ホテルグリーンプラザ箱根(神奈川)感想編

2007年11月30日
感想を述べる前に朝食の情報を少し。。。

朝食は1階の食事所でバイキングで頂きました。時間は朝7時~9時半まで。
食事所の一番奥の窓際だと富士山を見ながら食事が出来ます。
7時前に散歩から部屋へ戻るときには既に食事所の前で待っている人たちが。。。
もし7時半から朝食にしていたら、並ばなければいけませんでした。
あぶないあぶない(^^;;

オンシーズン時の朝食は早めのほうがいいでしょう。

またチェックアウトは通常11時ですが、朝8時からフレックスチェックアウトを
受け付けています。チェックアウト後も部屋の利用は可能です。
フロント前には列を整理するためのロープが張られていたので、
「混雑する」と予測。
8時に精算を済ませて、9時ごろにホテルを出発しました。

チェックアウトでどれだけ混雑するかは確認していませんが、
多分、早めの方がいいかもしれません。(^^;;

※本当は紅葉が終わった空いている時期に宿泊するつもりでしたが、
紅葉が大幅に遅れたため紅葉の見頃と重なってしまいました。
運が良いのか悪いのか・・・・

(感想)
縮小PICT0038
(富士見和室から見た富士山)

清掃が甘い・荷物をすぐに持ってくれない、
など色々不満がありましたが、
雲ひとつ無い富士山が見えた途端、
評価が180度変わってしまいました。
これが客の心理と言うものなんですよね。

グリーンプラザは富士山をばっちり見るために存在する箱根のお宿。
富士山の景色だけを考えれば、箱根の中では一番かもしれません。
見られた人は高めの評価、見えなかった人は低い評価になるでしょう。
でも、この宿に限らず富士山が目的と言う時点で、
運試しの要素が強くなりがちなのでなんとも言えませんけれどね。。。

ちなみに若いカップルにはお勧めしませんが、
家族やグループには向いている宿です。
写真を撮ったり、知らないお客さん同士で富士山の話をしたり、
それぞれに滞在を楽しんでいました。

富士山が見えたのはショウの両親の日ごろの行いが良かったからで、
ショウとアヤだけだったら、絶対見ることは出来なかったでしょう。
なぜなら、昔二人で箱根に行ったとき台風で帰れなくなったことがあるからです。(;ω;)。。。

それにしても、他の宿泊客の方も富士山が綺麗に見えると「日ごろの行いがね~」と皆さん仰るのでしょうか?
それだけ縁起物なんでしょうね。日本人だな~。(笑)

すべて富士山に感謝。
お客さんが皆、笑顔でよかったです。


仙石原温泉 ホテルグリーンプラザ箱根
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1244-2
TEL:0460-84-8611

ホテルグリーンプラザ箱根(じゃらん予約)
ホテルグリーンプラザ箱根(JTB予約)

ホテルグリーンプラザ箱根(姥子・神奈川)食事編

2007年11月28日
夕食は和食・洋食・季節のコースの中から好きなものを選びます。

今回はショウの両親と一緒なので和食を選択しました。
食事は1階の食事所で頂きます。

まず食前酒「ゆず酒」を頂きます。※ゆず酒は撮影しそびれました(^^;;

縮小KICX9645edi 縮小KICX9649edi
前菜季節の前菜盛り合わせ

縮小KICX9652edi
お造り 鮪・勘八・サーモン・ホタテ 
鮪はスジが気になります。

縮小KICX9655edi
蒸し物
松茸茶碗蒸し 
具が細かすぎて、なかなか松茸が判りませんでした。一応香りだけはします。

縮小KICX9658edi
焚き合わせ

縮小KICX9662edi
たらば蟹鍋
タラバとは思えないほど細いです。(^^;;

縮小KICX9665edi
炙り鴨 紫ソースにて (ズッキーニ 法連草)

