「パステル」 プリン2点

2006年07月31日
20060718151013.jpg
デパ地下での定番となったパステル。名古屋から全国展開している超有名店です。今回、銀座三越で2点購入しました。

20060718151050.jpg
なめらかプリン 280円 店を有名にした売れ筋の定番プリン。

20060718151118.jpg
口の中に入れるととってもなめらか。ネット上でたくさんレポートされているので、もう説明はいらないでしょう。

で、今回ご紹介したいのは、↓です。

20060718151141.jpg
なめらかチーズプリン 360円
これが絶品。

20060718151206.jpg
生クリーム、プリン、に加えてクリームチーズのこくが広がって本当にウマウマ。
3重になっているのがまた最高(>▽<)
また買おうっと。

パステル http://www.chitaka.co.jp/20original/21pastel/f_pastel.html
お近くのデパートに「パステル」が無い場合は、違う種類のプリンがお取り寄せが出来ます。
あの“なめらかプリン”の感動をお届けします・・・窯出しなめらかプリン(10個入り)
あの“なめらかプリン”の感動をお届けします・・・窯出しなめらかプリン(10個入り)

新宿御苑の猫

2006年07月29日
新宿御苑の中にも猫ちゃんたちが住み着いています。
撮影したのは御苑内の「中の池」にある「レストハウス」です。
20060718143425.jpg
お弁当を食べている人がいると近くに寄ってきますが、おねだりはしません。

20060718143446.jpg
凛とした気品が漂ってます。

20060718143509.jpg
物思いに耽っているような...

20060718143521.jpg

20060718143532.jpg
野武士のような鋭い目。

20060718143543.jpg

20060718143557.jpg
惚れ惚れするひげ。

20060718143609.jpg
顔の傷の多さは野良猫の証。誇らしげにも見えます。

頑張って一生懸命生きている野良猫。大好きです。(by♂)

出汁なし砂糖なし肉じゃが

2006年07月28日
♂が珍しく?絶賛した♀の料理です。といっても珍しい料理なわけではありません。ポイントは「ル・クルーゼ」の鍋を使うこと。すでに「ル・クルーゼ」をお使いの方はこの料理法をされている方も多いと思います。

20060714113104.jpg


材料
じゃがいも 3個
にんじん 1本
たまねぎ 2個
豚の薄切り 200グラムくらい(1パック)
サラダ油 適量
日本酒・みりん・しょう油 各大さじ3
※重要:料理酒を使用しないでください。安くて良いので本物の日本酒をお使いください。

作り方
1 じゃがいも・にんじん・たまねぎは皮をむき、食べやすい大きさに切る
2 ル・クルーゼの鍋を熱しサラダ油を入れ、豚肉を炒める。
3 肉の色が変わったら、野菜を加え炒める。
4 酒・みりんを加えフタをして弱火にする。
5 じゃがいもが柔らかくなったらしょう油を加え、フタを開けて数分煮る。
6 火を止めて全体に味を馴染ませる。


これは私の料理の腕ではなく、「ル・クルーゼ」の鍋のお陰。野菜のうまみが出るので出汁は要りませんし、砂糖が無くても十分甘みが引き出されます。誰でも簡単に出来る料理なので、是非お試しください。

使用したル・クルーゼの鍋は日本未発売のマットブラック。
20060714215340.jpg 20060714215746.jpg
大人っぽくてかっこいいでしょ?この鍋は2人のお気に入り。皆と差をつけたい人にお勧めです。

♂の感想:これは本当に美味しかった!!砂糖を全然使っていないのに甘い。水を使っていないので野菜の甘みが濃縮されているようです。





「ル・クルーゼ」マットブック購入は下記へ
日本未発売ル・クルーゼココット・ロンド 24cm マットブラック
日本未発売ル・クルーゼココット・ロンド 24cm マットブラック
他のサイズもありますが、どれも数に限りがあるので、売り切れの場合はゴメンナサイ。

Chef'V 恵比寿ガーデンプレイス店(東京都)

2006年07月26日
♂の誕生日のお祝いディナーを楽しんだお店です。特に予約はせず、ふらっと入りました。


20060713202205.jpg
夜景もとっても綺麗。窓際の席は予約で埋まっています。

20060713201221.jpg
恵比寿といえば、エビスビール

20060713202320.jpg
このあとSauvignon Blanc(ソーヴィニヨン・ブラン)のボトルを注文

コース料理(3,500円、5,000円、7,000円)もありますが、今回はアラカルトでいただきました。

20060713201311.jpg
彩々野菜サラダロールCV風 750円
農家より届けられた新鮮野菜を食べやすい生春巻きスタイルで彩り鮮やかで食感豊かな野菜たちが奏でる旨さと綺麗に盛り付けられた大地の贈り物(メニュー引用)

これを最初に食べて衝撃。本当に野菜がどれも新鮮で瑞々しく、歯ごたえも楽しめます。

20060713201408.jpg
鮪ほほ肉の香草焼きと旬の香味野菜添え 1,100円
香ばしく焼き上げた鮪のホホ肉をジャガイモと和野菜でさっぱり仕上げました。アンチョビソースとバルサミコソースが素材を引き立てます(メニュー引用)

鮪ホホ肉を上回る野菜の旨さを感じます。ソースとの相性はベストマッチ。

20060713201512.jpg
蟹と生湯葉と豆類のリゾット トリュフの香り 1,500円
旬の蟹とトロトロの生湯葉、数種豆類を使った食感の楽しみと素材の甘みあるリゾット。トリュフの香りをお楽しみください(メニュー引用)

トリュフソースがお気に入り。混ぜて食べるとさらに美味。

20060713201628.jpg
仔牛フィレ肉とフォアグラのソテー 黒酢プルーンソース 2,500円
柔らかな仔牛フィレ肉とフォアグラをからし菜で包み焼き、3種異なった調理法のジャガイモが美味しさと楽しさを広げます。西洋の梅干といわれるプルーンと和の梅干を使った、黒酢とバルサミコベースと赤ワインソースはChef'Vでしか味わえない至高のメインディッシュです。(メニュー引用)

フォアグラは小さめでしつこくありません。マッシュポテトとカリカリに揚げたポテトのフライは絶品。北海道にいた頃よく食べたジャガイモを思い起こさせます。こんなジャガイモ久しぶり。肉も大変柔らかです。

