さよなら芳泉荘(最後の朝食編)

2010年09月04日
P1020442.jpg
芳泉荘最後の朝食。
伊勢海老のみそ汁は前日の刺身の頭では無く
ちゃんと身の詰まった伊勢海老でした。

P1020443.jpg P1020444.jpg
P1020445.jpg P1020446.jpg
P1020447.jpg P1020448.jpg
P1020449.jpg P1020450.jpg
P1020451.jpg
この後、チェックアウト。

ご主人と女将さんからいろいろな事情をお聞きし、
本館前でお二方と記念撮影してお別れしました。

いつもなら感想を書くのですが、営業を終了してしまったお宿なので
今回は特に書くことはありません。

ご主人と女将さん、
ありがとうございました。

さよなら芳泉荘(夕食編)

2010年09月01日
P1020423.jpg
最後の夕食。

P1020422.jpg
伊勢海老、手長海老、鰺、カワハギ

P1020424.jpg
金目鯛の煮付け

P1020425.jpg
鮎の甘露煮

P1020427.jpg
桜エビ

P1020430.jpg
ところてん

P1020431.jpg
漬物

P1020433.jpg
山菜の釜飯

P1020435.jpg
フォアグラがのったステーキ

P1020438.jpg
芳泉荘名物の伊勢海老の天ぷら

P1020440.jpg
ハマグリのお吸い物

P1020441.jpg
水菓子

明らかに、以前宿泊したときよりもレベルダウンしていました。

でも、それはもう仕方がないこと・・・。

個人経営で維持していくには、もう限界が来ている。

夕食時にご主人が「詳細は明日、お伝えます」と。

※宿泊時は、ブログで廃業を公表する前。
かなり問い合わせがあったそうで、
応対だけでも大変そうでした。

さよなら芳泉荘(本館編)

2010年08月29日
P1020397.jpg
本館を最後に見学。

P1020398.jpg
この建物は残すのかな?

P1020405.jpg
動かなくなった、大きなのっぽの古時計

P1020406.jpg
この名前は別邸として残るのかな?

P1020407.jpg

P1020408.jpg
P1020409.jpg
P1020410.jpg
P1020411.jpg
P1020412.jpg
フォトジェニックな卓球場と
2階への階段入り口には幕が張られていました。

買収した会社は偽者ではなく本物のレトロを
手に入れたかったのかな?

隣の宿(「東府屋」)は、かなり取り壊されているから、
本館が今後どのようになっていくのか気になるところ。

さよなら芳泉荘(お庭編)

2010年08月25日
桜・藤・ツツジ・蛍・紅葉など
四季を感じることができるお庭。

ショウ&アヤにとっては、最後の庭散策。
P1020374.jpg
「さくら」を出たところ。

P1020376.jpg

P1020377.jpg
本館横を通り・・・・

P1020378.jpg
昭和3年に作られた橋を通ります。

P1020380.jpg
こちら側(「さくら」側)に蛍が飛んでました。

P1020381.jpg
本館側
桜が満開の時に見てみたかった。

P1020385.jpg
つつじの花が美しく咲いていました。

P1020386.jpg
折角なのでアップ。

P1020403.jpg
橋を渡りきり・・・

P1020402.jpg
藤の花が咲いたところをみたかったなあ~。

ちょっと手入れをしなくなると、
こんなに伸びるのですね。

P1020394.jpg
本館。
レトロな看板たちは健在でした。

P1020395.jpg
P1020396.jpg
P1020399.jpg
大黒様はこのままなのかな~?

自然を売り物にするであろう高級宿には
この庭が必要だったのでしょう。

だってゼロから作ろうとしたら、
時間と労力が途方もなくかかるから。

買収した会社からすれば、
お金で買えない価値も購入したのかもしれない。。。


さよなら芳泉荘(朝食編)

2010年08月22日
P1020413.jpg
1泊目の朝食
ボリューム満点で、カニのみそ汁が美味かった!

P1020414.jpg P1020415.jpg
P1020416.jpg P1020417.jpg
P1020418.jpg P1020419.jpg

P1020420.jpg P1020421.jpg
お釜で炊いたご飯はやっぱり美味。

ブランチの時間帯で朝食を頂きました。
けっこうお腹いっぱいになったので、
昼食抜きで大丈夫でした。

※2人共嫌いな納豆は外してもらいました。


 | HOME | Next »