源氏(三島駅前・静岡県)

2006年04月30日
伊豆に行ったときに立ち寄った和食屋さん。
三島駅前にあります。ごく普通のお店ですが、
入ったとたん、♂の目が変わりました。

というのも・・・

みーちゃん
看板猫ちゃんがいたから。
名前はミーちゃん(だったと思う)
おじいちゃん猫です。
あいにく写真では寝ていますが、入店するとき、
ゴキゲンで対応してくれました。
とても人懐っこい猫ちゃんです。

ミーちゃんアップ
たぶんこれはウソ寝です。
カメラをしまったとたん。顔を上げて答えてくれたからね。


で、肝心の食事は、
そばセット
桜エビかき揚げそばセット1,200円
(そば・桜エビのかき揚げ・小鉢・漬物・ご飯)

源氏かきあげ
かき揚げアップ

平日に行ったので、サラリーマンでいっぱい。
そのヨコでビールをグイグイの飲んだのは快感でした。

源氏全景


源氏
営業時間 11:00~21:30
住 所 三島市一番町15-22
電 話 055-975-0882
http://www.genji-mishima.com/

水上山荘(谷川温泉・群馬県)部屋露天編

2006年04月29日
Aタイプ「辛夷」の部屋露天を紹介します。

辛夷部屋露天1

辛夷部屋露天洗い場
温泉はすべて源泉100%賭け流し。
案内してくれた仲居さん、「温泉飲んでもいいですよ」と。
部屋露天でこんなこと言われたの初めてです。
2人して入浴しながら、がぶがぶ飲んでしまいました。(^o^)/
しかも適温なんです!
温度の違う3つの源泉をブレンドしているとのこと。

辛夷部屋露天窓閉め
部屋露天は、窓の開閉が可能。
温まってから、窓を開けます。

辛夷部屋露天窓開け
部屋露天からも谷川岳がくっきり。
(無理な体勢で撮っているので写真が斜めになってますが、
湯船にある石の椅子に座ると真正面に谷川岳が見えます)
谷川岳を眺めながら温泉に浸かっていると
時がたつのを忘れ、つい長湯してしまいます。。。

が・・・
辛夷部屋露天窓右
右側をみると窓が!
でも人影は一切見ませんでした。
もしかすると締め切っているのかもしれません。
だんだん慣れてきて途中からは気せず入浴。
それに湯に浸かってから窓を開ければ大丈夫。

辛夷アメニティー
アメニティーは普通にそろっています。タオルには刺繍。

辛夷洗面
洗面兼脱衣所 (椅子・ドライヤーあり)

辛夷バスタオル
クローゼットにバスタオルと丹前・浴衣・足袋がそろってますが、
脱衣所にもバスタオルとバスローブがあります。
どこの宿にもバスローブを置いてほしい。

大浴場編につづく・・・

たけのこづくし(♀の料理)

2006年04月28日
♂の実家から大量のたけのこが送られてきたので
「たけのこづくし」にしてしました。

20060427181816.jpg
2人だけなのにこんなに!

若たけ椀
20060427181852.jpg
穂先を使用。わかめと合わせて。

たけのこの土佐煮
20060427181953.jpg
だし・酒・みりん・しょうゆ・砂糖で汁気がなくなるまで煮て鰹節を加えたもの。

たけのこごはん
20060427182034.jpg
「たけのこ」の下部のみを使用。油揚げを加えてコクを出して。なんか不味そうな写真。(´;ω;`)

とても2人では食べきれない量ですが、
すぐに使わないとえぐみが出るので、無理やり料理しちゃいました。
しばらく「たけのこ」は見たくない。。。

♂の感想
若たけ椀⇒薄味ながら、出汁の風味とたけのこの香りが季節を感じる。
たけのこの土佐煮⇒木の芽の香りもよく、味付けもちょっと甘辛い僕好み。
たけのこごはん⇒写真には木の芽が乗っているが、僕のには乗っていなかった。何故(゚Д゚)?
たけのこごはんと土佐煮は、まだ一杯残ってます。_| ̄|○

