有馬玩具博物館(有馬温泉・兵庫県)

2007年07月02日
御所坊に宿泊の際、有馬玩具博物館の無料入場券があったので、ついでに寄ってみました。
20070618165604.jpg
博物館入口 有馬中心地にある6階建てのビルです。
周りは低い建物ばかりなので、6階建でも大きく見えます。

20070618165557.jpg
ロビーにある懐かしい車
1階で券を出し、エレベーターで6階へ
※下るときは階段になります。

20070618165330.jpg
6階 ドイツで伝統的に作られている木のオモチャが展示されています。

20070618165338.jpg

20070618165345.jpg
5階 色々な積み木のオモチャが展示されています。

博物館のスタッフが遊び方などを説明。
2人は思わず「へ~」とか「ふう~ん」とか声をあげてしまいました。
オトナでも積み木は楽しいかも。

横ではコドモが遊べるスペースも確保されているので
もちろんお子さん連れには最適です。


20070618165353.jpg
4階 からくり人形が展示されています。


20070618165400.jpg
サンダーバードに出てきそうな人形。
そうか・・・こういうのもからくり人形なんですね~。

日本のからくり人形も展示されていました。

20070618165418.jpg
3階 相当豪華な鉄道模型が展示されています。

20070618165514.jpg
かなり近寄って撮影しても、綺麗なのが判ります。

20070618165522.jpg


20070618165534.jpg


20070618165542.jpg

20070618165550.jpg



20070618165428.jpg
ブリキのオモチャも展示

20070618165440.jpg
鉄人28号のプレス工程にもショウは夢中です。

20070618165447.jpg

20070618165455.jpg


2階には食堂があります。


意外と見ごたえ十分でした。
もしかすると横浜や箱根にある例のより面白いかも・・・(^^;;


有馬玩具博物館
兵庫県神戸市北区有馬町797番地 078-903-6971
入場料 大人800円 小人500円 3才未満  無料
営業時間 9:30~18:00
第2・3火曜休館


有馬温泉の町並み(有馬町・兵庫県)

2007年06月30日
有馬温泉の中心地は巨大旅館が建ち並ぶ駅前周辺とは
雰囲気が全く違います。


※人が多かったので、ちゃんと撮れませんでした(;´ω`)ノ

20070615095750.jpg
有馬の中心には昔ながらの建物が並びます。
新しいお店もありますが風情を壊さないように建てられ
マンションまで雰囲気を壊さないように工夫されています。



20070615095718.jpg
「金の湯」 御所坊から徒歩0~1分のところにある外湯。神戸に行ったついでにここへ日帰りするのもいいですね。

20070615095724.jpg
「金の湯」
営業時間 8:00~22:00(受付は~21:30)
定休日 毎月第2、4火曜日(休日の場合は翌日)
入浴料:大人650円、小学生340円、幼児(0歳~)140円
※御所坊宿泊の場合は無料(フロントで外湯券がもらえます)

金の湯の入口左側に「太閤の湯」(炭酸泉)の飲泉所がありますが、
湯量確保のためストップしていました。



20070615095734.jpg
「金の湯」横にある大人気の足湯 
無料なので、金泉だけちょっと経験したい方はどうぞ。

20070615095742.jpg
奥へ行くほど熱くなります。


20070615095800.jpg
こちらは「有馬温泉 上大坊
東北の秘湯のような感じ?の全12室の小さなお宿
温泉チャンピオン郡司勇さんが高く評価しています。
ここも高温の金泉をそのままかけ流しているので、
温泉通の間では有名です。

実は「ホテル花小宿」が満室だったので、「上大坊」も候補に挙がりましたが、ショウが神戸ステーキを食べたいと言い出したことで「御所坊」を予約したというわけです。

※他には、「高山荘 華野」や「天地の宿 奥の細道」も候補に挙がりましたが、前者のお湯がタンク輸送らしいのと休前日料金のUPが大きいことでパスしました。有馬温泉お宿選びは難しいですね。

さらに奥へ進むと・・・


20070615095808.jpg
「銀の湯」炭酸泉、ラジウム泉の外湯。
こちらは「金の湯」に比べると幾分人が少なめ。
それでも朝から人が沢山います。
御所坊から徒歩数分。

「銀の湯」
営業時間  9:00~21:00(受付は~20:30)
休業日  第1・3火曜(祝日の場合は翌日休)
料金   大人550円、小学生290円
※御所坊宿泊者は無料 


20070615095914.jpg
御所坊が使用している源泉のひとつ「うわなり泉源」

20070615095907.jpg
美人が通るとお湯が噴出したことからこの名が付いたそうです。


更に奥へいくと・・・

20070615095817.jpg
炭酸泉源公園にたどり着きます。

20070615095832.jpg
神社のような建物の中央の丸い石からこんこんと冷たい炭酸水(銀泉)が湧き出ています。

20070615095843.jpg
泉質:単純二酸化炭素低温泉 温度:18.6℃ 
炭酸ガスを含んだ温泉で、昔は砂糖を加えてサイダーとして飲まれました。炭酸せんべいの名前の由来となっています。

