カフェレストラン paomu (軽井沢・長野県)

2008年05月07日
旧軽井沢で目に止まったカフェに入ってみました。

ランチタイムで屋内席は満席でしたが、
テラス席が空いていたので、お茶することに。

テラスに座っていると、
お店の方が「冷えてきますので、どうぞ」と言って、
ブランケットを持ってきてくれました。さらにヒーターまで。
お店の方は、笑顔を絶やさず色々気遣ってくれます。

歩いていると汗ばむくらい暖かい日でしたが、しばらくすると確かに冷えてきます。
ここは都内ではなく軽井沢。ブランケットはありがたかったな。

縮小KICX0520edi 縮小KICX0521edi
ブレンドコーヒー525円

縮小KICX0525edi
極味ロールケーキ 473円
スポンジがもっちりとしたロールケーキ。

縮小KICX0517edi
軽井沢プリンセット(飲み物とセット)840円
この写真だと判りにくいですが、しっかりとした正統派のプリン。濃厚。
「浅間高原牛乳、特選生クリーム、ヨード卵の卵黄を贅沢に使い、
デリケートなオーブン温度で出来上がった、究極のプリンです。」とHPに説明がありました。

縮小KICX0529edi
これはサービス品 
お客さんの感想などを聞いているみたい。。。
オフシーズンの方がいいサービスが受けられるのかも。

地方からの観光客で旧軽井沢の通りはにぎやかだけけど、
なんとなくマッタリできました。

縮小KICX0535edi


カフェレストラン Paomu(ぱおむ)
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢806-2F
0267-42-8061
http://www.paomu-karuizawa.com/index.htm

星野温泉(軽井沢・長野県)

2008年05月01日
せっかくなので星野温泉に行って見ました。

縮小PICT0132
軽井沢駅からは無料送迎バスが出ています。

縮小PICT0143
30分くらいで星野温泉に到着

縮小PICT0134
てくてく歩くと、村民食堂が見えてきました。

縮小PICT0149edi
お腹が空いたので昼食にしましょうか。

縮小KICX0490edi
メニューは昔のノートを模したもの。若い人は喜ぶのかな?

縮小KICX0497edi
とりあえず定番のビール(ジョッキ 650円)(グラスで550円)

縮小KICX0510edi
軽井沢そばセット 1,230円  山菜おこわ・漬物・デザートつき

一応1品ずつ写真 ※クリックすると大きくなります。
縮小KICX0501edi 縮小KICX0502edi

縮小KICX0503edi 縮小KICX0507edi

縮小KICX0508edi


縮小KICX0513edi
ぶっかけそば 1,050円
温泉卵・ネギ・のり・鰹節と一緒にかき混ぜて食べます

日帰りの観光スポットなので、ご年配から家族連れまでいる庶民的なお店。
赤ちゃんの鳴き声が響き渡ったりして・・・少し洒落たデパートの食堂みたいなノリです。
村民食堂では、あの高級な宿に宿泊した人も日帰り観光客と並んで食事してました。

村民食堂
軽井沢町星の 0267-44-3571


縮小PICT0137
村民食堂の向かい側には「ピッキオ」という野鳥観察の施設があります。

縮小PICT0142edi 縮小PICT0141edi
鳥だけでなくムササビも住んでいるとか。

村民食堂のとなりには星野温泉の温泉施設「トンボの湯」があります。
縮小PICT0138
早朝から日帰り客がどんどん入っていきます。その中に浴衣姿のお客さんも混じっています。
浴衣姿のお客さんは「星のや軽井沢」の宿泊客と思われ。。。

縮小PICT0144
浴衣姿のお客さんはこの遊歩道を歩いてきます。
結構距離があるので、雨の日は大変でしょうね。(佳留萱山荘より遠いかも。。)
観光施設もあるので、私たちのように温泉に入らずに散策している人が沢山居ますが、
その中を浴衣姿で歩くのは恥ずかしくないのでしょうか?