20060713201750.jpg
オーベルニュ風4種チーズのサラダピッツァ 1,300円
4種チーズをふんだんに使ったチーズピザちょっぴり苦味のあるサラダとコショウをアクセントに仕上げた自信のCVシェフサラダピザ(メニュー引用)

普通のピザとは全く別物。かなり薄く、チーズと共にパリパリに仕上がった、野菜を引き立てたピザ生地です。

20060713201838.jpg
赤桃ソルベ プラムとレモングラスのソルベ 2Pで680円

野菜のみならずフルーツの香りも豊かです。

20060713201922.jpg
トマトのコンポートと白ワインのジュレ 600円

20060713201953.jpg 20060713202013.jpg
カフェラテ・カプチーノ

20060713202242.jpg


何のチェックもせず、行き当たりばったりで入ったお店ですが大当たりでした。二子玉川を皮切りに都内・神奈川に展開する野菜料理レストランの恵比寿店。肉や魚を食べに行くというより、野菜を楽しみたいと思うときに行くレストランです。

本当に野菜を大切にしているとわかるお料理ばかり。子供の頃に食べた野菜の苦味や旨みを思い起こさせます。お店や季節によってメニューを変えているようなので、他のお店も行ってみたいと思います。

ただ、この店でランチを食べた30代前半の女性の話だと、特に印象に残るものではなかったとのこと。夜は非常に満足しましたが、ランチはどうなんでしょう?気になるところです。


Chef's V
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー39F
展望レストラン街 TOP OF YEBISU 03-5423-2410
http://chefsv.com/sub/re.html

舞寿司(修善寺・静岡県)

2006年07月25日
修善寺駅構内で販売されている駅弁2点をご紹介します。
元々駅前のお寿司屋さんだった「舞寿司」の駅弁です。

20060628114843.jpg
「い寿司」1100円
「伊豆市」にちなんでダジャレになっているお弁当。

20060628114925.jpg
量産できない上、テレビでも何度も登場したため、よく売り切れになっています。

20060628114951.jpg
でも、いたって普通の押し寿司。売り切れ状態が多いので期待しすぎたのかもしれませんし、名前にインパクトありすぎるのかもしれません。

同じ舞寿司の駅弁ならば、↓の方がお勧めです。

20060628115022.jpg
「あじ寿司」900円

20060628115048.jpg
思ったより鯵が沢山のっていて、ひとつひとつが肉厚。意外なことに駅弁なのに新鮮。その日の朝に獲れた鯵を使っていたからなんですね。出来るだけ早めに食べることをお勧めします。

「たけのうち」の鰻とじゃこ山椒(京都)

2006年07月23日
土用の丑の日なので香り爽やかな、美味しい鰻をご紹介。
合成保存料・合成着色料を使用していないそうです。

20060718124915.jpg
うなぎ白焼き 1,890円
パック入りで、タレは別添えです。

20060718124947.jpg
京都らしく腹開き。全くしつこくありません。上に乗っている山椒の香りが高く、美味しい鰻です。関東の蒸した柔らかい鰻も好きですが、歯ごたえのある鰻の方が好みかも。

20060718125103.jpg
じゃこ山椒 1,050円
「阿波・志布志で騰がった細かい白すじゃこと新緑の実山椒を美味しい出汁でからりと炊いた自慢の品です」(説明書引用)

20060718125130.jpg
じゃこも美味しいですが、実山椒の香りが本当によく、さわやか。今の季節ににぴったりです。青ネギを加えると美味しいおつまみにもなります。

どちらも都内の明治屋で購入しました。

たけのうち
京都府左京区松ヶ崎海尻町3
075-711-1212

まんぷく 自由が丘店(自由が丘・東京都)

2006年07月22日
ネギタン塩・ネギ塩カルビ発祥の店「まんぷく」。2人と「まんぷく」の出会いは独身時代にさかのぼります(互いの存在も知らず別々に通ってました)当時は勝どき(東京都中央区)の1店舗のみの経営で汚い焼肉屋さんでした。それがあれよあれよという間にのれん分けで店舗が増えましたが、結局色んな会社に店舗ごと買収されたそうです。(勝どきは健在です。)

六本木店や恵比寿店(現在系列は違います)にも行ったことはありますが、店の雰囲気も味付けも肉の質も違います。おしゃれな雰囲気がいい方は恵比寿店がお勧めです(でも高い)

ここで自由が丘店を紹介するには訳があります。それは唯一ランチセットがあること。これがお得なんです。

まずはビールを注文
20060712135245.jpg
ビール中ビン 700円

♀注文:タン塩&塩カルビのランチセット 1,800円

20060712135213.jpg


♂注文:タン塩&カルビのランチセット 1,600円、

20060712135139.jpg 20060712135204.jpg


ホルモン 800円

20060712135256.jpg


20060712135327.jpg
味はいいのですが、正直あまりいい肉は使ってません。
でもホルモンはまあまあいいものを使っています。

「タン塩&塩カルビ」と「タン塩&カルビ」のランチセットには共にサラダ・ナムル・韓国のり・キムチ・わかめスープ・ライス・デザートがついています。
※クリックすると拡大します。
20060712135305.jpg 20060712135315.jpg

20060712135223.jpg 20060712135156.jpg

20060712135147.jpg 20060712135130.jpg


20060712135233.jpg
♂のデザート:バニラアイス

20060712135352.jpg
♀のデザート:抹茶アイス

これだけついて1,000円台は安いでしょ?

サービスランチタイムは土・日・祝日の12:00~15:00
夜同じものを頼むと何倍もお金がかかるので、ご注意ください。

20060712135342.jpg


まんぷく自由が丘店
東京都目黒区自由が丘2-9-12 エムワイビル2F
月~金   17:00~24:00(L.O.23:00)
土・日・祝 12:00~24:00(L.O.23:00)
定 休 日 無休 年末年始は12/31・1/1休業

夏野菜

2006年07月20日
♂の実家から夏野菜が送られてきました。すべて無農薬です。
20060710105341.jpg
とれたてトウモロコシ トウモロコシはいたみが早いので、すぐに茹でます。

20060710105406.jpg
春にもハウスものや輸入物が出回りますが、やはり夏の国産物は甘くて最高。

20060710105333.jpg
トマトもドッサリ 真っ赤。

20060710105414.jpg
家で育てているバジルとあわせてモッツァレラチーズとトマトのサラダにしました。

20060710105423.jpg
残った枝豆を「枝豆キャンティスタイル」にしました。※ニンニクとトウガラシをオリーブオイルでいため、ゆでた枝豆を加え、塩コショウで味付けをして、パルミジャーノを振りかける

