八重垣(河津・静岡)再訪  お土産・感想編

2007年12月13日
今回は(再訪したせいか、季節がよかったせいか)たくさんのお土産を頂きました\(・∇・)/

縮小PICT0097edi
女将さん手作りの焼きたてのケーキ
帰りの電車の中で頂きました。

縮小PICT0183edi
無農薬のみかん
周囲の木に一杯なっていました。季節ですね。「ちょっと酸っぱいかも」と言われましたが、それほどでもありませんでした。酸っぱさを和らげたいなら、前の日によく揉むことで問題はありません。

縮小PICT0187

無農薬の柚子
自宅で柚子湯を楽しませていただきました。

縮小PICT0185edi
大きいワサビ2本

こんなにお土産をもらってしまい恐縮です。

「帰りに下田に行くつもり」と話したら、
下田駅まで車で送ってくれました。
なにから何までありがとうございます。

今度行くときは手土産(日本酒)を持って行こうかな。


(感想)
宿泊するときは、予約の時にどんな料理がいいかちゃんとリクエストしたほうがよかったと反省。
いつか大将の作った金目のねぎ蒸しと揚げ出し豆腐を食べてみたいです。

八重垣の料理は特に豪華ではありませんが、大将の腕は確か。しかも安心・安全。
手間を惜しまない料理は絶賛もの。今の時代はこれが一番大切なような気がします。

西日本出身者も東日本出身者も関係なく、
誰が食べても美味しいと感じる料理だと思います。

料理の宿八重垣(じゃらん)
静岡県田方郡河津町筏場66-1 TEL0558-36-8778

yahooトラベル予約⇒料理の宿 八重垣


おまけ
縮小PICT0100

八重垣(河津・静岡)再訪  朝食編

2007年12月11日
朝食も食事所で頂きます。

縮小PICT0090edi
最初の状態

縮小PICT0091edi
丁寧に作っているお浸し

縮小PICT0092edi
薄く綺麗に切られているサラダ

縮小PICT0093edi
ショウもアヤも内臓まで食べることが出来た秋刀魚
新鮮でじっくり焼いている証拠です。

縮小PICT0095edi
席についてから出される焼きたての玉子焼き。
焼きたての卵焼きは他の宿では、なかなか見られません。不思議です。
玉子焼きは先に作ってしまう料理と思い込んでいる宿が多いのかな?

縮小PICT0096edi
きちんとダシをとっている味噌汁
前の日に宿泊した宿が化学調味料を多用していたので、
味の違いを実感することができました。
八重垣の味噌汁は小さな子供が美味しいと言うそうです。
まだ化学調味料で舌が壊れていないから判るのでしょうか?
子供の頃に良質なものを食べるのは大切なことですね。

縮小PICT0094edi
女将さんが漬けた漬物。

オーソドックスのように見えるけど、どれも丁寧に作られたものばかり。
すべて出来立てで出されます。

お土産・感想編につづく

八重垣(河津・静岡)再訪  夕食編

2007年12月09日
チェックインした食事所で夕食を頂きます。

縮小PICT0076edi
最初の状態

縮小PICT0071edi
前菜 

縮小PICT0072edi
お造り 中トロ ボタンエビ
エビが大ぶりで美味しい\(・∇・)/ミソにまでむしゃぶりつくショウ。

縮小PICT0075edi
茶碗蒸し
以前と同じく美味。
こんな風に美しく作ってみたいものですが、自分では作れません。

縮小PICT0077edi
ちゃんこ鍋 春日野部屋直伝だそうです。 
材料を入れたばかりのところ。煮えたところの写真を撮り忘れてしまいました(;´ω`)ノ
鶏と豚の団子は、軟骨やニラも入って歯ごたえ香りともにGOOD。
ナスを鍋に入れたのは初めてでしたが、美味しく頂きました。

鶏の出汁は鶏がらを一度沸騰させ、水(お湯)をすべて捨ててから、野菜と一緒に煮込んでスープを取るのだそうです。臭みを取る手間をかけないお店が多い中、八重垣のご主人は一切手抜きをしません。旨味だけが残っているので鶏がらを使ったスープが苦手な人も絶対にいけます。

この後、うどんを入れて卵でとじて頂きました。
2人とも食べることに必死のため、写真に撮るのを忘れてしまいました。(;´ω`)ノ

縮小PICT0079edi
名物のかき揚げ いつもより大き目です \(・∇・)/手づかみで頂きます。
やっぱり美味しい。作り方を教えてもらっても真似できません。
他所のお店と比較すると、違いが判ります。
二人とも八重垣のかき揚げが大のお気に入りo(^◇^)o

縮小PICT0080edi
女将さんが漬けた漬物
昔懐かしい本物の糠漬け味。
糠漬けをかき混ぜるときは、1人の手で混ぜないといけないそうです。

縮小PICT0081edi
こちらも名物ウナギ寿司
アヤはうどんを控えめに食べたつもりでしたが、
またもや満腹で食べ切れませんでした。
めちゃ美味しいのに食べられない自分が悔しい(;ω;)。。。


正直言って、八重垣の料理の良さは写真では伝わりません。
料理を知る人ならば、感心すること間違いなし。
どれも出来たてをいただけます。
とても1万円台の宿の料理ではありません。

安くて美味しい料理を食べたいと思う人向きのお宿です。

2月は希望があればフグ料理(1泊2万円)も提供可能とのこと。
大将のフグ料理はどんな感じなのかな~?