思ったのは星のや軽井沢に宿泊しなくて正解だということ。
高い宿泊料金を支払って日帰り客で混雑している風呂に入らないといけないんですよ。
それに佳留萱山荘のように大きいお風呂でもないでしょうからね。

軽井沢一帯の温泉は無色透明(湯の花は別です)だそうなので、
もし、温泉が濁っていると感じたら、それは汚れているということになります。
決して濁り湯ではないので、ご注意を。

縮小PICT0148
星のや軽井沢の正面玄関。高級車が続々と入っていきます。
奥にちらっと見えるだけですが、中は人工的なテーマパークのよう。
思ったよりも安っぽいかな。

本当に非日常のリゾート気分を味わうなら、
やっぱりモルディブなどの海外リゾートに行ったほうがいいと思うけど。。。

ここで1泊2食4万円以上払うよりも、
陸のリゾートなら、フォーシーズンズ・チェンマイに宿泊したいな~。
国内で温泉を楽しむなら、湖山荘に再訪するな~。



松本あめ市(長野県)

2008年02月17日
縮小PICT0130
白骨からの帰り、松本で丁度「あめ市」が開催されていました。
あめ市は毎年1月の中旬に開催されているそうです。
※詳細は松本市のHPなどで確認してください。

縮小PICT0131
あめ市の由来(白骨からのバスの中で女性の車掌さんから説明頂きました。松本市のHPでも書かれています)
 430年前、武田と対峙する今川、北条両氏は、武田領(甲斐・信濃)への塩の商いを禁止。 武田領は山国だったので、甲斐・信濃の人民は大変困っていました。 そんな時、越後の上杉謙信がこれを聞き、自領はもとより他領の商人に対して値段を上げることなく塩を送ることを命じました。1月11日はその塩が松本に到着した日として、これを記念し始められた塩市が起源といわれています。
 それが江戸時代の前半には「あめ市」となり、幕末から明治以降は「初市」と呼ばれ、近年ふたたび「あめ市」に戻り、現在に至っているそうです。


縮小PICT0128 縮小PICT0129

縮小PICT0133 縮小PICT0132
お酒やお汁粉などを無料で配っていたり、祭りの雰囲気がたっぷり。おいらん道中の行列を待っていましたが、予定時刻を10分以上たっても出てこないので、さっさとメインストリートを後にしました。手際が非常に悪い祭りというイメージ。でも無料でお酒を頂いたので満足としましょうか。


こばやし 松本駅前店(松本・長野県)

2008年01月21日
「長野県に来たら、蕎麦でしょう」と思って、松本駅前のお店を見てみると、
大半が何故だか居酒屋。あまりいいお店はなさそう・・・


そんな中で見つけたお蕎麦屋さんです。

縮小PICT0135edi
中に入ったら、結構お客さんがいました。
お昼時でも、全くお客さんが入っていないお店もあるから、いいほうかも。

縮小KICX9723edi
アヤは注文したのは「三味そば」 1200円

縮小KICX9725edi
ショウが注文したのは「もりそば」 1160円?
大盛りを注文しようとしたら、結構量がある(3段)との事。普通でも2段でした。

縮小KICX9721edi
蕎麦は細麺でコシがあります。薬味に大根おろしがあるのは長野の特徴でしょうか?
思ったよりも量がたっぷりあるので、二人とも満腹になりました。

こばやし 松本駅前店
松本市中央1-2-8 0263-36-1555
営業時間 11:00~24:00
定休日 無休

大久保西の茶屋(長野駅前・長野県)

2006年12月16日
20061204151248.jpg
志賀高原の帰り、長野駅前にあるソバ屋さんで食事をしました。

20061204151146.jpg
注文したのはお昼の天ざるセット

20061204151154.jpg
野沢菜ごはん?

20061204151201.jpg
馬刺し

20061204151208.jpg
蕎麦の実山かけ これは美味しかった

20061204151216.jpg
天麩羅

20061204151240.jpg
ざるそば

結構ボリュームがあって1050円だったと思います。
お徳感のあるセットでした。


大久保西の茶屋 駅前店
長野県長野市南千歳(1番街)ながの東急・東側
026-228-7377
 | HOME | Next »