20060710105348.jpg
カボチャは♂の誕生日にカボチャケーキとパンプキンパイに。※カボチャケーキの作り方は7月12日のブログをご参照ください。パンプキンパイはそのうち(?)更新するつもりです。

20060710105357.jpg
夏は野菜の美味しい季節。どんどん食べようっと。

ぴょんぴょん舎(銀座・東京都)

2006年07月19日
20060710100212.jpg
盛岡冷麺の人気店が6月2日に銀座に出店したと聞き、早速行ってきました。

20060710100230.jpg
行ってみるとテレビで紹介された上、週末だったので長蛇の列。1時間近く並びました。

20060710100221.jpg
並んでいる間にメニューを渡されます。冷麺の他にはチヂミ、ミニビビンバセット。

20060710100239.jpg
かなり小さいお店。カウンター4席、2人用テーブル×3の全部で10席。 ムリして10席にしているため、真ん中のテーブルに座った人は、人が通るたびに食べながらテーブルを動かすハメに。
厨房の人数を減らして、もっと客席にゆとりを持たせて欲しかったな。正直、カウンター席しかない「じゃじゃおい軒」の方が居心地がよかったし。(^^;;
この程度の広さしか確保できないのなら、銀座ではなく下北や三茶などちょっと外れたところに出店すべきだったのではないでしょうかね~。

20060710100247.jpg
働いている人が全部で5人。10席なのに5人はちょっと多すぎるのでは?

20060710100254.jpg
地ビール 800円。    外れでした_| ̄|○
今回に限らず地ビールは今まで美味しいと思った事が無く、普通のビールを頼みたかったけど、これしか置いていません。メニューからわざわざ普通のビールを消していたのはなぜ??

20060710100304.jpg
盛岡冷麺(中辛) 850円 盛岡本店なら735円。地代なのか盛岡より高く設定してあります。

初めて本場の盛岡冷麺を食べたので比較出来ませんが、麺はツルツルでコシがすごい。スープはあっさりながらも牛骨のコクがあり、ピリッとした辛さが後からじわじわと効いてきます。辛味別にして、色んな味を楽しめばよかったと後から後悔...

盛岡に行ったら、「盛楼閣」に行って食べ比べてみようと思ってます。(^o^)/

ぴょんぴょん舎 銀座百番
東京都中央区銀座4-4-1 03-3564-1963
営業時間:11:00~23:00 年中無休

手作りうどん(♂の料理)

2006年07月18日
20060708115134.jpg

せっかくパスタマシーンを買ってもらったので、うどんも手作りに挑戦してみました。

今回の材料(2人分)
・薄力粉125g
・強力粉125g
・塩水 105cc(塩12g+水93g)※夏場なので粉の42%
本格的な讃岐うどんを目指したかったので、一番親切なレシピを参考につくりました。
①粉に塩水を数回に分けて混ぜる。
②水分が全体に行き渡ったら、ひと塊にして冷蔵庫で1時間寝かす。
 ※ジップロックに入れると便利です。
③ジップロックに入れたまま、ゆっくりと足で踏んで延ばし、折り畳んで踏むを15分程度繰り返す。
 ※強く踏むと袋が破けますので、やさしく踏みましょう。
④表面が滑らかになって艶が出た生地を再び冷蔵庫で3時間程度寝かす。
⑤生地とパスタマシーンに打ち粉をまぶしながら、好みの厚さに延ばす。
 ※生地が固いので、4分割にして麺棒でちょっと薄くしてからパスタマシーンを使う方が楽です。
⑥延ばした生地を好みの太さにカットする。
20060708115147.jpg

うどんらしく見えませんが、正真正銘のうどんです!

⑦好みの固さに茹で、冷水でぬめりを取る。
※麺の外側が透けてきた頃から何度か食べて、好みの固さを見つけて下さい。



20060708115206.jpg

本場の讃岐うどんには遠く及びませんが、初めてにしては上出来。
足で踏んだおかげで、コシも強く、つるつるの美味しいうどんになりました。

麺棒で延ばすともっと美味しくなるかもしれませんが、延ばすスペースもないので当分はパスタマシーンで代用します。

今度は釜揚げうどんや釜玉うどんにしてみよう。

♀の感想:なめらかなうどん。とっても美味しかったです。家でこれだけのものが出来るとは、意外でした。一度試してみる価値ありです。

海の日スペシャル

2006年07月17日
今日は海の日なので、訪れたビーチリゾートの写真をアップします。

20060713095052.jpg
モルディブ ラグーナ・ビーチ・リゾート
新婚旅行で行った思いで深いビーチリゾートです。クルンバ ビレッジ リゾート にも泊まりましたが、残念ながら写真がありませんでした。(´;ω;`)

20060713095100.jpg
モルディブ ラグーナ・ビーチ・リゾート
最近水上コテージなんか作ってしまったので、今はビーチは台無しになっているかも。

20060713095107.jpg
グアム ビーチ名は忘れました。
※近場で海を重視する方はサイパン、買い物を重視する方はハワイですよね。グアムの海はあまり綺麗ではありませんし、買い物するのもなんか中途半端。グアムには2度と行くことはないと思います。

20060713095115.jpg
グアム ホテルニッコウグアム前

20060713095126.jpg
タヒチ モーレア島沖だと思います。ヨスジフエダイの群れに囲まれて撮影しました。

20060713095035.jpg
ハワイ マウイ島だと思います。

20060713095045.jpg
ハワイの夕日

眺めていると心が癒されます。

※すべて90年代にフィルムカメラで撮影した写真。ダイビングを楽しんでいた頃の懐かしい思い出です。

※ポケットカメラ用フィルムをスキャンしてくれる場所を探してますが見つかりません。残念ながら、富士フィルム・コダック・カメラのキタムラも全滅です。_| ̄|○ どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、是非コメントお願いいたします。m(_ _)m

