関係で一度冷凍されているため、香りは少し落ちてしまうのは仕方ありません。美味しいフレッシュポルチーニを食べたければ今の時期にイタリアへ行くしかないですからね。。。(;´ω`)ノ


20061010123332.jpg
一応、乾燥ポルチーニも購入。
かなり質がいいのがgetできました。


20061010123400.jpg
ジョバンニ・ケルキ ボーゲス2003
ゴルバチョフ前ロシア大統領のイタリア公式訪問の晩餐会にも出されて有名なワイン。アリタリア航空のビジネスクラスでも出されているそうです。樽発酵・樽熟成。 実にまろやかな辛口。年間生産量は 2,500本と限られています。

このワインは楽天で購入可能です。
ボーゲスBOHGES白/750mlボーゲスBOHGES白/750ml

イタリア展(新宿・東京都)前編

2006年10月11日
10月4日から10日まで新宿伊勢丹にて「イタリア展」が開催されました。
朝一で行ったにも関わらず、ものすごい人。

お目当てはイートイン。ナポリのピッツェリア「ダ・ミケーレ」に行こうとしましたが、なんと1時間くらいの大行列。ピッツァは諦めて、マルケ州の1つ星リストランテ「ウリアッシ」で食事をすることにしました。

「ウリアッシ」のあるマルケ州はアドリア海とアペニン山に挟まれた、山の幸と海の幸に恵まれた場所。オーナーシェフは日本の懐石料理からインスピレーションも得ているとか。
ショウとアヤは朝食を抜いたのでお腹ぺこぺこ。すぐにイートインに入りました。

20061010122317.jpg
水はサービス

20061010122326.jpg
グラスワインを注文

20061010122334.jpg
小いわしのチングイネ フィノキエットの香りで 1,680円
はっきり言って普通。元々は美味しいのだろうけれど、なんか温め直しましたって感じ。

20061010122342.jpg
えびとジャガイモのトルティーノ 黒トリュフソース 1,890円
沢山黒トリュフがかかっていますが、香りは思ったほどありません。
作り置きしているせいでしょうか。

20061010122355.jpg
魚介と野菜のフリット 2,310円
量が多くて途中で2人とも飽きてしまいました。

20061010122425.jpg
イートインの割には結構いい値段です。(^^;;
確かに味はいいのですが、作り置きしているっぽいので、今ひとつたのしめません。ちゃんと地元に行かないと判らないでしょうが、星付のリストランテとは思えないくらいの出来栄え。せっかくの実力も台無しになったと思われ。。。

そもそもこんな風に出店してはいけないお店だったと思います。

実際お店に行って確かめたいところですが、
簡単にイタリアにはいけないのが哀しすぎます。(;´ω`)ノ

どんなものを購入したのか、イタリア展後編につづく

超簡単アップルケーキ・スイートポテト

2006年10月10日
リンゴとサツマイモがショウの実家から送られてきました。

20061004132525.jpg
とてもいい香り(・∇・)

20061004132555.jpg

送られてきた秋の味覚で超簡単お菓子、アップルケーキとスイートポテトを作りました。

アップルケーキ

リンゴを使ったケーキといえば、アップルパイがオーソドックスですが、はっきり言ってアップルパイのような上級者向けのケーキなんか作っていられませんよね。

ここで紹介するアップルケーキは超簡単。
初めて作る人でも失敗なしです。

20061004132347.jpg

材料

リンゴ 2個
型に塗るバターと薄力粉:少々

(生地の材料)
バター 30グラム
砂糖 100グラム
卵 2個
レモン汁 適量
シナモン 少々
アーモンドプードル 50グラム
薄力粉 100グラム

作り方
1、型にバターを縫って小麦粉を振っておく
2、リンゴは皮を剥いて適当な大きさに切りレモン汁を振っておく
(リンゴは切れ目を入れておくと火が通りやすいです)
3、生地の材料を順番に混ぜて型に流し込む
4、リンゴを並べる
5、180度のオーブンで50分ほど焼く

