ベタな下田観光(下田・静岡)

2007年12月19日
ロープウェイ、遊覧船の観光を済ませ、ちょっと下田の町を散策

といっても、何もありません。。。(;´ω`)ノ

縮小PICT0134
なまこ壁 なまこ壁の家は数件しかないのが残念。
ショウの地元の方が古い家がまだ残っているかな~。

縮小PICT0171
ペリーロード
黒船でやってきたペリー提督が了仙寺で日米下田条約締結の為に行進した道。

縮小PICT0173
でも思ったほどの距離ではなく、一角だけに雰囲気が残っているだけでした。期待しすぎたかな?
結構アングルを考えて撮影したので、実際よりもよく写っているかも(;´ω`)ノ


縮小PICT0174
ハリスの足湯
人が居たので中の撮影は断念しました。

下田市中央商店街の駐車場入口にある、足湯専用の温泉施設。
利用料は無料。駐車場管理人室ではタオル(有料)があります。

下田駅に戻ります
縮小PICT0179


縮小PICT0175

下田駅には「開国の湯」という足湯があります。
二人で浸かっていたら、他の観光客のみなさんに声をかけられてしまいます。
ちょっと恥ずかしい・・・

縮小PICT0180
下田駅から見た寝姿山
女性の仰向けになっている姿ににています。
駅からは横顔から胸元までが見える感じです。

縮小PICT0177
下田駅を後にして岐路につきました。

下田の遊覧船 (下田・静岡)

2007年12月17日
せっかくの天気なので遊覧船にも乗ってみました。

縮小PICT0136edi
乗船したのはサスケハナ号
ペリーの黒船を再現した遊覧船とのこと。
乗り場の足元には「カメラ」「モデル」と書かれています。
被写体の方が「モデル」と書かれているところに立って、
「カメラ」と書かれているところから撮影すると綺麗に写ります。

下田港内めぐりに行きました。
運賃は、大人 920円 小人 460円
展望室(2階)は特別料金400円が必要ですが、
誰も展望室には行きません。

所要時間は一周約20分。約30~40分毎に就航しています。


縮小PICT0142edi
船内で鳥エサが100円で売られています。
みんな一斉に餌付けするから、ものすごいことに。

ずっと見ていると、若い人のほうがご年配の方よりも餌付けがうまい。
ものすごく近くまで鳥がやってきます。
その代わり、若い人たちは餌付けに夢中で景色を見ている様子は無いけどね(;´ω`)ノ

縮小PICT0146edi
海から見た下田の街

縮小PICT0150

縮小PICT0154edi

縮小PICT0156

縮小PICT0157edi

縮小PICT0159edi

縮小PICT0161
釣り人がいっぱい
縮小PICT0163edi

縮小PICT0166
ペリーの艦隊が錨を下ろした場所らしい。。。

ベタな下田観光につづく

下田ロープウェイ(下田・静岡)

2007年12月15日
ショウが「下田に行ったことが無いので、一度行ってみたい」と言い出したため、
急きょ八重垣のご主人に下田まで送ってもらうことになりました。
※本当は河津から電車で行くつもりでしたが、時間があるとの事で送っていただきました。

早速ロープウェイに乗ります。

縮小PICT0101
ちょっとお徳情報
ロープウェイ乗り場のコインロッカーは下田駅のコインロッカーより安い(100円)ので、
荷物がある方はここのロッカーに預けてから観光することをお勧めします。
※17:00で乗り場が閉まってしまうので、長時間預ける場合はお勧めしません。

ロープウェイに乗り込み寝姿山を登ります。
寝姿山は、その形が女性が仰向けで寝ているような姿に似ていることから、
この名前が付いたそうです。

縮小PICT0102edi
ロープウェイは古め。10分間隔で運行しています。

縮小PICT0103edi
眼下には下田の街

縮小PICT0108edi
展望台から、伊豆の島々が一望できます。
左から大島、利島、鵜渡根、新島、三宅島、御蔵島、式根島、神津島。
すべて見渡せ、絶景です。実際に見るほうが圧巻。
ロープウェイから降りる人は皆「お~」っと叫んでます。

縮小PICT0112edi
石割楠 生命力を感じます。

縮小PICT0116
縁結びの「愛染堂」 

ハート型の絵馬で好評らしく、若いカップルや新婚さんたちの絵馬がたくさんぶら下がっています。
中には「早く彼氏が出来ますように」と書かれた絵馬もありました。

ショウもアヤももうそういう時期は過ぎ去ってしまったので、絵馬は購入しませんでした(;´ω`)ノ

縮小PICT0121edi
大砲は、米国船に搭載してあった本物らしいです。

縮小PICT0125edi

幕末見張小屋は復元されていています。
1849年英国の測量船マリナ号の入港を機に江戸幕府が、
寝姿山の山頂に見張所を設け下田奉行所より数人の役人を派遣し、
日夜を問わずに黒船の警戒に当らせたのだそう。