注)実は♀は大の料理嫌いなんです。
これからも料理を続けられるよう励ましのコメントお願いします。(;´ω`)ノ

芳泉荘(吉奈温泉・静岡)ぼたん編【再掲載】

2006年04月27日
芳泉荘は「さくら」「ぼたん」「はぎ」の3部屋のみの温泉宿。
部屋はすべて露天付の離れでとても静かです。
かなり古いので、好き嫌いが分かれるお宿でもありますが、
我が家は、はまってしまいました。

で、今回ご紹介するのは「ぼたん」の部屋。
ぼたん玄関
こちらは玄関。懐かしい感じがします。
トトロやサザエさんに出てくる家のよう。

ぼたん廊下
廊下。右側に独立した部屋が3室ならんでいます。
突き当りが内風呂、左側にトイレが2つあります。
(和式と洋式シャワートイレ)
内風呂はステンレス製の風呂を木で覆った作り。
家と同じようなお風呂ですが、
蛇口をひねれば温泉がでます。(シャワーも温泉)

ぼたん手前の部屋
一番手前の部屋。ここで食事をします。

ぼたん真ん中の部屋
真ん中の部屋。ここが寝室になります。
すべて部屋が独立しているので、
食事の用意をしてもらうときにも気にせず、
好きな格好で寝転がっていられます。
布団は最初から敷きっぱなしで、チェックアウトまで
そのまま。小さめのテレビがあります。

ぼたん奥の部屋
一番奥の部屋。ここでチェックインをします。
大きいテレビ、DVDがあります。
ソフトはないので、見たい作品がある方はDVDを持参して下さい。
冷蔵庫は自己申告制。
この部屋には2畳ほどの次の間(洗面付)があり、
その外が部屋露天になっています。

ぼたん部屋露天
部屋露天。
芳泉荘のお風呂はすべて加水・加温・循環なしの源泉賭け流し。
洗い場(シャワー)はありませんが、
内風呂があるので、必要は感じませんでした。


「ぼたん」からは眺めは望めませんが、
それぞれ部屋が独立しているところが良い点ではないでしょうか。
しかも寝室が直接川に面していないので、
とても静かに寝ることができます。
音に敏感で眠れないという人向けかな。
ちなみに我が家には関係ないけれど。。。

檜の宿 水上山荘(谷川温泉・群馬県)お部屋編

2006年04月26日
ロビーでチェックインを済ませると仲居さんが部屋まで案内してくれます。
気さくで手際のいい仲居さんでした。

辛夷
泊まったのはAタイプの露天付客室「辛夷」(コブシ)

水上山荘客室
部屋は10畳の和室に4.5畳の次の間 

辛夷次の間
次の間には二人並んで座れる掘りごたつがあります。
部屋の眺めもロビーとほぼ同じ。
コタツに入りながら谷川岳を眺めると幸せな気分になります。w(゚∀゚)w

辛夷窓の外
さらに目を下にやると、川と庭も見え、雪景色。
動物の足跡がいくつかありました。

辛夷お茶請け1 辛夷お茶請け2

辛夷お茶請け3 辛夷お茶請け
お茶請け すべて手作りかもしれません。とても素朴な味。

辛夷冷蔵庫
部屋の冷蔵庫 自動課金システム

辛夷玄関 辛夷玄関入って
部屋の玄関 
部屋に入って正面が和室。
右側にトイレ(シャワートイレ)と部屋露天があります。
和室からは露天は見えないので、親子連れや友達同士でも隠さずに済みます。

部屋露天編につづく・・・

にんにくの芽炒め(♂の手料理)

2006年04月25日
♂の手料理シリーズ第2弾は、今が旬のにんにくの芽を使った料理です。
手間もかからず、短時間で美味しく出来ます。

20060416125209.jpg


材料
・にんにくの芽 一束
・豚スライス(牛でも鶏でも可)100g
・舞茸 1パック
・下味用調味料
 醤油、酒、みりん
・片栗粉
・オイスターソース
・塩、コショウ