芳泉荘(吉奈温泉・静岡県)朝食・感想編

2006年07月16日
20060705153348.jpg
朝食全体
2人とも納豆が苦手なのではずしてもらっています。

20060705153445.jpg
お釜の御飯

20060705153501.jpg
伊勢海老の味噌汁 濃厚な出汁

20060705153530.jpg
焼きたての鯵の干物

※クリックすると拡大します。
20060705153556.jpg 20060705153608.jpg

20060705153626.jpg 20060705153640.jpg

20060705153701.jpg 20060705153714.jpg


正月宿泊の時 ↓が加わりました。
20060705153728.jpg 20060705153736.jpg


夕食は季節で多少内容が変わったりリクエストも入れてもらえたり、連泊用のメニューも出していただけるそうですが、朝食は季節を変えても代わり映えしません。
できれば、季節に合わせて魚を変えるとか煮魚にしてみるとかあってもいいのでは?と感じます。
八重垣に宿泊したせいでしょうか、厳しくなってしまいました。
(感想)
伊豆で「適温の完全源泉かけ流し露天付離れ」で2万円台は破格。
露天付離れ、加水・加温・循環全くなしで毎日お湯の入れ替え清掃している宿は、全国でもそう沢山はないのではないでしょうか。

ご主人と女将さんの2人でやっているので限界があるのは事実ですが、人を雇うと値段に反映されてしまうので、サービスについてはもう十分すぎると思います。
ただ「さくら」だけバスタオルが1枚多いとか、爪とぎがあるのが値段に反映していたとしたら疑問です。お部屋とお風呂で十分の差があるので、アメニティーや備品は同じにした方がよいのではと感じました。

今度はしし鍋と他のメニューを削って「金目のしゃぶしゃぶ」がリクエストできるようなら、紅葉の時期に宿泊したいと思ってます。

伊豆 吉奈温泉 離れ家 芳泉荘
静岡県伊豆市吉奈165
0558-85-0655
http://www3.tokai.or.jp/hosenso/

まつおか(河津・静岡県)

2006年07月15日
「八重垣」の大将に教わったお蕎麦屋さん。

20060705104130.jpg
写真右でこの店のご主人が蕎麦をうっていました。

20060705104207.jpg
ちょっとお昼時を外したので店内は誰もいません。

20060705104234.jpg
窓からの眺め。河津桜が一望できます。
桜のシーズンはいい眺めでしょう。

20060705104300.jpg
お通し。たくあんを燻製にしたもの。秋田名物の「いぶりがっこ」です。伊豆で食べる秋田名物。。。
♂はお気に入り。

20060705104337.jpg
2人が注文したのは天麩羅蕎麦

20060705104901.jpg
お蕎麦がとても細くて滑らか。

20060705104823.jpg
天麩羅は揚げたてのサクサク。席についてから揚げるので、ちょっと時間がかかりますが、美味しいです。

ごちそうさまでした。

まつおか
静岡県賀茂郡河津町谷津692-1 0558-32-2707

モンサンクレール(自由が丘・東京都)

2006年07月14日
自由が丘スイーツ大御所の登場です。スイーツ好きが全国からやってくる「モンサンクレール」。(説明は要らないとは思いますが)世界一の称号を持つパティシエ 辻口シェフのお店です。

もちろん2人とも大絶賛のケーキ屋さん。

すごい人気なので、並んだり売り切れたりは覚悟の上。しかも繊細なケーキばかりで、持ち帰りに大変苦労します。写真を見るとわかりますが、所々欠けてしまいました。(´;ω;`)

20060627143637.jpg
セゾンガトー(マンゴー)399円
今日紹介するケーキの中で2人ともこれが一番好き。一見普通のショートケーキに見えますが、甘さを最小限に控えた上品な生クリーム。滑らかなスポンジの間にはマンゴーの甘酸っぱいクリーム。すべてが絶妙にマッチしています。美味しくて、どう表現したらいいかわかりません。

20060627143708.jpg
シューアラクレール 210円 
アーモンドがちりばめられた厚めのサクっとしたシュー生地。そして中は・・・

20060627143732.jpg
バニラビーンズが見えるでしょうか?比内鶏の卵とタヒチ産の香り高いバニラを使った濃厚だけどしつこくないカスタードクリーム。

20060627143806.jpg
クラッシックショコラシャンティ 472円 
クラッシックなチョコレートケーキだけれども、ココアの香りが濃厚。生クリームは他のケーキと同じように甘さ控えめでとてもクリーミーです。

20060627143832.jpg
ガレットフランボワ 420円
サックサクの硬いガレットの上に、チーズクリーム、生クリーム、木苺がのっています。硬いガレット、♀は少々苦手(この日たまたま歯の治療中)、♂は絶賛でした。
子供の頃によく食べてた木苺の味がそのままよみがえってきました。あの頃は悩みなんか無かったな~(by♂)

おとり寄せのできるケーキもあるようですが、できるなら足を運ぶことをお勧めします。やっぱりケーキは作ったその日に食べるのが一番ですから。

併設しているカフェでケーキを食べることも出来ます。売り切れることもあるので午前中に行くのがお勧め。心配な方は電話予約も受け付けています。

モンサンクレール Mont St.Clair
東京都目黒区自由が丘2-22-4 03-3718-5200
自由が丘駅より徒歩10分
営業時間 11:00~19:00
無休(臨時休業があります)

芳泉荘(吉奈温泉・静岡県)庭・夜景編

2006年07月13日
芳泉荘の庭は季節によって雰囲気が違います。

20060704204824.jpg
こちらは川の向かい側から撮った夏の芳泉荘
緑に埋もれていますが、冬になると一変・・・

20060704204844.jpg
全景が見えます。とても伊豆とは思えない秘湯の雰囲気が一杯。本当に静かです。

20060704204857.jpg
橋から本館方向の眺め 夏

20060704204910.jpg
冬はこんな感じ。

20060704205541.jpg
本館の向かい側 最初の2枚はここから撮影しました。プールだったところ。食卓出るアマゴが泳いでいます。

20060704205625.jpg
プール横 藤の花が咲いている頃、見てみたい。

20060704205604.jpg
お子さんがいる方は、芳泉荘を借り切ってみてはいかがでしょう。思いっきり遊べますよ。

20060704205656.jpg
昭和3年11月に出来た橋

20060704205724.jpg
橋から本館を見たところ

20060704205828.jpg
若かりし頃の大村昆さんや由美かおるさんが見れます。懐かしいと思ったら、中年以上。

20060704205906.jpg
橋から「さくら」をながめるとこんな感じ。露天、見えないでしょ?