金目鯛は冬から春先がいいそうで、今回も名物の金目のねぎ蒸しと
揚げ出し豆腐を食べることが出来ませんでした(;ω;)。。。よく調べてから予約を入れればよかったです。


朝食編へつづく

八重垣(河津・静岡) 再訪  チェックイン・お部屋編

2007年12月07日
大将の料理が食べたくなって、「八重垣」に再訪しました。

河津駅に到着時間を伝えていたので、駅に到着すると既に大将の姿がありました。

前回も同じように「ボロシェ」でお出迎えです。

宿に到着すると、早速元気に女将さんがお出迎え。
今回も他にお客さんが居ない模様。
心配になりましたが、翌日からは忙しくなるとの事。
タイミングがよかったみたい。

前回と同じように食事所でチャックイン。

縮小PICT0055edi
女将さん手作りのクッキーとお茶を頂きます。

縮小PICT0056edi
女将さんから手渡されたのは柚子。これで柚子湯にします。小ぶりですが、安心無農薬の柚子。いい香りです。(^ ^)

縮小PICT0057edi
お部屋に通されてすぐにビールの注文すると、
またまた無料のおつまみを頂きました。
今回のおつまみは、大根の葉を乾燥させてごま油で炒めて味付けしたもの。
ちょっと甘みがあって、アヤの好み。

今回は、本館の小さな湯船のお部屋を予約しました。

縮小PICT0068edi
玄関

縮小PICT0058edi
清掃が行き届いたお部屋。

縮小PICT0069edi
広縁

縮小PICT0059edi
テレビ

縮小PICT0067edi
トイレ ウォシュレットではありません。

縮小PICT0062edi
洗面
ドライヤーはお借りしました。

縮小PICT0063edi
普通のマンションのお風呂の大きさ。蛇口をひねれば、温泉が出てきます。ちょっと湯船が高いので、女性が入るのはきついかな。

今回は小さめのお風呂ですが、すぐにお湯が溜まるので嬉しい。

縮小PICT0064edi
シャワー こちらも温泉が出てきます。

縮小PICT0065edi
ドアの外は露天。内湯とほぼ同じ大きさ。

自分で入れるのが問題かもしれませんが、
循環させている部屋風呂よりも安全、安心。
オバサンのアヤのお肌が生き返ります。

縮小PICT0066edi
洗面にはバスタオル。
小タオル、浴衣・丹前は和室のクローゼットに入っています。

柚子湯は最高。o(^◇^)o
ダブル効果でなんだかリラックスしました。

夕食編に続く

料理宿 八重垣(河津・静岡県)番外編

2006年06月21日
今回は特別に番外編をお届けします。

八重垣に宿泊しているとき、館内をうろついて撮影していたら食事処にある
カレンダーが目に留まりました。
その周りには猫の置物がズラーリと並んでいます。どれもお客さんからの頂き物だそうです。
女将さんに尋ねると、なんと猫を飼っているというじゃありませんか。

宿を経営しているということもあり猫が出てくることはありませんが、
この日、たまたま宿泊者は私達だけの貸切状態で他のお客さんに迷惑がかかることもありません。
「猫ちゃんたちに会わせてください」とお願いすると、食事が終わってからという条件で特別に会わせて頂くことになりました。

20060612112939.jpg
飾られていたカレンダー 
左:チエ(他界)真ん中:チビ太 右:カン太
現在2匹飼っているそうです。

20060612113023.jpg
チビ太くん。とても人懐っこく甘えん坊。
猫大好きな♂はもうメロメロ。
抱っこもさせてもらいました。

写真はありませんが、チビ太くんにねんねこ家のまーくんで試したツボを刺激するとうっとり。
どうもオス猫の方に効き目があるようです。by:♂

カン太くんの写真も撮ったのですが、
黒猫のため被写体ブレで上手く撮影できませんでした。
それにカン太くんはちょっと恥ずかしがり屋さんなのか、
なかなか近づいてくれません。

20060612113206.jpg
女将さんと一緒にお見送りしてくれました。

20060612113309.jpg
温泉・美味しい料理・猫と三拍子そろった幸せなひと時がすごせました。必ずまた行きます。(^o^)/

(注意)
※2匹は看板猫ではありません。
女将さんとご主人が個人的に飼っている猫ちゃんに特別に会わせて頂きました。
宿では猫の存在を一切感じられないので、猫嫌いの方でも安心して宿泊できます。

料理宿 八重垣
静岡県加茂郡河津町川津筏場66-1
TEL/FAX 0558-36-8778

※こちらの情報は、「八重垣」のカテゴリーではなく
「猫スポット」のカテゴリーに入れさせていただきます。
ご了承ください。
 | HOME | Next »