作り方
①豚肉を下味用調味料に浸ける
②にんにくの芽を食べやすい大きさに切り、軽く塩茹でする。(1分程度)
 ※お急ぎの場合は茹でなくても大丈夫です。
③①に片栗粉をまぶし、フライパンで7割くらい火を通し、一旦取り出す。
④舞茸と②を一緒に炒め、火が通ったら③を入れる。
⑤オイスターソース、塩、コショウで味を整えて完成。

にんにくの芽に火を通しすぎると歯ごたえが無くなってしまいます。
豚肉に片栗粉をまぶすときに水分をきちんと取ると、カラッとした仕上がりになります。

♀の感想:すごく美味しかった。結構お気に入り。残念だったのはニンニクの芽の歯ごたえがあもう少し欲しかったこと。(好みにもよるけど)下茹ではいらないかも。

檜の宿 水上山荘(谷川温泉・群馬県)チェックイン編

2006年04月24日
日本温泉協会で「温泉5つ星」に認定されている宿、
水上山荘に行ってきました。

水上5号
上野駅から水上5号に乗って水上駅下車。
駅に宿の車が迎えに来てくれます。

水上山荘全景
宿に到着。

水上山荘入口の温泉
玄関先では温泉が流しっぱなし。
温泉を自由に持って帰れます。
でも車で来ないと、無理です(;´ω`)ノ

水上山荘玄関
玄関に入ってすぐ椅子が置かれてます。
年配の方、子連れの方にはうれしい。

水上山荘ロビーへ
さらに奥のロビーへ行くと・・・

谷川岳の眺め
いきなり目に飛び込んできたのが、この景色。
すっかりノックアウトされてしまいました。
手ぶれ補正なしの安コンデジで撮ったので、
よさが伝わらないのが残念。

水上山荘ロビー2 水上山荘ロビーからの眺め
谷川岳を眺め、お茶を飲みながらロビーでチェックイン。

お部屋編につづく・・・

オリジンーヌ・カカオ(自由が丘・東京都)

2006年04月23日
自由が丘のスイーツフォレストにあるチョコ専門店。
高級チョコのほかチョコケーキが豊富なお店です。
今回3つのケーキを購入しました。

20060413173611.jpg
ノーブル 320円
チョコレート、クリーム、ヌガーが層になっていて、サクサクの食感。
3つの中で一番甘め。

20060413173648.jpg
ケッツァ 530円
苦味の利いた、甘さ控えめのちょっと大人のチョコレートケーキ。
3つの中では一番濃厚な感じ。ブラックチョコレート系かな?

20060413173741.jpg
ヴォルカン380円
中は固めのチョコレートクリーム。外の生地とのマッチングがいい。

チョコ専門店なだけに、どれもカカオ風味が豊か。
一番好きなのはケッツア。♀

20060413173834.jpg

オリジンーヌ・カカオ
東京都目黒区緑ヶ丘2-25-7 「ラ・クール自由が丘」
http://www.jiyugaoka2.jp/~sweetsforest/floor04.html

22日の芳泉荘が消えてしまいました。

2006年04月22日
ここのところ、ブログの調子が悪いようで、
21日から22日まで不安定になったり、
22日に更新した「芳泉荘・ぼたん編」のデータも
今朝(23日)ごっそりなくなってしまいました。(;´ω`)ノ
復活しないようでしたら、
再び「芳泉荘・ぼたん編」を更新する予定です。

ディー・カッツェ(新宿御苑・東京都)

2006年04月21日
日本の「元祖 猫カフェ」ともいえるお店です。
入場料を取る形式ではなく、食事はもちろん、お酒も飲めます。
私たちはお昼定番のビールを頼みました。

20060413110328.jpg
こちらは「テンチョウ」さん。
一眼レフなら、カメラ目線になってくれます。
普通のコンデジだとレンズが人の目に見えて、
にらまれているような感じになるそうです。

20060413110342.jpg
♂が注文したのは「タンシチュー」のランチセット(サラダ・ドリンク付)

20060413110351.jpg
♀が注文したのは「ビーフシチュー」のランチセット(サラダ・ドリンク付)
写真で見るとビーフシチューとタンシチューの区別がつきませんね。(^^;;