と、たったこれだけ。


20061004132415.jpg
初めてケーキを作る方も是非挑戦してみてくださいね。

スイートポテト

20061004132456.jpg

アップで撮ると不恰好なのがバレバレですね(^^;;
でも家で食べる分なのでお許しください。

材料
サツマイモ 2本
砂糖 60グラム
バター 30グラム
卵黄 1個
牛乳 大さじ2

作り方
1、サツマイモをオーブンで焼く
2、1のサツマイモの中身、砂糖、バター、卵黄、牛乳を
  フードプロセッサーにかけて混ぜ合わせる。
3、2を成型して200度で20分~30分焼く

ショウの感想:アップルケーキはリンゴの酸味と、甘さのバランスが絶妙。リンゴとアーモンドプードルの香り漂う美味しいケーキでした。
スイートポテトはふわふわした食感でバターの香りが心地よい。
芋好きの私にはたまりません。

諏訪湖散策(長野県)

2006年10月09日
蓼科高原を後にして諏訪湖に行きました。
高原を降りて諏訪湖に来ると、ものすごく暑い。
なんだか下界に降りてきたという感じがしてしまいます。

諏訪湖間欠泉センター

20060928185257.jpg
この建物の中はちょっとした売店と自動販売機があるくらいなのですが、ここを抜けるとお目当ての間欠泉があります。


20060928185305.jpg
高さ20メートルにも達する間欠泉が見れるはずでした。

20060928185312.jpg
残念ながら、時間まで1時間半もある・・・
運の無い二人。

20060928185321.jpg
ここで時間もつぶせないので、さらに諏訪湖周辺を散策すると・・・

20060928185330.jpg
おお、足湯発見

20060928185437.jpg
とにかく混雑しまくり。
早速、足湯に浸かります。

20060928185339.jpg
再度登場、毛深い足。

20060928185350.jpg
足湯に浸かりながら、湖を眺めるはずでしたが、
なんか工事しているようで、景色はいまひとつ。
花火大会のときは人気だったでしょう。

20060928185414.jpg
健康遊歩道
足ツボも刺激できるようですが、誰も使用してません。

20060928185512.jpg
ちゃんと温泉成分表も。

20060928185430.jpg
諏訪湖の足湯
温泉地名:上諏訪温泉
源泉:七ツ釜配湯センター(あやめ公園源泉、新三ツ釜・第2源泉混合)
泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)62℃

20060928185443.jpg
さらに諏訪湖を散策

20060928185451.jpg
諏訪湖は東京よりも夏は暑い

20060928185458.jpg
スワンボートで湖を一周できるようです。
箱根と違ってお客さんが非常に少ない。。。

20060928185505.jpg
まつげの長いスワンボートだなあ(byショウ)

20060928185519.jpg
諏訪湖の間欠泉センター・足湯へお越しの方へ
駐車場は「タケヤみそ」の前にありますので、ご注意ください。

諏訪湖間欠泉センター
長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
8:30~18:00(11月~3月は9:00~17:00)
料金:無料、年中無休

足湯・健康遊歩道
長野県諏訪市湖岸通り2(湖畔公園内)
9:00~18:30(12月~3月は17:30まで)
年中無休、無料

みつ蔵(蓼科高原・長野県)

2006年10月08日
蓼科近辺にも手打ちの蕎麦屋さんがたくさんあります。
その中で選んだのは人気で行列も出来る「みつ蔵」。

20060926143349.jpg
この煙突が目印。前の日に見たら行列がすごかったので、ちょっと早いですが11時に入店。


20060926143255.jpg
名物の玉子焼き ハーフ(玉子3個) 500円


20060926143302.jpg
アヤの注文は生粉打ち せいろそば 1,200円
(本日のそば粉:茨城産美野里町産 常陸秋蕎麦)
20060926143309.jpg
アップ

ショウの注文は、二色そば(変わりそば&せいろそば)1,200円 
20060926143316.jpg
変わりそばは季節によって変わります。夏はしそが入ったそばでした。
20060926143323.jpg
こちらはせいろそば。


20060926143356.jpg

11時半を過ぎると、あっという間に行列が出来てしまうので、
早めに行くことをお勧めします。

みつ蔵
長野県茅野市北山4035-228
営業時間 10時~20時(GW/夏季は10~14時、17時30分~19時)
定休日 水曜日(水曜日が祝日の場合は木曜日)
パーキング 10台

