船山温泉(山梨県) 朝食・感想編

2008年04月02日
朝食は夕食と同じ個室で頂きます。

縮小PICT0128
最初の状態
3つ鍋が並んでいます。ちょっと並べすぎ。2つが限界でしょう。

縮小PICT0138edi
1つ目は抹茶粥 二人の口に合いません。梅を入れれば、何とか食べることが出来ます。
アヤは抹茶もお粥も大好きですが、合わせるとダメです。(;´ω`)ノ

縮小PICT0142edi
2つ目は味噌汁

縮小PICT0137edi
3つ目が豆腐 おかゆと味噌汁に気を取られている間に、大変な状態になりました(;´ω`)ノ
固形燃料の火がついていても、早めに取り分けた方がいいかもしれません。
これは火にかけたままテーブルに出さず、出来たものを出した方が良いと思います。

3つも火にかけていると、お客は忙しくなります。
我が家は2人で手分けするのでいいですが、
亭主関白のご夫妻の場合、奥様ひとりが忙しくなってしまうでしょうね。

縮小PICT0144edi
前菜 
右下の山菜はしょっぱいです。作り置きのものを小分けにしただけ?

縮小KICX0366edi 縮小KICX0359edi
冷めた煮物

縮小KICX0369 縮小KICX0361edi
冷めた焼き魚           デザートは2人の口に合いませんでした。
 
縮小PICT0139edi
温泉卵


(感想)
口コミサイトでの評判がよかったので、期待しすぎた反動かもしれませんが、
私たちが再訪することは無いでしょう。

確かに「あったらいいな」と思うものは揃っているし、最長で22時間滞在出来るところは評価に値するとは思いますが、何故か居心地が悪かった。。。。。。(´;ω;`)

チェックインの後で掃除機の音が聞こえたり、マニュアルどおりの動きが目立ちすぎるスタッフだったり
常連の荷物は持つけど、私たちの荷物を持たなかったり。。。。
細かな事の積み重ねでしょうが、私たちが求める居心地の良さではありませんでした。

長時間貸切風呂を占有したり、館内を上半身裸同然で歩く常連らしき人達と遭遇しなければ
別の感想を持ったかも知れませんが、「当館のこだわり」に書かれている、
「ゆっくりと静かに休む」は残念ながら体感する事は出来ませんでした。

365日同じ料金なので、年末年始等の特別期ならコストパフォーマンスはいいですが、
他の日(特に平日)であればコストパフォーマンスがいいとは思いませんでした。

同じ価格帯の宿であれば、
春もしくは秋に「小梨の湯 笹屋」、露天付で「湯宿 せきや」に再訪するかな。

以上はあくまでも個人的な感想です。


〒409-2217
山梨県南巨摩郡南部本郷10617 船山温泉


船山温泉(山梨県)夕食編

2008年03月30日
夕食は個室の食事所で頂きます。

メニューなどの説明をした宿の方は若くて、慣れていない感じ。
手を前に組んで、暗記したマニュアルをそのまま喋ってました。

縮小PICT0049
最初の状態

縮小PICT0051edi
ジュレだと思ったら梅酒でした(;´ω`)ノ

縮小PICT0063
手前が前菜3種
・左は鯉の洗い。新鮮だけど太い骨があります。
2口ほどの少量だから、ちゃんと太い骨は取って欲しかったです。
この一品で悪夢の「四万館」を思い出してしまいました。_| ̄|○
・真ん中は、何故か納豆のようなニオイがしました。

奥にあるのが茶碗蒸し。
・具が大きい田舎の茶碗蒸し。(by田舎出身のショウ)
・器に比べると具が大きすぎたため、スプーンがささらなくて驚きました(byアヤ)

縮小PICT0060edi
岩魚の薄造りと地元産のクレソン
岩魚は新鮮だけど、小骨がやたらと多い。。。_| ̄|○
・骨があるのが普通なのでしょうか?初めて食べたので、わかりません(byショウ)
・昔食べた岩魚の刺身には、骨がほとんど無かったと思うのですが。
もうすこし丁寧に作って欲しかったです(byアヤ)
・付け合せの地元産のクレソンは新鮮で美味です。

縮小PICT0052edi
生わさび

縮小PICT0071edi
猪鍋
肉は薄めにスライスされています。
キムチ鍋のような出し汁なので、ジビエ料理が苦手な人でも多分食べられます。
芳泉荘の猪鍋の方が本来の旨みを味わうことが出来ますが、
肉が厚めなので猪肉のクセが気になるかも。。あとは好みの問題。
女性は船山温泉の猪鍋のほうが食べやすいかな。

縮小KICX0311edi
岩魚の塩焼き

縮小PICT0079edi
甲州ワインビーフ

縮小PICT0088
絶対レアがお勧めです。
ちょっと焼き過ぎるとすぐに硬くなるので、目を離さずに焼かないといけません。
出来れば自分達で焼くのではなく、料理人が焼いたのを出して欲しかったです。
※甲州ワインビーフは不味い肉ではありませんが、短角牛の方が旨みがあります。
ここでは但馬牛や松坂牛などの高級ブランド牛とは比較しないことにします。

ショウが上手く焼いた肉をアヤが横からとってしまったので、
ショウはずっと落ち込んでいました。(;ω;)。。。
一方のアヤは「絶妙な焼き加減!」と大喜び。

縮小PICT0099edi
山菜麦饅頭 野菜餡
ショウ「おばあちゃんの失敗した料理みたい」とひと言。
二人の口には合いませんでした。

縮小KICX0329edi
釜飯 虹鱒だったような??