20060413110316.jpg
私たちが行ったときは、空いていました。
といのもWBCのキューバ戦があった日だからなんです。
ちょうど真っ最中かな。でも家に帰ってもまだ8回裏でしたけど。

ディー・カッツェ
東京都新宿区新宿1-19-8 サンモール第7ビル202
03-3352-5510

今後の更新について

2006年04月20日
夫婦のお気に入りの宿、芳泉荘。
早く紹介したかったのですが、
写真の出来が悪かったため、アップするのをためらっていました。
また近々再々訪して、撮影し直す予定も入っています。

今後の予定は、水上山荘・芳泉荘・グルメ・料理・猫情報を
気ままにアップしていくつもりです。

ちなみに撮影し直す前の芳泉荘の写真に付きましては、
写りがかなり悪いことをご了承ねがいます。m(_ _)m

招福門(横浜中華街・神奈川県)

2006年04月20日
久々にフカヒレが食べたくなって「招福門」に行ってきました。

20060413172035.jpg
店の前は長蛇の列。2階の点心食べ放題の列と分かりひと安心。
フカヒレコースは6階で頂きます。

注文したのは、フカヒレ三昧コース5,250円
2,000円台のランチメニューもありましたが、ちょっと奮発。
ランチメニューとは違って、フキンや箸置きがいいものになり、
取り分けもお店の方がやってくれます。

20060413172150.jpg
フカヒレのカルパッチョ 前菜の盛り合わせ

20060413172255.jpg
蟹爪とフカヒレの姿入り澄ましスープ
写真ではフカヒレは見えませんが、ちゃんと入ってます。

20060413172329.jpg 20060413172355.jpg
フカヒレのXO醤煮 蒸しパン添え※クリックすると拡大します。

20060413172425.jpg
大海老のマヨネーズ和えとフカヒレの卵白炒め 

20060413172453.jpg
フカヒレ入り中華風茶碗蒸し

20060413172545.jpg
椎茸蒸しフカヒレソースかけ

20060413172652.jpg
フカヒレ入り五目炒飯

20060413172718.jpg
杏仁豆腐

2人の感想

♀ もっと太いフカヒレが食べたかった。

♂ フカヒレ三昧で、ちと飽きた。

招福門
神奈川県横浜市中区山下町81-3

古桑庵 (自由が丘・東京都)

2006年04月19日
自由が丘にある純和風カフェ。
古桑庵1
以前友人と行ってからこのカフェのファンになった♀。
嫌がる♂を無理やり連れて行ったら、逆に気に入ってしまいました。

20060413104306.jpg 20060413104319.jpg
雰囲気のある内部

20060413104337.jpg
注文したのは抹茶オーレ(和菓子付き 800円)

20060413104252.jpg
古い民家のお座敷にあがって庭を眺めてお茶をいただけるなんてステキです。


古桑庵
東京都目黒区自由が丘 1-24-23
TEL. 03-3718-4203
OPEN 11:00~18:30 水曜定休

豚の角煮(♂の料理)

2006年04月18日
♂の手料理シリーズ第1弾は、「豚の角煮」

角煮大皿


♂は料理教室に通ったことがないシロウトですが、
ほぼ毎週末、料理します。
作り方は♂が紹介します(BY ♀)

♂です。色々と試した中で一番美味しく出来た作り方です。

材料:4~5人分
・豚ばら肉:1kg
・長ネギ:1本
・しょうが:1かけ(直径3cm程度)
・八角:2~3個
・ゆで卵:人数分
・日本酒:鍋に肉を入れてひたひたになる程度
 ※料理酒ではなく、安くて良いので飲めるお酒がおすすめです。
・しょう油:大さじ3杯
・砂糖:大さじ2杯

作り方
20060414122053.jpg ①豚肉の表面に焼き目をつける。
  強火で、脂身から焼いてください。
 


角煮作り方2 ②焼いた豚肉を鍋に入れ、お酒を入れる。
 ③長ネギの青い部分、スライスしょうが、八角を入れる。
 ④そのまま2~3時間煮込む。
 ⑤③を取り出す
 ⑥ゆで卵、しょう油、砂糖を入れ、さらに1時間煮込む




完成!!