20060704205519.jpg
「はぎ」と「ぼたん」から見た本館(冬の撮影)

20060704205508.jpg
さらに奥に行くと橋。向こうに見えるのは「東府屋」さん。

20060705102556.jpg
昼の本館
夜はライトアップされています。

20060705102415.jpg
夜の本館

20060705102352.jpg
夜の本館正面 写真下手です。_| ̄|○
実物の方が雰囲気があります。 

20060705102405.jpg
夜の「さくら」


20060704211738.jpg
芳泉荘は季節を変えていくと違った雰囲気を味わえます。本当は桜の季節に行きたいけれど、こればかりは自然が相手だから難しいんですよね。
それに私達「雨夫婦」だから散ってしまいます(´・ω・`)

朝食・感想編につづく・・・

カボチャのケーキ(♂の誕生日)

2006年07月12日
結婚記念日も誕生日もほとんど祝うことがない2人。
それに誕生日を喜べない年齢になってしまいまして。

でもちょうど♂の実家から夏野菜が送られてきたのと、
♂の誕生日のためカボチャのケーキを作りました。

20060707151143.jpg

材料
カボチャ(種、わたを除く):250グラムくらい
メープルシロップ:50cc
オレンジの絞り汁:大さじ1
しょうがの摩り下ろし:少々
シナモンパウダー:小さじ11/2
無塩バター:160グラム
ブラウンシュガー:80グラム
卵:2個
薄力粉:200グラム
ベーキングパウダー:小さじ1弱

型に塗るバターと薄力粉:少々

作り方
下準備:バターを型に塗り粉をまぶしておく

1、カボチャをレンジで加熱して柔らかくする。
2、1のカボチャをフードプロセッサーにいれピューレ状にする。
3、メープルシロップ、オレンジの絞り汁、ショウガの摩り下ろし、シナモンパウダーをフードプロセッサーに加え、混ぜる。
4、バター、砂糖は別のボールで混ぜ、卵を加え混ぜる。
5、4を3に加え、混ぜる。
6、まとまってきたら、薄力粉、ベーキングパウダーを加え混ぜる。
7、6を型に入れ、180度で40分焼く
8、7を冷ました後、表面を平らにしてお好みでココアや粉砂糖をふる。

見た目は地味ですが、美味しい。(自画自賛)

♂のコメント
手作りケーキで祝ってもらうのは初めてなのでうれしい気分。
甘さ控えめで、カボチャ本来の味ととシナモンの香りが漂う美味しいケーキでした。

PS:誕生日のお祝いに、夜の外食を楽しんできました。

が、酔っ払った♀が帰りの電車でいきなりエルボーの連打
あげくの果てに、トドのように寝てるし(;´ω`)ノ

ジャガー横田の旦那さんの気分を味わいつつも、思い出深く楽しい夜でした。

♀:お誕生日おめでとうこれからもよろしく。(12日朝に追加したコメント)

旧前田侯爵邸(駒場・東京都)

2006年07月11日
旧加賀百万石前田家の第16代当主前田利為の本邸
1929年(昭和4年)に建設された邸宅です。(東京都有形文化財)
鎌倉にあるのは別邸です。
20060704101708.jpg
戦後アメリカ極東軍司令官の官邸として接収され、一部改修。その後、昭和39年に東京都の所有となり昭和42年東京都寝台文学博物館となりました。(平成14年閉館)
その後修復工事がなされ、公開されています。

20060704101744.jpg
洋館入口

20060704101824.jpg
入ってすぐ右側にある1階応接間

20060704101854.jpg
それに続く1階の応接間

20060704101925.jpg
1階サロン いくつあれば済むのでしょうか。
1階には2つの応接間と2つのサロン、大食堂と小食堂もあります

20060704102015.jpg
1階玄関ホール どこも落ち着いた雰囲気です。

20060704102114.jpg
2階に上っていきます。

20060704102156.jpg
2階ホール


20060704102232.jpg
婦人室 

20060704102353.jpg
次女の部屋 ほかに長女の部屋があります。 

20060704102423.jpg
書斎 写真に写っていないところにも本棚があります

20060704102553.jpg
1階テラス

20060704102632.jpg
裏から 裏には芝生があって親子連れの方々が遊んでいました。

地上3階、地下1階の建物ですが、見学できるのは1階と2階のみ。
他は一般に使えるよう改築されていたため、このくらいしか写真に収めませんでした。

入場料は無料です。早めに行ったのでかなり写真が撮れました。
帰ろうとしたときに、年配の団体、一眼レフを持ったお兄さんたち、親子連れがドッと現れ、危機一髪。

隣の敷地には和館もあります。
20060704103227.jpg 20060704103242.jpg

20060704103300.jpg 20060704103312.jpg
こちらはお茶会などの集まりに、一般でも利用できるそうです。

旧前田侯爵邸
東京都目黒区駒場4-3-55駒場公園内
開館日:土・日・祝のみ
入館料:無料
交通:京王線井の頭泉「駒場東大前」徒歩10分
小田急「東北沢駅」又は「代々木上原」徒歩13分
東急バス渋谷駅より幡ヶ谷行き「代々木上原」徒歩3分
問い合わせ:東京都教育庁生涯学習スポーツ部計画課文化財保護係
03-5321-1111(代表)

芳泉荘(吉奈温泉・静岡県)夕食編

2006年07月10日
20060629110530.jpg
最初にセットされている状態

20060629110641.jpg
前菜4品

20060629110811.jpg
お造り 
今回どうしても手長エビを食べたかったので、予約するときに「他の料理を減らしていいので手長エビを入れてください」とお願いしたところ、最初は仕入れが難しいかもとのことでしたが、宿泊前日に入手できたとの連絡を頂きました。甘くて美味。伊勢海老と手長エビの競演。最高\(^O^)/
※伊勢海老の代わりにヒラメのお造りにも変更可能です。

20060629110920.jpg
サザエ 小さく切ってあって食べやすい。

20060629111022.jpg
ちょうど鮎が解禁になった時だったので、鮎は甘露煮から塩焼きへ。奥はアマゴ。
食べ比べたらたらやっぱり鮎の勝ち。

20060629111133.jpg
アワビと山菜の釜飯 美味しい。
※白米にも変更可能。

20060629111222.jpg
おこげ、うまうま。
20060629111327.jpg
漬物

ところてんもありましたが、撮影し忘れました。_| ̄|○

この先は1品づつ出ます

20060629111547.jpg
ステーキ キャビアのせ 2人のお気に入り。

20060629111638.jpg
伊勢海老の天麩羅 出てくるのに時間がかかったためその間にお腹イッパイになって少ししか食べられなかった♀。お造りより小ぶりな伊勢海老なのでちょっと苦味がありました。ごま油で揚げる江戸前風。外はサクっ、中はジューシー。塩をつけて食べます。観光客が行列する浅草の某有名天麩羅屋さんよりはるかに美味しいです。焼き伊勢海老にも変更できるそうなので、今度は焼きを注文してみようかな。