ポルチーニのパスタ(ショウの料理)

2006年10月07日
キノコの美味しい季節になりました。
イタリアの松茸とも呼ばれるポルチーニは二人のお気に入りです。生ポルチーニは入手時期も限定され、結構なお値段ですが、乾燥ポルチーニはスーパーでも手に入ります。

20060928115151.jpg


今回の材料
・乾燥ポルチーニ  1袋
・しめじ      1袋
・にんにく     1片
・タマネギ     1/2個
・ツナ缶      1缶(小さめ)
・白ワイン     少々
・パスタ      200g
・塩、コショウ
・乾燥パセリ、バジル

下準備
乾燥ポルチーニを30分くらい水に入れておく。
※戻し汁は後から使うので、捨てないで下さい。

①スライスしたタマネギとみじん切りのニンニクを弱火でじっくり炒める。
②戻したポルチーニ、シメジ、ツナ缶を、白ワイン、戻し汁の上澄みを入れ、煮詰めていく。
③塩、コショウで味を調える。
④若干汁気を残しておき、茹でたパスタをフライパンでからめる。

乾燥パセリとバジルを上からかけて出来上がり。

茶系の食材が多いので、写真はあまり綺麗ではありませんが、ポルチーニの香りが香しいパスタです。

アヤの感想:こちらはショウの定番料理です。
秋が来たな~って感じます。

蓼科グランドホテル滝の湯(長野県)朝食・感想編

2006年10月06日
朝食は夕方と同じレストランでいただきます。
ただし、夕食とは違い席は自由で、バイキングです。
かなり種類も豊富なので、好き嫌いがある人、おじいちゃん・おばあちゃんから10代・20代の若い子、小さなお子さんまで誰にでも何かしら合うように工夫されています。
びっくりしたのは「鶏の唐揚げ」が一番人気だった事。10代の若い子だけでなく、30歳以上の人たちも結構食べてました。皆さん元気な胃袋をお持ちのようで..


20060926140641.jpg
こちらはアヤの朝食

20060926140655.jpg
こちらはショウの朝食
夫婦も長くなると、選ぶ朝食も似てくるようです。

20060926140648.jpg
朝食後はコーヒー。

感想

まあ今回5,000円で宿泊したということで、
なんだか採点が甘くなります。
典型的巨大旅館。
お部屋の係りの人は新人の若い人だったので仕方ありませんが、
他のスタッフは非常に訓練されていて、皆てきぱきしています。
さらに館内もかなり広いので、
食事に降りると案内の人が待機しています。

至るところにスタッフを配置していることには感心させられました。
多分お子さんやお年寄りがかなり多いせいではないでしょうか。
客層はファミリーが中心ですが、
男性同士や年配のお客様も大勢いることを考えると
「コロシアム・イン・蓼科」とは明らかにターゲットが違います。
ここだけの話コロシアムのほうが客層が上品です。
夏の通常料金で考えると、
コロシアムのほうが安いのに客層がいいのは不思議です。

(アヤが)子供の頃、祖父が一族全員を箱根小涌園に連れて行ってくれたときのことをちょっと思い出してしまう、そんな旅館でした。



蓼科グランドホテル滝の湯
長野県茅野市蓼科温泉 0266-67-2525
http://www.takinoyu.co.jp/



予約可能な旅行会社のHPです。
料金・詳細情報は下記HPでご確認ください。

【楽天トラベル】蓼科グランドホテル滝の湯

【JTB】蓼科グランドホテル 滝の湯

なにわ うまいもん市(渋谷・東京都)後編

2006年10月05日
なにわうまいもん市(渋谷東急東横店)で
ショウが一度は食べたいと思っていた新世界元祖串かつ「だるま」が出店されていました。

一応説明:「だるま」は、通天閣に本店を構える人気のお店。昭和4年創業。ソースは1度しか付けられないお店としてよくテレビでも紹介されています。

20061001180718.jpg
イートインもありましたが、行列になってました。(^^;;
持ち帰りならすぐに購入できるということで、家で食べることにしました。