20060414122150.jpg


味付けは上手く出来たと思うが、もっと脂抜きが必要かも..
次回、おからを使うことを検討中

♀の感想:トロトロでおいしかった。
これは♂の腕がいいのか、はたまたがよかったのか疑問が残るのでした。

地獄谷野猿公苑(地獄谷・長野県)

2006年04月17日
温泉に入るサルで世界的に有名な野猿公苑。
外国からの観光客が大勢います。
訪れた日は雨こそ降りませんでしたが、
曇りがちで写真の出来がいまひとつでした。(´・ω・`)
新緑が美しく子供が生まれる5月が撮影にはベストシーズン。

20060413094354.jpg
アップ

20060413094422.jpg
なすがまま

20060413094434.jpg
飲泉してる!

20060415104728.jpg
くつろぐ

20060413094513.jpg
ぬれていてもすぐ乾きます


地獄谷野猿公苑
長野県下高井郡山ノ内町地獄谷
入場料:大人500円 子供250円
※最新情報等はご確認ください。

地獄谷温泉へ (長野県)

2006年04月16日
上林温泉から歩いて地獄谷温泉に向かいました。

20060412120907.jpg
道はほとんど平坦ですが、全く舗装されていません。
訪れたのは3月。
雪が残り凍っているところもあれば、ぬかるんでいるところもありました。
※泥はねがひどいので、ヒールのある靴やスカートで歩くのはお勧めしません。

20分ほど歩くと、地獄谷温泉の一軒宿「後楽館」が見えてきます。

後楽館が見える

さらに直進すると天然記念物の大噴泉があります。

天然記念物の噴泉
大噴泉に向かって左側にある橋を渡ると後楽館、
右側にある階段を上っていくと地獄谷野猿公苑入口。

昼食をとるため、後楽館に立ち寄ることにしました。

後楽館への橋
橋の向こうが後楽館。前にサルが歩いてます。

後楽館入口
後楽館入口 
サルのフンがかなり落ちています。
宿の方に声をかけ、名物のちまきを注文。

後楽館ちまき
5個で630円。きな粉をつけて食べます。

お腹が空いていたので、貪りついていたら--


窓辺のサル
物欲しげなサルが覗いてました。
サルに見つめられながら、ちまき完食。

後楽館全景
後楽館の全景(野猿公苑入口から撮影)
写真下の煙は大噴泉。
後楽館の混浴露天風呂(写真右下)は丸見えなので、
日中女性が入浴するには勇気が必要です。

後楽館をあとにし、地獄谷野猿公苑へと向かいます。
地獄谷野猿公苑につづく・・・

地獄谷温泉 後楽館
長野県北下高井郡山の内町地獄谷
電話:0269-33-4376
http://www.mountaintrad.co.jp/jigokudani/

湯宿 せきや(上林温泉・長野県) 朝食・感想編

2006年04月15日
夕食同様、大人数のグループがいるということで、
部屋の6畳の和室で頂きました。

20060410153812.jpg
朝食 女将さんにご飯をよそってもらいました。
いつも自分でやるから、なんかウレシイ。

※写真をクリックすると、拡大します。
20060410153956.jpg 20060410154007.jpg

20060410154014.jpg 20060410154023.jpg

20060410154047.jpg 20060410154102.jpg

20060410154119.jpg 20060410154134.jpg

20060410154148.jpg 20060410154259.jpg

20060410154310.jpg

布団はチェックインまで10畳の和室にひきっぱなしだったので、
最後までのんびり出来ました。

二人の感想

露天付客室 平日2名宿泊料金で、1名17,850円。
はっきり言って破格です。
バスタオルが一枚とか、アメニティーが普通でも、
この値段では文句は言えません。
同じレベルで箱根や伊豆に行ってたら、2万は軽く越えてしまうでしょう。
残念なのは、夜中他のお客さんの話し声が響いて
目が覚めてしまったこと。宿の作りの問題なのかな?
コストパフォーマンスの良さは今まで訪問した宿の中でもトップクラス。
今度は季節を変えて再訪するつもりです。