20060629111729.jpg
そば ♀は満腹のため毎度食べられません。♂は2人前食べて、倒れてしまいました。お吸い物に変更出来ると後から知って失敗。今度はお吸い物にしよう。

20060629111908.jpg
女将さん手作りのデザート

実はこの後ホタル見物があったのですが、♂は満腹で倒れてしまい布団の中。折角でしたが遠慮させていただきました。(前の日は何十匹も見えたのに、この日は雨のため数匹しか見れなかったそうです。)

泊まるたびに違う料理がいいという人もいるし、変えて欲しくないと思っている人もいて、最近ご主人は頭を痛めているようです。宿泊者全員に満足してもらおうと思っているからなのでしょう。最近は色々リクエストにも応えてくれるそうなので、予約時に相談してみるのもいいでしょう。ちなみに私たちは1ヶ月以上前から、あれこれワガママなお願いをしてしまいました。

庭・夜景編につづく・・・

ゆうやけガーデン(谷中・東京都)

2006年07月09日
20060630171848.jpg
前回の猫スポットでご紹介した谷中ぎんざ入口「夕焼けだんだん」のすぐ横にあるビアガーデンです。

20060630171923.jpg
この裏が「夕焼けだんだん」
ここには近所の人だけでなく、「猫好き」さんたちも利用しているようです。

20060630171949.jpg
「夕焼けだんだん」の裏にあるので、運がよければこんな光景も見られます。
猫ちゃんたちが並んでいるのがわかるでしょうか?

20060630172019.jpg
でも上の2枚は昨年撮影したもの。残念ながら今年はこういうシチュエーションにはなりませんでした。

20060630172116.jpg
グラスがキンキンに冷えています。
ビールと枝豆をいただきながら猫を眺め、幸せを感じる♂。

屋外とはいえ食べ物を出している関係上、お店の方が猫を追い出しているので、猫ちゃんたちはテーブルには近づきません。


20060630172209.jpg
お店を仕切っているのは隣の中華店を経営している猫好きなご主人と自称「猫嫌い」という品のいい奥様。お2人とも人当たりがよく、お話して、とっても楽しい時をすごせました。

猫好きな方は「夕焼けだんだん」に猫たちが集まる夕方ごろ行くのがお勧めです。

マンボ(バンコク・タイ)

2006年07月08日
美人でしょ? ♀の若かりし頃
20060706170031.jpg
ではありません。
   
この人、実は元男性なんです。

以前タイを訪れたとき、ニューハーフショーを見に「マンボ」へ行きました。

20060706170133.jpg
「マンボ」では舞台での華麗なショーを見ることが出来ます。ただステージと客席が離れているので、いまひとつ迫力に欠けてしまいます。※安物フィルムカメラで撮影したので、この程度の写真しかありません_| ̄|○

ショーが終わると入口にショーに出演したニューハーフたちが待っていて、チップを払えば記念撮影が出来ます。最初の写真の方は、当時の一番人気のダンサーです。

20060706170214.jpg
若手の子。かわいいので撮りました。実際は写真よりも、もっとカワイイんですよ。写真左にいるのは少しだけ若い頃の♀ですが、あまりにも見苦しく女として負けているのでカットいたしました。(;´ω`)ノ

20060706170307.jpg
ショーのフィナーレのときにパチリ 美しいニューハーフもいれば、おデブちゃんのニューハーフもいます。

マンボのニューハーフショーへは、直接でも入場できますが、現地のパンダバス(日本語可)で予約すれば割引で入場出来るのでお勧めです。

ただ案内してくれた人は人当たりがよかったのですが、日本語を勉強中であまり上手く話せませんでした。決められたセリフ以外は、英語で会話しなくてはいけませんが、まあその辺はタイに行った分、おおらかに考えた方がいいでしょう。
タイは普通の観光でも十分楽しめますが、ニューハーフショーは必見。今度は(時期は未定)他のニューハーフショーも見に行きたいと思っています。

マンボ mambo
住所:496/2 Sukhumvit Rt., Klongtoey
電話:259-5123、5715
営業日時:毎日、20:30、22:00

パンダトラベル株式会社(パンダバス)Panda Travel Agency LTD.
Mezznine Floor, The Mandarin Hotel, 662 Rama 4 Rd.,
Bangrak, Bangkok 10500 Thailand
(日本から) 国際電話会社の番号+66-2-633-3356
(タイ国内より) 02-633-3356
http://www.pandabus.com/index.php(日本語HP)

芳泉荘(吉奈温泉・静岡県)本館風呂編

2006年07月07日
芳泉荘本館のお風呂をご紹介します
20060627134420.jpg
本館には内風呂と露天があります。
貸切にするには、入口にある札をひっくり返せばいいだけ。無料です。
何度でも利用可能で時間制限はありません。
利用可能な時間帯は夜は11:00まで、朝は6:00から。

20060627134457.jpg
脱衣所 左側扉を出れば露天、
ちょうど写真の背後辺りは内風呂の入口になります。

20060627134530.jpg
脱衣所洗面

20060627134604.jpg
脱衣所にはアメニティ、ドライヤー、バスタオルが完備されているので、
手ぶらでふらっと来ても入れます。

20060627134644.jpg
内風呂全景 写真奥が脱衣所。大理石の湯船。写真を見ただけではわからない、入れば入るほど良さがわかる内風呂。部屋露天と同様、加水・加温・循環なし。足元からのかけ流し、お湯の入れ替え・清掃は毎日行われています。もちろん塩素投入なし。

20060627134738.jpg
内風呂の天井には、湯気を逃がす仕組みがあるので換気扇の音もなく本当に静か。

しかしこの日運の悪いことに、内風呂に入った途端、20才代前半くらいの若いカップルの男性の方がホールにあるピアノで「猫踏んじゃった」などを弾きまくり。音は内風呂に筒抜け。お風呂だから、よく響くんですね、これが。しかも子供がいたずらしているような演奏。。。(;ω;)上手なピアノならのんびりとお風呂に浸かりながら楽しめたのに残念です。
私たちが風呂に上がった後も、その若い男性は下手なピアノを弾き続け、本館の外にも響いてました。結局大好きな内風呂に入ったのはそれっきり。