縮小KICX9674edi
鮭朴葉焼き 山椒味噌

縮小KICX9676edi
秋刀魚錦糸巻き 

縮小KICX9680edi
松茸ご飯 赤出汁 香の物3点盛り
松茸の存在感がないご飯です。
あまりに小さいので、ショウは松茸をつまみ出して皆に見せます。

縮小KICX9687edi
水菓子 一口デザート三種盛り
薩摩芋寄せ 胡麻ソース 無花果のワイン煮 フルーツ

大型旅館の典型的料理。
遠方から来ている人が多いのにも関わらず、
地のものが使用されていないのが残念でした。

前回(宮島の錦水館)の夕食とは違い、
ショウの両親は、あまり食事についてコメントしませんでした。

やっぱりお口には合わなかったかな。。。


感想編へつづく

ホテルグリーンプラザ箱根(姥子・神奈川)館内編

2007年11月26日
館内散策へ行きます。

縮小KICX9688edi
廊下

縮小KICX9689edi
廊下には身長180センチ以上と155センチ以下用の浴衣と子供用の浴衣がたくさん置かれています。

縮小KICX9690
1階ロビー(夜撮影)
お土産物屋さんもあります。

荷物を持ってホテルに入ると、
いきなり入口でウェルカムドリンクのサービスがありました。
「ウェルカムドリンクを勧めることよりも荷物を持つことの方が先ですよ」と宿の人に言いたい。
「荷物を持ってください」と言わないと判らない宿のスタッフ。レベルが非常に低いです。

ショウがチェックインの手続きをしている間に荷物をソファーに運んでもらい、ウェルカムドリンクを3人で頂きます。
ウェルカムドリンクは黒豆茶・ゆず酢・シャンパングラスに入った白ワイン、オレンジジュースがあります。
ショウ父は健康を意識して「黒豆茶」を飲みましたが、どうも口に合わ無かった様子。
ショウ母とアヤは「ゆず酢」を選択。アヤも美味しくないと感じましたが、ショウ母は寛大なので「美味しいよ」と言ってました。「息子夫婦に案内されているのに文句を言ってはいけない」と遠慮していたのかな???

ロビーではピアノの生演奏がありますが、うるさくて仕方がありません。
会話の邪魔になるので、ボリュームは少し落として欲しかったです。

縮小KICX9691edi
大浴場のある地下1階には自販機があります。種類は豊富。

縮小KICX9693edi
大浴場へ行く途中に結婚衣裳のフィッティングルームがあります。

実は私たちが宿泊していたとき、フィッティングしている花嫁さんが居たため、
大浴場に行くお客さんが「まあ、綺麗ね~」と言いながら覗いてしまいます。
なんだか花嫁さんはお客さんたちの見世物になっているようで、可哀相になります。
フィッティングルームの場所を移動するか、廊下から見えないように工夫した方がいいでしょう。

縮小KICX9697edi
同じく地下にゲームセンター 大浴場がそばにあるので水もあります。


(大浴場)


(じゃらんnet提供)

大浴場は人が居るので、撮影はしませんでした。
入浴可能時間は午前5:00~10:00/午後12:00~24:00。
どちらも露天から富士山を見ることが出来ますが、
男性用露天は立ち上がらないと富士山がみえません。
男性のみなさんは何故か前を隠さずに突っ立って眺めていました。(笑)byショウ

源泉は仙石原温泉。放流循環併用式。
ジャグジーは塩素の匂いがします。

縮小PICT0031edi
せっかく富士山が綺麗なので、庭に出て記念撮影をしにいきます。正面に見えるのはロープウェイの姥子駅。
姥子駅の裏口から獣道?を歩いて数分で、グリーンプラザ箱根の正面玄関にたどり着きます。(姥子駅の裏口を出ると、すぐに敷地内)

縮小PICT0032edi
1階が食事所。
奥の窓際なら富士山を見ながら食事が出来ます。

縮小PICT0030edi
庭から見た富士山。


ショウの両親はゴキゲン。
ショウ母は「もう夢のようだわ~」とつぶやきます。
「富士山が見えてよかった~」とホッとした気分のショウとアヤ。

このお庭には猫ちゃんが住み着いているようで、猫の登場と同時にショウの両親は富士山そっちのけで猫に夢中。本当に猫好きな一家です(^^;;



庭のすぐ下に「アジアンツインルーム」があると思いますが、大勢の人たちが庭に出ていたので、落ち着いて部屋露天に入ることが出来なかったかもしれません。


夕食編につづく


ホテルグリーンプラザ箱根(神奈川)富士見和室編

2007年11月24日
今回はショウの両親の「富士山を見て温泉に入りたい」のひと言から宿探しが始まりました。

ショウの両親は京都へ足を運ぶ機会はあっても、富士山を見る機会はなかなかないので宿選びは慎重にしないといけませんし、1泊限りなので、アクセスもよく考えねばなりません。