上林温泉 湯宿せきや(じゃらん)
長野県下高井郡山之内町上林温泉
http://www.yuyadosekiya.com/

湯宿 せきや(上林温泉・長野県) 館内編

2006年04月14日
「湯宿せきや」の館内をご紹介します。

20060410152212.jpg
フロント 左側は売店とロビーです。

20060410152319.jpg
ロビー 奥が玄関になります。

20060410152427.jpg
渡り廊下 ここを渡った左側が遊季亭入口。

20060410152537.jpg
渡り廊下

20060410152620.jpg
遊季亭入口 遊季亭は全部で4部屋。
私達が泊まった「春風」は2階に上がったところにあります。

20060410152724.jpg
新しく出来たオーディオルーム かなり雰囲気がいいのですが、利用している人は見ませんでした。なんだかもったいない。

次回は「湯宿 せきや」最終回 朝食・感想編につづく・・・

湯宿 せきや(上林温泉・長野県) 夕食編

2006年04月13日
本来夕食は食事処で頂くのですが、大人数のグループがいるということで、部屋出しになりました。 食事の仕度は、女将さんと仲居さん数名が一斉にやってきてセットします。かなり手際が良く、ちょっとびっくり。

20060410150104.jpg
最初にセットされた夕食

20060410150144.jpg
前菜

20060410150300.jpg
お造り

20060410150342.jpg
サラダ

20060410150415.jpg
馬刺し 美味しかったo(^◇^)o

20060410150514.jpg
信州牛のすき焼き
りんごを食べて育った牛だそうで、非常にやわらか

20060410150559.jpg
ハマグリとハモの土瓶蒸し
まさか冬の長野県で食べるとは・・・。

この後は1品ずつ配膳されます。

20060410150706.jpg
ニジマスのホイル焼き

20060410150747.jpg
山菜の天麩羅 さっくり熱々。

20060410150819.jpg
ホタテのソテー

20060410150854.jpg
煮物

20060410150927.jpg
焼きおにぎりのお茶漬け 家で真似したい。

20060410151014.jpg
デザート
お腹一杯だったので、女将さんの勧めで、
部屋の冷蔵庫に入れて、あとから食べました。

全体的に満足。冬の長野で地の物というのも限りがあるから、こんな感じになるのだと思います。馬刺し、山菜の天麩羅、焼きおにぎりの茶漬けは二人とも「美味しい」と意見が一致。

館内編につづく・・・

湯宿 せきや(上林温泉・長野県)お風呂編

2006年04月12日
大浴場に向かいます。

20060410144455.jpg
廊下から見た内風呂の入口

20060410144526.jpg
女性用内風呂の脱衣所
♀の姿が鏡にうつってしまったので少々写真は小さめ。
男性用の脱衣所も同じ作りです。

20060410144545.jpg
女性用内風呂
こちらは部屋露天と違い、温度調整のため循環賭け流し。
塩素が入っているようです。
(臭いはありませんが、♀の手の甲が少々カサカサになりました)
男性内風呂も同じ作りです。

20060410144620.jpg
露天風呂の脱衣所
露天は2箇所あるのですが、他のお客様が入浴していて、
1箇所しか撮影できませんでした。(;´ω`)ノ
数人で一杯になります。
ドアを開けられると、廊下から丸見え。
ドキドキしながら、入りました。

20060410144632.jpg
露天風呂
それほど大きくなく、4~5人はいれば一杯になります。
もうひとつの露天とは隣あわせなので、声が筒抜け。
カランはありません。2箇所の露天は男女入れ替え制です。

20060410144642.jpg
貸切露天入口
大浴場前の廊下から外に出て、貸切露天に向かいます。
こちらはチェックインの時に予約します。
時間制限が30分なので人によってはあわただしいかも知れません。

20060410144652.jpg
貸切露天
脱衣所もそのまま外なので、寒いです。カランはありません。
湯船は深めですが、座るところがあるので快適。
夜はライトアップされていて、雰囲気満点です。
もう少し貸切の時間が長ければゆったり入れるのに・・・。残念。

夕食編につづく・・・

湯宿 せきや(上林温泉・長野県) お部屋編

2006年04月11日
長野駅から急行志賀高原行きバス(冬季のみ)に乗り、
上林温泉入口で下車、急な坂道を登っていくと「湯宿 せきや」に到着します。

20060410142603.jpg
規模も大きくなく、いい感じの宿

20060410142629.jpg
宿泊したのは、露天付客室遊季亭「春風」

20060410142640.jpg
和室6畳+和室10畳+次の間4畳
写真突き当たり左側の扉を開けると洗面所があります。

20060410142651.jpg
大きいテレビ!