ご主人に事情を説明し「ピアノに鍵をかけて欲しい」とお願いしたら、「お上手な方もいらっしゃいますから」との返事。相手が大人で下手だったから話したのに。。。_| ̄|○
鍵はムリでも何か対策して欲しいのですが、これも運次第ということでしょうか。ちなみに水上山荘にもピアノがありますが、鍵がかけられており、演奏会が催されることもあるそうです。

気を取り直して内風呂の説明に戻ります。
20060627134953.jpg
この内風呂のタイルは六角形。新しい建物では見られない貴重品です。 

20060627135030.jpg
内風呂にはカランは2つ シャワーも温泉です。

露天に行きます
20060627135101.jpg
こちらも毎日お湯の入れ替え・清掃。足元からの完全かけ流し。

20060627135126.jpg
この日は少々薄暗かったためかランプが灯されていてムード満点

20060627135151.jpg
露天には椅子もあり、涼むことができます。

夕食編につづく・・・

バッボ・アンジェロ(自由が丘・東京都)

2006年07月06日
イタリアのW杯決勝進出を祝って特別更新
本当はもう少し後で紹介するつもりでしたが前倒しで紹介することにしました。
イタリア好き、サッカー好きの方にお勧めのお店です。

トスカーナ州フィレンツェ出身のアンジェロさんがオーナーシェフをつめるピッツエリア・リストランテ。
今回、こちらでランチをいただきました。

20060705173014.jpg
私たちが座った席の壁にはデルピエロのサイン (by♀)

20060705173043.jpg
バッジオのサインもあります。

ユニフォームのほかに、セリエAのチームフラッグやフェラーリのパネルなどが飾られていてカジュアルな雰囲気。完璧にオーナーシェフ、アンジェロさんの趣味と思われます。そういえばアンジェロさん、サッカーの解説もしているんですよね。

20060705173159.jpg
とりあえずビール

2人ともランチセットを注文
(パスタかピッツアのいづれかと、サラダ、バゲット、飲み物のセット)
折角なのでひとつはパスタ、もうひとつはピッツアを選んで取り分けに。
※料金は確か1,200~1,300円くらいだったと思います。

20060705173236.jpg
サラダ 千葉の契約農家から取り寄せているオーガニック野菜を使用しているそうです。

20060705173311.jpg
バゲット  ごく普通のバゲットでした。

20060705173349.jpg
トマトソースなし モッツアレラ、バジリコ、オレガノ、アンチョビのピッツア 直径30センチ弱。
生地がきれいに膨らんでます。モチッとした食感。すぐに食べないと食感が悪くなるので真っ先に食べます。

20060705173512.jpg
沖縄の島唐辛子のオイル これをかけるとまた違った味を楽しめます。
でも♂はかけ過ぎて水をがぶ飲み。


20060705173441.jpg
カジキマグロとフレッシュトマトの塩味パスタ
こちらはいまひとつでした。たまたまかな?

ディナーに行かないとわかりませんが、ここの売りはパスタよりピッツアでしょう。

20060705173542.jpg
カプチーノ

お店はいつも込んで、結構並んでます。

20060705173616.jpg
ランチタイム終了間際、人がいなくなったところをパチリ

20060705173652.jpg
お店の中央に厨房があります。

ランチは安いですがメニューが少ないので、今度はディナーに行ってみようと思います。

20060706005022.jpg


バッボ・アンジェロ BABBO ANGELO
東京都目黒区自由が丘1-25-12 リード2F 03-5729-4339
営業時間: 12:00~14:00(L.O.)、18:00~22:00(L.O.)
定休日:水曜日(夏期休暇あり)
※上記は店のカードに書かれている情報をそのまま記入しました。休日・営業日はご確認ください。

丸代(江ノ島・神奈川県)

2006年07月05日
20060626201128.jpg
江ノ島に遊びに行ったとき2度お土産を購入したお店です。
江ノ島の入口にあるので、お分かりになる方も多いと思います。
お店の方に「お勧めはどれですか?」と質問したところ、「うちは全部お勧めで、活きの悪いものは置いていない!」といわれてしまいました。確かに愚問でした。

20060626201200.jpg
この量で2,100円
家に帰ってからもサザエとハマグリは動きまくり。

20060626201236.jpg

20060626201248.jpg
網で焼いていただきました。
2人でこの量は多すぎたかな。

丸代
神奈川県藤沢市江の島1-4-19
TEL : 0466-26-4701
営業時間 : 8:00~18:00
定休日 : 水曜日

イルキャンティ・ビーチェ(江ノ島・神奈川県)

2006年07月04日
20060621085637.jpg

江ノ島付近に行かれた方ならおなじみのトラットリア。イル・キャンティ・チェーンのお店は中部圏・関西圏・関東圏などに数十店舗あります。

昼定番のビールを注文
コロナ
コロナ 788円

イル・キャンティ枝豆
枝豆キャンティスタイル 756円
ニンニクとトウガラシをオリーブオイルでいため、ゆでた枝豆を加え、
塩コショウで味付けをして、パルミジャーノを振りかけたもの。

イルキャンティピザ
ナポレターナ 1,386円 トマト・アンチョビ・チーズがのったピザ。
Mサイズを注文。直径は20センチほどとちょっと小さめ。ほかにL・LLサイズがあります。本場イタリアのピザとは違い、もっちりとかパリッという食感はあまりない膨らみの少ない薄い生地。日本のイタリアンピザという感じでしょうか。

店内には、なぜかグロテスクなタコが描かれた柱が。。。

イル・キャンティタコの絵
窓が大きく開放的。江ノ島を見渡せてとっても気持ちのいいお店です。

テラス席はペット同伴可能なので、ワンちゃん連れのお客さんでいっぱいでした。

イル・キャンティ店内


IL CHIANTI BEACHE
イルキャンティ・ビーチェ
神奈川県藤沢市片瀬江ノ島海岸2-20-3
0466-26-0234

芳泉荘(吉奈温泉・静岡県)本館編

2006年07月03日
20060626112848.jpg
本館を紹介します。
20060626112946.jpg
本館に上がってまっすぐ行くとトイレとお風呂。左が卓球場。