最初は河口湖周辺で探し始めましたが、新幹線なら三島で乗り換えて路線バスで2時間もかかります。都内に住むショウとアヤが三島まで両親をむかえに行くのは現実的ではないので、小田原で両親と合流して、箱根に行くことになりました。

箱根で富士山を見るとしたら、宿は限られています。 箱根で一番よく富士山が見えるグリーンプラザ箱根に決定しました。ではどのお部屋にするのか、それが問題です。
当初露天付客室の「アジアンツインルーム」を候補に上げていましたが、うりゃさんのHPを拝見すると思ったほど富士山が見えないので、最終的に富士見和室を予約することにしました。富士見和室は通常の和室より1,000円UPとなります。

宮島ではスイートに4人で宿泊しましたが、今回は狭いので2部屋に分かれて宿泊します。予約時に2部屋を隣り合わせになるようにお願いしました。

縮小PICT0003edi
富士見和室。通常和室と広さが同じです。8畳+6畳間。空気清浄機つき。

6畳間にあるクローゼットには浴衣、小タオル、バスタオルが1人1枚つづあります。

縮小PICT0007edi
テレビ、ポット、金庫があります。

縮小PICT0010edi
エアコンの調節は、強・中・弱の3段階。温度設定はできません。
お部屋に案内されたとき、エアコンなどの説明がありませんでした。
「スマイルキャンペーン」(笑顔がいい従業員に投票するキャンペーン)の説明をする前に、きちんと部屋の説明をして欲しいものです。2人だけなら問題はありませんが、今回は両親が一緒なのでなおさらです。部屋に分かれてから、両親の部屋に行ってエアコン調節の説明をしましたよ。ショウの両親は金庫があることにも気づいてませんでした。

縮小PICT0004edi
洗面 陰になって見えませんが、ドライヤーが備え付けられています。
アメニティは歯ブラシセット、シャワーキャップ、ブラシ、ハンドソープ、角質落とし。

縮小PICT0005edi
ユニットバス トイレはウォシュレット
リンスインシャンプー、ボディソープ、かかとの角質落としがあります。

縮小PICT0011
ユニットバスの洗面は使用する機会があまりありませんが、洗面の清掃が非常に甘く、汚れています。
たとえ使用する人が少なくても、きちんと清掃はした方がいいでしょう。

縮小PICT0006edi
冷蔵庫 中は空。自動販売機が館内にあるので、自分達で勝手に入れるというシステムです。でも自動販売機は地下1階。今回のお部屋が3階なので、飲み物のためにいちいち地下まで降りないといけません。各階に自販機があるのが理想ですが、スペースを考えると仕方がないのかもしれません。大浴場も地下にあるので、お風呂のついでに購入するのがいいかもしれません。

縮小KICX9642edi
冷蔵庫に入っていたのがこのグラス。非常に安っぽいです。こんなグラスを用意するくらいなら、我が家にあるデュラレックスのピカルディの方が安くて格好いいと思うけど。。。

で肝心のお部屋からの眺めです

縮小PICT0040edi
お部屋からの眺め。(正面)富士山がバッチリ見えます。雲ひとつ無い晴天。(^o^)/

縮小PICT0009edi
コチラは左側の景色。
ロープウェイの姥子駅が見えます。

縮小PICT0026edi
窓の下側を見ると、お庭。あまりにも富士山が綺麗なので、次から次へと人が庭へ出て、記念撮影をしています。

縮小PICT0017
夜になるとお庭がライトアップされます。

実際に部屋から富士山を見ると下の写真のようなインパクトがあります。
人間の目は実に都合よく出来ているものなのだと改めて感じてしまいます。

縮小PICT0025
朝焼けに輝く富士山。赤く染まっています。
宿泊しないと見えない風景だったので、ショウの両親は大喜び。

日本人でこの富士山を見て何も感じない人はいないでしょう。

完璧な富士山でラッキーでした。

ちなみにショウ母は晴れ女だそうで、「絶対見える」という感覚があったようです。でも富士山は晴れていても見えない日があるので非常に難しいですよね。「富士山を見に行く」という方、ある意味「賭け」なのは覚悟してくださいね。

皆お庭に出て記念撮影しているので、私たちも両親を連れて庭で記念撮影をしました。


館内編につづく
 | HOME |