20061001180845.jpg
フライパンやオーブンで温めるだけ。ソースもついてます。
ウィンナー、牛、豚、ししとう、レンコン、エビ、肉団子、ちくわ、白身魚、紅生姜の10種類


20061001180940.jpg
究極のB級グルメです。
ショウ:思ったより油は悪くなかった。結構お気に入り。
アヤ:子供の頃に行った下町の駄菓子屋さんを思い出しました。

実はこの串かつを食べた後、アヤが胸焼けを起こしました。
B級グルメが大丈夫な方のみ、召しあがってください。
※以前、ブログにも書きましたが、アヤはB級グルメは苦手な方です。

新世界元祖串かつ「だるま」HP
http://www.kushikatu-daruma.com/



次に行ったのは、明石焼きのお店。
今回出店していたのは、「たこ家 道頓堀くくる」でした。

20061001180737.jpg
もちろん実演販売。

20061001180805.jpg
8個入り 525円
たまごがたっぷり入った特製の明石焼き。
タコも大きめでプリとしてます。

20061001180902.jpg
持ち帰るとしぼんでしまうのが残念。やはりお店で食べたかった。
何故か東京ではたこ焼き屋さんに比べ、
明石焼き屋さんが少ないのが不思議です。

「たこ家 道頓堀くくる」HP
http://www.shirohato.com/kukuru/akasiyaki.html



最後にご紹介するのは「会津屋」

20061001180750.jpg
大阪名物のたこ焼きは昭和10年この会津屋で誕生しました。
生地には出汁が入っていて、ソースや青海苔は一切かかっていません。

20061001180834.jpg
ここのお店は漫画「美味しんぼ 第77巻」(p71)でも紹介されているそうです。

20061001180917.jpg

アヤの感想:今まで食べたたこ焼きの中で一番のお気に入り。
ソースと青海苔がいらないところがいい。

ショウの感想:ソースやマヨネーズでごまかすことなく、上品な味わいでした。
今度大阪に行ったら、是非本店で食べてみよう。


通販で冷凍のたこ焼きが手に入ります。

会津屋 たこ焼 24個入(冷凍食品)
会津屋 たこ焼 24個入(冷凍食品)

蓼科グランドホテル滝の湯(長野県)貸切風呂2編

2006年10月04日
20060926133028.jpg
翌朝も、貸切風呂に入りました。
こちらは「石の湯」。バリアフリー対応ではありませんが、
段差は極力少なく出来ています。
※夜は3,000円、朝は2,000円で貸切できます。

20060926133132.jpg
脱衣所・洗面
ドライヤー・化粧水・ヘアトニック類・麺棒・ティッシュがあります。

20060926133042.jpg
トイレ

20060926133035.jpg
脱衣所からお風呂を見ると

20060926133050.jpg
お風呂には椅子もあります。

20060926133101.jpg
洗い場 

20060926133111.jpg
早速入浴

20060926133122.jpg
こちらも親子で3~4人で入れる大きさ。

20060926133144.jpg
前には川が流れています。

20060926133155.jpg
早朝(一番風呂)入ったせいか、温泉の香りが漂います。

20060926133205.jpg
入浴目線

夕方にも貸切しましたが、早朝の方がお勧めです。
緑のすがすがしい匂いと温泉の香りを楽しめました。

入浴可能開始時間から、
信玄露天はメチャメチャ込んでいます。
やはり、こちらでゆっくり入る方が気分は良いですね。

朝食・感想編へつづく

なにわ うまいもん市(渋谷・東京都)前編

2006年10月03日
20061001163842.jpg
9月21日から10月3日まで
渋谷・東急東横店で「なにわ うまいもん市」が開催されていると聞き
ショウの希望で行ってきました。