20060626113037.jpg
突き当たり右がトイレ、左が本館お風呂(後日更新)

20060626113117.jpg
廊下左は湯上りどころ。冷たい水も飲めます。

20060626113338.jpg 20060626113510.jpg

レトロなもので揃えられています。
もう一息でステキなお休み所になるんだけどなあ。特にテーブルクロスの柄がね。白いテーブルクロスの方がいいと思うけど。大きなお世話ですね。

20060626113159.jpg
朝は無料でコーヒーが飲めます。

20060626113625.jpg
新しくなった本館トイレ 今まで使ったことがなかったので、どう変化したかよく知りません。

20060626113705.jpg
本館トイレ内部 レトロな小物も飾られています。

20060626113815.jpg
本館のイメージを壊さないように改築されてます。

20060626113853.jpg
シャワートイレ完備

20060626113939.jpg
本館入口のすぐ横にある階段 
本館は2階建てです。大勢で宿泊した場合、この2階で皆で食事が出来ます。

20060626114041.jpg
階段横のレトロなスイッチ 現役です。

20060626114113.jpg
卓球場入口 このガラスが壊れたら同じ物は無いだろうな~、ちょっと心配。

20060626114146.jpg
卓球場全景 奥にはピアノ。これがあとで大変なストレスになるとは・・・

20060626114222.jpg
「しゃべる最新式マッサージチェアー」もあります。無料で利用できます。

20060626114312.jpg
フォトジェニックな卓球場 

20060626114340.jpg
卓球場の奥 こんなソファー、家に欲しい。
我が家に置く場所はありません。(by♂)

20060626114443.jpg 20060626114512.jpg
本館はレトロな物で埋め尽くされてます。
20060630163414.jpg
アンティーク好きにはたまらないかもしれません。

20060626114555.jpg


本館風呂編につづく・・・

新江ノ島水族館(江ノ島・神奈川県)

2006年07月02日
人とイルカのコラボレーション・ショー「ドルフェリア」 を見に行きました。
20060626112113.jpg


最初はイルカのショーを楽しみにしていたのですが、出てきたのはダンサーのお姉さん達。
20060626112013.jpg

しばらく踊っているのを眺め、やっとイルカの出番となりました。今まで見てきたイルカショーとは違い、あまりジャンプしたりしません。なんだか期待はずれ。。。
20060626112044.jpg
イルカちゃんたちを見ている時間よりお姉さん達を見ている時間が長い。

20060626112209.jpg
少ないチャンスを出来るだけのがさないように撮影にチャレンジ。

20060626112251.jpg
もうフィナーレ?
どこからイルカが出てくるかわからず、あまりいい写真が撮れませんでした。

でも実は水族館の売りは、イルカショーではなくクラゲなんです。

クラゲの種類や知識に関してはトップクラス。他の水族館では答えられない難しい質問にも正確な答えをいただけました。しかも質問用の窓口もあり万全の体制。

お子さんの夏休みの自由研究などでも、きっと大活躍することでしょう。

20060626112512.jpg
クラゲの種類も豊富。実際見ると、とても幻想的でした。

新江ノ島水族館
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1 0466-29-9960 
入場料: 大人(中学生以上)2,000円 子供 (小学生) 1,000円 幼児(3歳以上) 600円
※お近くにお住まいの方は年間パスポートが断然お得です。
営業時間:通常 9:00~17:00 (季節により変動あり)
http://www.enosui.com/

じゃじゃおいけん(三軒茶屋・東京都)

2006年07月01日
盛岡三大麺のひとつ「じゃじゃ麺」の専門店。仙台以南で唯一盛岡じゃじゃ麺を食べられるのはここだけだそうで。秋に予定している岩手旅行の予習をかねて行ってみました。

20060627100856.jpg

お店はカウンターのみ。全7席なので、すぐに満席になってしまいます。
1人客のリピーターが多く、みなさん黙々とじゃじゃ麺を食べてます。
騒がしいのは2人だけ。

♂は大盛り(700円)を、♀は中盛り(600円)を注文。他に小盛り(500円)、特盛り(820円)、トリプル(1200円)があります。

で、じゃじゃ麺の写真ですが・・・・
混ぜてから写真を撮っていないことに気づいたんです。
カメラは♂の首にかかったまま。
「あんた何やってんのよ!」と♀は♂を責めまくり(´;ω;`)

美味しそうな物を見るとつい我を忘れちゃうんですな~(by♂)

最初に撮った写真が↓です。
20060626201808.jpg
じゃじゃ麺には、きゅうり、摩り下ろしたしょうが、ねぎ、肉味噌がのってます。
※盛り付けの状態をご覧になりたい方は、店のホームページをご覧ください。

じゃじゃ麺を混ぜてお好みでラー油・お酢・ニンニクを加えます。
そのままでも十分美味しいのですが、ニンニク多めのの方がさらに美味しくなります。

20060626201845.jpg
テーブルに置かれているニンニク 緑色なのね。

さっぱり系がお好みの場合は酢を多め、辛いのがお好みの方はラー油を多めと好みに合わせて自分で味付けをしていきます。

9割ほど食べたら、カウンターにある生卵を割り混ぜます。(盛岡の人は全部食べてから卵を入れますが、東京の人の場合麺を少し残す方が良いらしいです)その状態が↓です。
20060626201926.jpg
次に「チータンタン」(80円)を注文すると、ご主人が麺の茹で汁を加えてくれます。

20060626201953.jpg
すると卵スープの出来上がり。お好みで塩・コショウ・肉味噌を加えます。

20060626202019.jpg
2人とも完食。ごちそうさまでした。麺は残さない方が良かったと意見が一致。

ひとつの料理で何度も味わいが変わるとは実に面白い麺。
じゃじゃ麺は3回食べないと自分の味が見つからないとか。

秋に本場盛岡の「白龍」(パイロン)のじゃじゃ麺と食べ比べてみる予定なのでお楽しみに。

元祖盛岡じゃじゃ麺専門店 じゃじゃおいけん
東京都世田谷区上馬1-33-11 03-3418-5831
東急田園都市線三軒茶屋駅南口徒歩6分
営業時間 11:30~14:30、17:30~23:00
定休日 火曜定休、年末年始、お盆休業
http://www.jyajyaoiken.com/
 | HOME |