20070615095824.jpg
飲泉する場合は、横にある蛇口から飲みます。

20070615095852.jpg
飲む前に注意書きを読みます。

飲みすぎるとお腹を壊す恐れがあるので、2人ともちょっとだけ飲んでみました。味は「鉄臭い炭酸水」といったところ。美味しいものではありません。

ショウは思わず「ウェッ」と大声を上げてしまいました。


20070615095859.jpg
こちらは有馬名物「炭酸せんべい」の製造元。
工場の玄関先でも販売しています。


他にも御所泉源・極楽泉源・有明泉源があり、
源泉めぐりをする人も多くいます。

全部回ればよかったと後悔。地図持ってなかったのです_| ̄|○


街で購入したお土産や有馬玩具博物館も後日紹介いたします。

宮島ロープウェイ(宮島・広島県)

2007年06月10日
晴れた日には四国が見えるというのでロープウェイに乗ることにしました。

20070528113945.jpg
ロープウェイ乗り場は、厳島神社の裏へ行き--


20070528113959.jpg
岩惣という老舗旅館の方へ歩き

20070528114008.jpg
岩惣新館の前を通り、もみじ谷公園に向かってさらに歩いていきます。無料送迎バスもありますが、バスが出発した直後だったので、歩いていくことに。

20070528114016.jpg
岩惣母屋入口 かなり風情があります。

20070528114024.jpg
もみじ谷公園 秋は綺麗でしょう。

20070528114112.jpg
ロープウェイまでかなり距離があります(^^;;
ショウ両親と一緒だったため20分以上はかかったかな。
ショウの両親は「久々に運動が出来てよかった」と言ってますが、
さすがに帰りは疲れだようだったのでバスにしました(;´ω`)ノ

20070528114121.jpg


20070528114129.jpg
ロープウェイ乗り場

20070528114137.jpg
かなり年季の入ったロープウェイ。
ちょっと心配。。。

20070528114035.jpg
ロープウェイに乗って
ウグイスの鳴き声がこだまします。

20070528114824.jpg
ロープウェイ乗り継ぎ場まで鹿がきています。

20070528114043.jpg
弥山山頂に近づいてきました。

20070528114052.jpg
獅子岩展望台からの眺め。
瀬戸内海は以前より魚が釣れなくなったそうです。底引き網の影響で、海底の藻が無くなり、産卵場所が無くなった事が原因だそうな。(ショウ父談)

20070528114059.jpg
晴天にも関わらず、山頂から見ると霞んでいて四国までは見えませんでした。

この霞、黄砂が原因なのでしょうかね。

宮島ロープウェイ
問い合わせ 宮島ロープウェイ事務局 0829-44-0316
往復1,800円

宮島の猫(広島県)

2007年05月27日
20070515210229.jpg
表参道商店街の端っこにあるお店の前に、何かをずっと待っている猫ちゃん発見

20070515210237.jpg
人が近寄っても全く気にしません。エサでももらえるのかな?
30分後にお店の前を通っても同じ姿で座ってました。我慢強い猫ちゃんです。

20070515210301.jpg
動かない猫を見つめる猫。

20070515210244.jpg
「ふっ 私にはマネできないわね。」といった表情

20070515210340.jpg
別の猫発見
20070515210355.jpg
近付いていくと自分からごろんとなって、撫でろと催促(多分)

20070515210408.jpg

20070515210423.jpg
お望み通り撫でまくり!! お腹が少し大きかったので、妊娠中かな?

20070515210436.jpg
ショウの手とショウ母の手。
この後、ショウ父もちょっかいを出してました。
本当に猫好きなショウ一族です。
特にショウ母は猫を見た途端、満面の笑み。
観光するよりも猫を眺める方がお好きなようです。(^^;;

五重塔・千畳閣(宮島・広島県)

2007年05月25日
20070515202005.jpg
五重塔 和様と唐様の2つの様式が融合された三間五重塔。1407年創建と伝えられています。残念ながら内部は見学できません。

20070515202016.jpg
千畳閣 入場料100円
豊臣秀吉により着手されましたが、
秀吉の死により完成をみないまま現在に至っています。

20070515202036.jpg
畳857枚分の広さがあることから千畳閣と呼ばれているそうです。

20070515202049.jpg
中には様々な巨大な絵馬が飾られています。江戸時代の絵馬もあって歴史を感じます。

20070515202057.jpg

20070515202111.jpg


入場料100円と安く、見ごたえ十分。
ちょっと階段を上るので、その覚悟のある方にはお薦めです。

 | HOME | Next »