朝一で行ったら、もう行列。時間を追うごとに人出が増加。

20061001170107.jpg

一番人気は「蓬莱」。20分から30分待ちになるほどの大人気。

20061001163856.jpg
実演販売です。

20061001163903.jpg
こちらは人気の豚饅を作っているところ。

20061001163913.jpg
ガンガン売れるので、ひっきりなしに作っています。

20061001163955.jpg
購入したのはシュウマイと豚饅

20061001164012.jpg
豚饅 生地は厚めでモチっとしています。

20061001164024.jpg
中身は、たまねぎが多め。
肉汁があふれ非常にジューシーです。

20061001164331.jpg
こちらはシュウマイ ちょっと大きめ
肉がぎっしり入っているといった感じです。



肉まんとシュウマイは通販でも購入可能です。

でっかいシュウマイ「ジャンボ焼売4個入り」★今だけポイント5倍 9/29 10:00~10/3 9:59★0929祭5
でっかいシュウマイ「ジャンボ焼売4個入り」★今だけポイント5倍 9/29 10:00~10/3 9:59★0929祭5


肉汁ジュワ~「豚まん(肉まん)6個入り」★今だけポイント5倍 9/29 10:00~10/3 9:59★0929祭5
肉汁ジュワ~「豚まん(肉まん)6個入り」★今だけポイント5倍 9/29 10:00~10/3 9:59★0929祭5



うまいもん市 後編につづく



おまけ

ショウが大阪出張の帰り、新大阪駅構内で購入したお土産です。
20060825114516.jpg
皇蘭 手づくり豚まん 4個入り 630円

20060825114545.jpg
中身と生地の味はマッチしていますが、
生地が意外と分厚かったです。
もうちょっとだけ薄ければ好みだったかな。
でも質はいい感じ。

20060825114617.jpg
鹿児島産豚肉と淡路島のたまねぎを使用しているそうです。
が2人には、味の違いがいまひとつわかりませんでした。
やっぱりグルメじゃないのね(/_;)クスン


しかも楽天のほうが新大阪駅より安くてガッカリ。_| ̄|○

手作り豚まん4個入り(100g×4)
手作り豚まん4個入り(100g×4)



蓼科グランドホテル 滝の湯(長野県)夕食編

2006年10月02日
レストランで夕食をいただきます。
様々なレストランがあるので、多分選ぶコースによってもお食事が違うのではないでしょうか?私たちは5000円で宿泊したので最低コースの食事と思われます。※ここは確認してないので、宿泊される方はご確認ください。
20060926121937.jpg
最初にセットされている状態。

20060926122034.jpg
食前酒

20060926122000.jpg
紙を取ると・・・

20060926122421.jpg
天麩羅 冷めないようにヒーターに上に置かれていますが、衣と紙が引っ付いてます。(^^;;

大型旅館の仕方が無いところなのでしょうか。

20060926122019.jpg
虫かごをイメージしているそうです。この籠を取ると・・・

20060926122442.jpg
山菜 やわやわになってます。(^^;;

20060926122049.jpg
煮物

20060926122453.jpg
お造り

20060926122434.jpg
鱧寿司 ずっと置かれているので乾いてます。

20060926122428.jpg
こちらは「トマトの豆腐」
大変奇妙な味。2人とも口に合いませんでした。
こんなものを出すなら、
地元の新鮮なトマトをそのまま出してもらった方がありがたかった。

20060926122503.jpg
冷め切った可愛そうな鮎

20060926122055.jpg
信玄鍋 見た目は今ひとつですが、
こちらが一番美味しかったかな。

20060926122104.jpg
ひょうたんの漬物は美味しかったですが、カボチャの漬物は口に合いませんでした。

20060926122125.jpg
お吸い物

20060926122132.jpg
デザート

20060926122207.jpg
ご家族連れが多かったせいか、
皆さん食事は早めのようで・・・

私たちが座った席の周辺は、
ご夫婦、女性同士・男性同士の2人組みのお客さんが中心。
子供連れのお客さんの席はどれも、離れたところだったので
配慮されていたのではないでしょうか。


料理はまあ、巨大旅館なので最初から期待してませんでしたし、
大体予想通りの感じでした。
先に「コロシアムイン蓼科」や「たてしな藍」で
食べておいてよかったと思います。

それに全15部屋の旅館でも、
こんな感じの料理だったところもありますからね。

貸切風呂2編へつづく
 | HOME | Next »