見張り小屋の中に人形があるので、知らずに覗いたので怖かった。。。
暗いので写真撮影は諦めましたが、機会があったら一度覗いてみてください。

縮小PICT0133edi
何故だか迷路もありましたが、誰もやる人が居ないです。
一人ぼっちだと迷ったら怖いかも。。。

縮小PICT0115
いい眺めでした。

下田ロープウェイ
静岡県下田市東本郷 1-3-2 TEL 0558-22-1211

直吉(箱根湯本・神奈川県)

2007年12月04日
箱根湯本に戻ってから、本当は「とろろ蕎麦」を食べに行こうと思っていましたが
時間がなくなってしまい、とっさに駅前の目抜き通りにある「直吉」に入ることになりました。
入った後で判りましたが、どうも箱根の新名物として売り出しているようで、
次から次と人がひっきりなしに入ってきます。
そのためお店の写真を撮ることが出来ませんでした(^^;;

4人が注文したのは、湯葉丼です。

縮小KICX9704edi
湯葉丼 980円
漬物と小鉢が付いてます。

縮小KICX9699edi
この熱々ふわふわの湯葉をご飯の上に乗せていただきます。
味はどうかな?とちょっと心配でしたが、結構美味しく頂きました。
ショウの母親も「これ、美味しいね」と思わずつぶやきます。
健康に気を使うショウ父も安心して食べることが出来ました。
ショウもアヤも満足。

飛び入りで入ったのに当たりでした。

この後、ショウ母は、宮島の時と同じように沢山のお土産を購入してました。
もちろん蒲鉾も大量購入。
西日本の蒲鉾は焼いてあるのが一般的ですが、
東の蒲鉾は蒸しただけなので、珍しがっていました。


直吉
神奈川県足柄下郡箱根町湯本702(おみやげの店みつき2F)  0460-85-5148
営業時間 11:00~18:00
定休日 火曜定休
駐車場なし

ベタな箱根観光

2007年12月02日
ショウの両親にとっては初めての箱根。
そこでベタな箱根観光に行くことにしました。

箱根観光の定番といえば、「箱根フリーパス」ですよね。

今回は新幹線の駅「小田原」からのフリーパスを購入しました。
これ一枚あれば、
・箱根登山鉄道
・箱根登山ケーブルカー
・箱根ロープウェイ
・芦ノ湖の遊覧船
さらにバスも乗り降り自由。

本当は登山鉄道やケーブルカーの写真を撮りたかったのですが、
紅葉の見頃がピークだったため、ものすごい人。撮影を断念することにしました。(;ω;)。。。


ロープウェイも新しくなっていましたが、他のお客さんもいるので思うように撮影は出来ませんでした。
が、ロープウェイからみた大涌谷に両親は大興奮。ショウ父は「昭和新山よりもすごい!」の連発。
そこまで喜んでもらえてよかったです(^ ^)


縮小PICT0042edi
ロープウェイから写真を撮ったのはこの1枚だけ。

富士山に感動しっぱなしの両親でした。このロープウェイは絶対に外せませんよね~。


縮小PICT0046edi
桃源台から海賊船に乗り込みます。

縮小PICT0049edi
紅葉が見頃です。

縮小PICT0047edi

紅葉も見えましたが、ショウ母は奥入瀬渓谷でも紅葉を楽しんだようで、
あまり箱根の紅葉には感動していないようでした。
でもその気持ちすごく判ります。
ショウとアヤも八幡平の紅葉を昨年楽しんだので、
どうしても箱根の紅葉の方が見劣りしているように感じます。
やはり(好みにもよりますが)北東北のダイナミックな紅葉が一番かな~。


縮小PICT0050edi
ちょっと小さいですが、九頭龍神社の鳥居。

縮小PICT0051edi
縮小PICT0052edi
山のホテルも見えます。
ここのホテルからも一応富士山が見えますが、上のほうだけ。
このホテルだったら間違いなくショウの両親は物足りなく感じていたことでしょう。

この後、関所を見学しました。
新しくなっていましたが改築前よりも酷くなっていてガッカリ。
関所観光はいらないと思います。

そのまま湯本へバスで戻って昼食を取りました。

 | HOME | Next »