縮小PICT0089edi 縮小PICT0104edi
漬物とお吸い物 デザートはわらびもち

サービスで頂いたシャンパンは、食事所では出してもらえません。
この前宿泊した白骨温泉の「笹屋」ではサービスの地酒を食事時に出してたんですけどね~。

サービスのお酒を食事時に出すと、飲み物の売り上げが減るのが嫌なのでしょうか?
メニューを見ると、お酒の利益率が良いことがわかります。
一見飲み物の種類は多いように見えるけど、品揃えは大型旅館のよう?


「湖山荘」のお酒は格安だったな~。
「御所坊」はワインをはじめとしていいお酒も充実していたし、ハッピーアワーが嬉しかったな~。
と改めて感じてしまいました。

船山温泉(山梨県) 館内編

2008年03月27日
縮小PICT0026
館内探索へ行きます。畳敷きなのでスリッパはありません。

館内で上半身裸にバスタオルを羽織っただけの男性客(60代くらい)が歩いているのを何度も見かけました。
なんだか安っぽい大型旅館に宿泊しているような気分になってきます。(;ω;)。。。。
こじんまりした宿のわりに公共の場を考えない人が結構いるのにビックリ。
できれば宿の方には、裸で出歩かないように注意して頂きたかったです。

縮小PICT0028 縮小PICT0030
自販機とハーブティ(無料)のパックがあります。
ハーブティのパックは部屋に置いていたほうが嬉しい。
飲まないのにパックを持って帰る人がいるようで、
「持って帰らないように」との注意書きが書かれています。

縮小PICT0031 縮小PICT0125
貸切風呂前の階段。9時には消灯するので、段差の目印にライトがあるのかな。

縮小PICT0032
貸切風呂が空くのをここで待ちます。右は貸切風呂、左には大浴場があります。

縮小KICX0217edi
お風呂前に宿推薦のシャンプーなどが置かれています。普通に風呂場に置けばいいのに。。。

縮小PICT0145
廊下 畳敷きなのは数年前に宿泊した「楽山やすだ」と同じ。館内の雰囲気も似ているところがあります。
こういうのが流行りかな?実はショウの実家の廊下も畳敷きにしているんですよ。
床暖房とは違って改築が安く上がったと言ってました。

縮小PICT0146 縮小PICT0159
フロントと入口横にある熊のはく製

縮小PICT0162
売店
ここで「鮎の甘露煮」を買ったら、販売元(山梨県)のシールが不自然に貼ってあるので、
はがしてみたら製造元が滋賀県。_| ̄|○

縮小PICT0118 縮小PICT0163
売店横の公衆電話とロビーにある雑誌類

縮小PICT0150
吸殻はそのまま。マメに清掃できないなら公共の場の灰皿は取り除いて、禁煙にした方がいいかも。
特にフロント前の廊下は皆さん通りますからね。

※小さい写真はクリックすると大きくなります。

船山温泉(山梨県) 貸切風呂「清水」編

2008年03月24日
もうひとつ、貸切風呂「清水」がありますが、これがチェックインからずっと貸切状態。
空いたのは5時近くになってから。(;ω;)。。。特に3時ごろまでは並んでいる人が絶えません。
中には1時間以上貸切る人がいるので、予約制にして欲しかったです。

縮小PICT0035
脱衣所の洗面 タオルアメニティ使い放題 トイレあります

縮小KICX0242edi
シャワー

縮小KICX0252edi
湯船 
湯船の底に強力な吸い込み口があるので、座るときは要注意。
気づかずに座ったら、××の皮が吸い取られてしまいました(;ω;)。。。


縮小KICX0277edi
入浴目線 窓を開けて半露天に出来ます。

縮小PICT0121
夜10時すぎに空いていたので、1枚だけ雪見の写真を撮りました。

利用時間 夜は12時まで、朝は5時から。

入浴客がずっと途切れることがない状態なので、
制限時間を設けて清掃時間を間に入れたほうがいいかもしれません。

蓼科グランドホテルの貸切も入浴客が多かったので、
人が入れ替わるたびに清掃が入っていました。


船山温泉(山梨県) 貸切風呂「二人静」編

2008年03月21日
縮小PICT0033
貸切風呂は2箇所。「清水」と「二人静」があります。
夜は24時まで、朝は5時から利用可能。
ともにドアが閉まっていたら入浴中という合図になっているとのことでした。

「清水」が空く気配が無かったので、先に「二人静」に行くことに。

最初「二人静」は空いていたにも関わらずドアが閉められていたため、無駄に待ってしまいました。
貸切のドアは閉まりやすいので出来れば札をかけて裏返すとか、予約制にするべきです。


「二人静」を紹介します。
縮小PICT0034edi
脱衣所 アメニティ・バスタオル使い放題
トイレ(ウォシュレット)があります。

縮小PICT0036edi
洗い場

縮小PICT0037edi
洗い場からドアを開けると、貸切露天
小さめ。普通は1人用の大きさ カップル・夫婦なら2人でも大丈夫でしょう。

縮小KICX0230edi
眺め
この雪見は滅多に見られないので、
私たちではなくリピーターの方が見たほうがよかったのに。。。

縮小KICX0227edi
湯口を見ると2個ホースがあるのがお分かりでしょうか?
右は熱いお湯、左は源泉そのままという冷たい鉱泉が入ります。

最初は適温だったのですが、途中から冷たいのがどんどん入ってきたため、あっという間にぬるくなっていきます。冬にぬるいお風呂には入りたくなかったので、あわてて出ることになりました。(;´ω`)ノ

このお風呂を出たとき、私たちの会話を聞いた宿の方が、
すぐに貸切露天へ入って、温度調整をしてました。

 | HOME | Next »