花長園(湯河原・神奈川県)朝食・感想編

2007年01月30日
20070115164339.jpg
朝食もお部屋で頂きます。
布団は先にあげてしまうため(7時半くらい)、チェックアウトが11時でもゴロゴロすることが出来ないのが残念です。

20070115164347.jpg
温泉卵

20070115164355.jpg
しらす

20070115164403.jpg
蒲鉾とわさび漬

20070115164417.jpg
大根のサラダ

20070115164432.jpg
湯豆腐

20070115164448.jpg
アジの干物

20070115164455.jpg
味噌汁 ほかに白米

いたってオーソドックスな朝食でした。

感想
7,980円という料金を考えると、色々文句も言っていられないと思います。
なによりお風呂が24時間いつでも貸切可能というのはウレシイ。
宿泊客の年齢層が高めなので、深夜は特に空いていると思います。
朝食直後はだけなぜか貸切風呂がすべて埋まってしまいましたが、
満室でもどこかのお風呂は開いているので、あまり気になりませんでした。



花長園
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上656
予約電話 0465-62-3155(予約受付 8:00~23:00)


(ちょっと追加)

運悪く、私たちが泊まった年末、湯河原をつらぬくメイン道路で、深夜、老朽管工事が始まってしまいました。川のせせらぎを聞いてくつろいでいたのに、気分は台無しに。宿のせいではありませんが、できれば工事がある旨を予約客に事前に伝えておくべきではなかったでしょうか。

あの工事の音は、花長園のみならず湯河原のかなりのお宿に響いていたと思います。工事の時間帯だけでなく駅前や温泉街のマンション建設ラッシュについても湯河原の役所の皆さんは街づくりを考え直したほうがいいころでしょう。そのうち熱海のようになってしまうかもしれませんね。


花長園(湯河原・神奈川県)夕食編

2007年01月27日
1泊8,000円をきるというのに、なんと食事は部屋出しになります。

20070111121511.jpg
こちらが最初にセットされた状態。刺身・酢の物・漬物・ゴマ豆腐・鍋が並びます。
夕食開始時間は6時からですが、約30分前には、この状態になっています。
刺身が乾燥するのがイヤなので、すぐに箸をつけたら、
仲居さんに驚かれてしまいました。
本当はすぐに食事を始められるようにするべきかとは思いますが、
年配の仲居さん2名で全室の給仕をやっているので仕方がないのでしょう。

20070111121919.jpg
お刺身 マグロ、ボタンエビ、白身

20070111122002.jpg
秋刀魚の酢味噌和え

20070111122138.jpg
ゴマ豆腐

20070111121855.jpg
漬物

20070111121906.jpg
セットされた状態の石狩鍋

この先は食事時間になってから運ばれてきます。
20070111122152.jpg
あさりご飯 二口分くらい

20070111122209.jpg
温まった石狩鍋(味噌味) しかしなぜ湯河原で石狩鍋なのかは疑問です。

20070111122221.jpg
サワラの西京焼き

この先は1品づつ出てきます。
20070111122232.jpg
熱々の茶碗蒸し きのこと三つ葉が入ってます。

20070111122243.jpg
サクサクした天麩羅

20070111122307.jpg
お吸い物、白いごはんもあります。
※ごはんを先に持ってきて欲しいと伝えましたが、
仲居さんが忘れていて普通に最後に出てきました。

20070111122317.jpg
デザート 
お腹が一杯になってしまったので冷蔵庫に入れていたら、
水浸しになってしまいました。(^^;;
結局デザートは食べませんでした。 


軽量タイプの食事の割には満腹になりました。
1泊15,000円だったら疑問が残る内容ですが、8,000円以下なので納得。

この値段設定のお宿だと、カピカピになった刺身や
冷めて硬くなった焼き魚などが出てくることが多いですが、
花長園ではそういうことはありませんでした。
特別美味しいというものはありませんが、
特別不味いものもないといったところでしょうか。
でも料理宿と言う割には、ごく普通。
どちらかというと温泉のほうが売りになるのかな。



朝食・感想編へつづく


花長園(湯河原・神奈川県)内湯編

2007年01月24日
花長園には大きさの異なる内湯が3つあります。
平日ならば内湯もすべて時間制限・無料で貸しきり可能です。


20070109140215.jpg
こちらは一番大きい内湯「観月風呂」
だいたい7~8人くらいは入れる大きさ。
3つの内湯の中では一番大きい湯船です。
シャワー・カランももちろんありますが、
湯煙がすごくてちゃんと写真が取れませんでした。