20060410142705.jpg
部屋には最新式のマッサージチェアーがあります。
ひじから先もマッサージできて、気持ち良かったです。
交代で何度も使用してしまいました。

20060410142715.jpg
洗面所
向かって右が部屋露天、左側にトイレがあります。
(トイレはUPしませんでしたが、清潔なシャワートイレ)
アメニティーは歯ブラシ・ブラシ・シャワーキャップ・カミソリ・タオル
バスタオルはひとり1枚のみ。浴衣・丹前・足袋が揃えられています。

20060410142728.jpg
部屋露天
湯船は家のお風呂とほぼ同じ大きさ。
源泉賭け流しですが、高温なのでかなり加水してしまいました。
シャンプー・リンス・ボディーシャンプーがあります。

20060410142737.jpg
部屋露天からの眺め(部屋からもほぼ同じ)
部屋露天は窓の開け閉めが出来ないので、冬はかなり寒いです。


20060410142755.jpg
部屋からの眺め(反対側の窓)

新しくて清潔、二人で宿泊するには贅沢な作りです。
ここと同じような露天付客室(遊季亭)は他に3室。
離れの深山亭が1室あります。

お風呂編につづく・・・

Buono Buono (有楽町・東京都)

2006年04月10日
バブル時代から行き続けているリストランテ&バーです。
接客・客質共によく、都心でありながらスペースにゆとりがあるので、
落ち着いた雰囲気。

今回注文したのは、ランチメニューの炭火焼コース。

アンティパスト・パスタ・セコンドピアット・ドルチェ・パーネ・カフェのセットで 2,625円
(アンティパスト、パスタ、セコンドピアット・ドルチェは好きなものを選べます)

20060410093340.jpg
お昼なのでとりあえずビールで乾杯。

20060410093351.jpg
パーネ(パン)

《アンティパスト》

20060410093415.jpg
♂の注文「グリーンサラダとなすのサラダ」

20060410093359.jpg
♀の注文「キノコソテーと白インゲン豆のブレア」
ブレアとはピューレのこと。ブレアは結構お気に入り。

《パスタ》

20060410093425.jpg
♂の注文「サーモンのブロッコリーのスパゲッティーニ クリームソース」


20060410093439.jpg
♀の注文「牛肉とセロリのラグーソースで和えたコンキリエ」
コンキリエとは巻貝のような形のパスタのこと。

《セコンドピアット》

20060410093449.jpg
♂の注文「牛ロース肉の炭火焼 ベリーソース」
ベリーソースは、ちょっと...

20060410093515.jpg
♀の注文「本日の鮮魚の炭火焼 小海老ソース」
(鮮魚を選ぶと+1050円)
正直、お肉よりお魚の方が美味しいかな・・・

《ドルチェ》

20060410093528.jpg
二人ともチョコレートケーキ

量、質、味と三拍子揃ったランチメニューです。
今回登場しませんでしたが、生パスタもお勧め。

※上記はあくまでも個人的意見なので、参考程度に考えてください。

20060410093547.jpg


Buono Buono
中央区銀座4-1-2 西銀座デパート 2F
03-3566-4031
http://www.mikasakaikan.co.jp/e_bounob.html

都内桜スポット

2006年04月09日
最初の更新なので、今年撮影した桜の写真をとりあえずUPします。

20060409201320.jpg
千鳥ヶ淵にて撮影

20060409194931.jpg
池上本門寺にて撮影

20060409201122.jpg
新宿御苑にて撮影

明日より、写真を中心にお出かけレポートをお送りしていこうと思ってます。(が、まだ、使い方を把握してません)
 | HOME |