脱衣所の写真を撮りそびれました_| ̄|○
露天風呂の脱衣所と同じくらいの広さで、洗面が1つついていました。
だたし脱衣所の入口には内鍵がついていません。
でも宿泊客は本当に温泉が好きで、純粋にお湯を楽しみに来ているタイプの方ばかりだし、客室も限られているので大丈夫かもしれません。
ちなみにこの観月風呂が2人の一番のお気に入り。5~6回入りました。


20070109140500.jpg
こちらは2番目に大きい内湯「見晴らし風呂」
4~5人入れる位の大きさの湯船です。

20070109140508.jpg
「見晴らし風呂」の脱衣所は小さめ

20070109140515.jpg
洗面がついています。

20070109140524.jpg
ちなみに貸しきるときは、このように入口に札をかけます。
たしかこちらのお風呂には内鍵がついていたと思います。



20070109141748.jpg
こちらは一番小さい「夫婦(めおと)風呂」

20070109140552.jpg
名前の通り2人用のお風呂です。

20070109140538.jpg
脱衣所も一番小さく2人用でしょうか。内鍵付きです。


露天と同じ、どの湯船もかけ流し。
チェックアウト(11時)までいつでも入浴可能です。


夕食編へつづく


花長園(湯河原・神奈川県)露天風呂編

2007年01月20日
露天は基本的に男女別の計2つありますが、
平日ならどちらも貸切することができます。
お風呂の貸切は無料。時間制限もありません。
フロントに置いてある貸切の札を入口にかけるだけです。

20070105113224.jpg
こちらは通常の男性風呂「山彦」

20070105113231.jpg
真正面にマンションがあります。ちょっと明るいうちに女性が入るのはきついかな。

20070105113217.jpg
洗い場はありますが、シャワーはありません。

20070105113209.jpg
男性用の脱衣所 暖房があるので、かなり暖か。


20070105113106.jpg
こちらは女性用の露天風呂「寿寿風」


20070105113113.jpg
脱衣所 洗面はありません。

20070105113119.jpg
暖房・足ツボマッサージ機(無料)が置かれています。

20070105113148.jpg
男性用と同じでシャワーなしの洗い場 
男女ともリンス入りシャンプーとボディシャンプーが置かれています。

20070105113139.jpg
男湯と作りと大きさはほぼ同じで左右対称。7~8人くらいは入れます。

女湯は男湯ほどではありませんが、マンションが見えるので、気になる方はしゃがんで入ってください。でもマンションまで距離があるので、それほど見えないと思いますし、逆にマンションから覗いている人がいたら、こちらから見えるので気にしなくても大丈夫だとは思います。

20070105113130.jpg
こちらは夜の露天。

お風呂は両方ともかけ流し。
源泉温度が高いので加水はしていますが、とても気持ちの良い温泉。
かなりの乾燥肌のショウも塩素入り温泉との違いをヒシヒシと実感。


源泉温度 87℃
泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物硫酸温泉


これほどの大きさを貸しきれるのはウレシイ。
やはり平日は断然お徳です。




内風呂編につづく


花長園(湯河原・神奈川)館内編

2007年01月17日
20061226150448.jpg
館内散策に行きます。

20061226150502.jpg
宿の2階廊下 古い宿なので、床がきしみます(^^;;  

20061226150522.jpg
子供の頃を思い出すような古びたお宿。
若い方ならレトロなのでしょうか。

20061226150546.jpg
好き嫌いがはっきり分かれる宿なのかな。
秘湯や湯治場に行く方には抵抗は無いでしょうが、
新しいオシャレな宿が好きな方にはきついと思います。

ちなみに私達はこういう宿、嫌いではありません。

20061226150438.jpg
中庭を2階から見ると

20061226150426.jpg
この風情は欧米人ウケは良いかもしれません。

20061226150415.jpg
鯉も泳いでいます。

20061226150408.jpg
庭の向こう側が露天風呂の入口。

20061226150535.jpg
階段は2箇所 2階建てなのでエレベーターはありません。
足の悪い方やご年配の方は1階のお部屋をお薦めします。
多分露天付のお部屋は1階ではないでしょうか。

20061226150619.jpg
フロント 貸切お風呂用の札とドライヤーが置いています。必要なときは勝手にもって行けば良いようになっています。


20061226150556.jpg
玄関横のロビー


20061226150606.jpg
玄関 


靴の出し入れやカバンの持ち運びは宿の方にやってもらえますが、皆さんかなりのご年配なのでちょっと気が引けます。。。。


露天風呂編へつづく


 | HOME | Next »